恋愛と結婚の違いって何? 決定的な6つの違いをチェック!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-12-01 06:00
投稿日:2019-12-01 06:00
 よく、「恋愛と結婚は別」と言われますが、そんな簡単に割り切れないのが男女のお付き合いでしょう。でも、恋愛と結婚には決定的な違いがあるのです。結婚を意識している相手がいるのであれば、ぜひ当てはまるかをチェックしてみてください。

知っておくべき恋愛と結婚の決定的な6つの違い!

いつまでも恋愛気分ではいられない?(写真:iStock)
いつまでも恋愛気分ではいられない? (写真:iStock)

「恋愛の延長線上に結婚がある」そう思う方は多いかもしれません。でも、恋愛気分で結婚を急いでしまうと、思わぬ困難が訪れることも。そこで、知っておくべき恋愛と結婚の決定的な違いをお伝えします。

1. お互いの家族を意識したお付き合いがある

 恋愛は当人同士だけのお付き合いですが、結婚は家族ぐるみのお付き合いになることも大きな違いの1つ。たとえば、どちらかの親の介護が必要となった時、何かしらのサポートをするなど、責任が生じてくるでしょう。

 また、お正月やお盆など、少なくともお互いの家族と顔を合わせる機会もあります。つまりは、相手の家族との良好な関係を意識したお付き合いをしないと、結婚生活に影響する可能性もあるのです。

2. 子どもを持つ可能性がある

 結婚を意識していない恋愛中、子どもについて話す機会はほとんどないかもしれません。しかし、女性には出産できるリミットがあるのが現実。「未婚で子どもを持っても構わない」と思わない限り、結婚をして子どもを持つという道を選ぶより他がないのです。

 でも、女性側がすぐに結婚を望んでも、男性がまだ結婚をしたくない、と思うケースから別れてしまうカップルは多くいます。

 また、たとえ結婚してはじめて子どもを持った時に、お互いが相手に対して思い描いていたパパやママでなかった時にうまくいかなくなって離婚となる場合も多くあります。

3. 妥協や許しがないと成立しない

 同棲をしているカップルは別ですが、恋愛中には相手と何日も一緒に生活をすることがありません。価値観や性格が多少合わなかったとしても、見て見ぬ振りをしてお付き合いを続けることは可能なのです。要は、良いところだけを見てできるのが恋愛でしょう。

 でも、結婚は妥協や許しがないと成立しません。相手のダメなところをいかに許せるか、それさえ丸ごと愛していけるか、もしくはダメなところを埋める何かを相手に感じられるかがポイントになるのです。

メリットだけではなくリスクも発生

さまざまな制約が発生する(写真:iStock)
さまざまな制約が発生する (写真:iStock)

4. 経済的な安定が必要となる

 恋愛ではデート代やプレゼント代がかかるとはいえ、お互いのお金について干渉し合うことはありません。それぞれの資産は、もちろんそれぞれのもの。だから、揉めることが少ないでしょう。

 しかし、結婚となると話は別。お互いの収入やお金の使い方がダイレクトに家計に響くため、経済的な安定が必要となるのです。独身の頃のように交際費や美容、趣味などに簡単にお金をかけられなくなる可能性もありますね。

5. 法律的な拘束力がある

 恋愛は、お互いの「好きだから付き合いたい」という気持ちであれば成り立つものです。そして、何らかの事情があって別れても、責任を問われることはありません。

 対して結婚には、法律的な拘束力があります。結婚をすることで守られることももちろんありますが、別れを選択した際に養育費や慰謝料が発生するようなこともあります。一度結婚したら簡単に離れることができない、これも恋愛と結婚の違いでしょう。

6. 一生一緒にいる覚悟を持つ

 恋愛中には、相手との「今」だけを見ていれば良いですが、結婚となると「将来」のことも考えなければなりません。子どもやマイホームはどうするか、など具体的な話を考える必要も出てくるでしょう。

 また、相手が病気になったり、リストラされたりといった状況が訪れた時には、相手だけではなく自分にもリスクが発生します。言ってみれば「運命共同体」だということ。それでも、相手のことを考えて信頼して助け合うことができるのか、これが恋愛と結婚の大きな違いとなるでしょう。

恋愛の延長線上に結婚を考えるのであれば…

色々あるけど後悔しない選択をしたい(写真:iStock)
色々あるけど後悔しない選択をしたい (写真:iStock)

 大好きな人ができて恋愛に燃え、「いつか結婚したい」と夢見る気持ちは分かります。でも、恋愛の最中にいると、相手の悪い部分には目が行きにくいもの。

 本気で結婚を望むのであれば、生涯ともに暮らしていけるかという視点が必要となるでしょう。相手の家族や金銭感覚、人生設計が合う人とではないと、若い頃に望んだ結婚生活を送れなくなる可能性も多いにあるのです。

 ただ、あまりに慎重になってしまうと、婚期を逃してしまうリスクもあります。それに、「結婚」という視点だけで相手を選んで、「安心はあってもラブがない」というのも考えもの。結局のところ、勢いで結婚するのもありなんですよね。人生は、何度でもやり直しができるのですから。大切なのは、後悔しないと決めて動く気持ちなのかもしれません。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ