恋愛と結婚の違いって何? 決定的な6つの違いをチェック!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-12-01 06:00
投稿日:2019-12-01 06:00
 よく、「恋愛と結婚は別」と言われますが、そんな簡単に割り切れないのが男女のお付き合いでしょう。でも、恋愛と結婚には決定的な違いがあるのです。結婚を意識している相手がいるのであれば、ぜひ当てはまるかをチェックしてみてください。

知っておくべき恋愛と結婚の決定的な6つの違い!

いつまでも恋愛気分ではいられない?(写真:iStock)
いつまでも恋愛気分ではいられない? (写真:iStock)

「恋愛の延長線上に結婚がある」そう思う方は多いかもしれません。でも、恋愛気分で結婚を急いでしまうと、思わぬ困難が訪れることも。そこで、知っておくべき恋愛と結婚の決定的な違いをお伝えします。

1. お互いの家族を意識したお付き合いがある

 恋愛は当人同士だけのお付き合いですが、結婚は家族ぐるみのお付き合いになることも大きな違いの1つ。たとえば、どちらかの親の介護が必要となった時、何かしらのサポートをするなど、責任が生じてくるでしょう。

 また、お正月やお盆など、少なくともお互いの家族と顔を合わせる機会もあります。つまりは、相手の家族との良好な関係を意識したお付き合いをしないと、結婚生活に影響する可能性もあるのです。

2. 子どもを持つ可能性がある

 結婚を意識していない恋愛中、子どもについて話す機会はほとんどないかもしれません。しかし、女性には出産できるリミットがあるのが現実。「未婚で子どもを持っても構わない」と思わない限り、結婚をして子どもを持つという道を選ぶより他がないのです。

 でも、女性側がすぐに結婚を望んでも、男性がまだ結婚をしたくない、と思うケースから別れてしまうカップルは多くいます。

 また、たとえ結婚してはじめて子どもを持った時に、お互いが相手に対して思い描いていたパパやママでなかった時にうまくいかなくなって離婚となる場合も多くあります。

3. 妥協や許しがないと成立しない

 同棲をしているカップルは別ですが、恋愛中には相手と何日も一緒に生活をすることがありません。価値観や性格が多少合わなかったとしても、見て見ぬ振りをしてお付き合いを続けることは可能なのです。要は、良いところだけを見てできるのが恋愛でしょう。

 でも、結婚は妥協や許しがないと成立しません。相手のダメなところをいかに許せるか、それさえ丸ごと愛していけるか、もしくはダメなところを埋める何かを相手に感じられるかがポイントになるのです。

メリットだけではなくリスクも発生

さまざまな制約が発生する(写真:iStock)
さまざまな制約が発生する (写真:iStock)

4. 経済的な安定が必要となる

 恋愛ではデート代やプレゼント代がかかるとはいえ、お互いのお金について干渉し合うことはありません。それぞれの資産は、もちろんそれぞれのもの。だから、揉めることが少ないでしょう。

 しかし、結婚となると話は別。お互いの収入やお金の使い方がダイレクトに家計に響くため、経済的な安定が必要となるのです。独身の頃のように交際費や美容、趣味などに簡単にお金をかけられなくなる可能性もありますね。

5. 法律的な拘束力がある

 恋愛は、お互いの「好きだから付き合いたい」という気持ちであれば成り立つものです。そして、何らかの事情があって別れても、責任を問われることはありません。

 対して結婚には、法律的な拘束力があります。結婚をすることで守られることももちろんありますが、別れを選択した際に養育費や慰謝料が発生するようなこともあります。一度結婚したら簡単に離れることができない、これも恋愛と結婚の違いでしょう。

6. 一生一緒にいる覚悟を持つ

 恋愛中には、相手との「今」だけを見ていれば良いですが、結婚となると「将来」のことも考えなければなりません。子どもやマイホームはどうするか、など具体的な話を考える必要も出てくるでしょう。

 また、相手が病気になったり、リストラされたりといった状況が訪れた時には、相手だけではなく自分にもリスクが発生します。言ってみれば「運命共同体」だということ。それでも、相手のことを考えて信頼して助け合うことができるのか、これが恋愛と結婚の大きな違いとなるでしょう。

恋愛の延長線上に結婚を考えるのであれば…

色々あるけど後悔しない選択をしたい(写真:iStock)
色々あるけど後悔しない選択をしたい (写真:iStock)

 大好きな人ができて恋愛に燃え、「いつか結婚したい」と夢見る気持ちは分かります。でも、恋愛の最中にいると、相手の悪い部分には目が行きにくいもの。

 本気で結婚を望むのであれば、生涯ともに暮らしていけるかという視点が必要となるでしょう。相手の家族や金銭感覚、人生設計が合う人とではないと、若い頃に望んだ結婚生活を送れなくなる可能性も多いにあるのです。

 ただ、あまりに慎重になってしまうと、婚期を逃してしまうリスクもあります。それに、「結婚」という視点だけで相手を選んで、「安心はあってもラブがない」というのも考えもの。結局のところ、勢いで結婚するのもありなんですよね。人生は、何度でもやり直しができるのですから。大切なのは、後悔しないと決めて動く気持ちなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 都内では休業しているホストクラブも多く、夜遊びしたいのにできないオトナ女子が大量発生中です。そんななか、人気ホストさん...
内藤みか 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 現在、彼氏がいる人は、どんな時に「彼がいてよかった」と感じますか? そう感じた瞬間、彼氏に対しての愛情がグッと高まる方...
恋バナ調査隊 2020-05-28 06:00 ラブ
FILM
 緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ誰とでも楽しく遊ぼう、と思えるほどにはコロナも収束せず、家で悶々と過ごしている...
ミクニシオリ 2020-05-27 06:12 ラブ
FILM
「恋愛をしたい」と思っている人の中には、過去の辛い経験からトラウマを抱えてしまっている人もいるでしょう。「彼氏がほしいの...
恋バナ調査隊 2020-05-27 06:17 ラブ
FILM
 あなたは、1日にどのくらいLINEをしていますか?友達同士であれば、一度に何度もやり取りをしている方も多いかもしれませ...
恋バナ調査隊 2020-05-26 06:06 ラブ
FILM
 好きな人との距離が縮まると、「あれ?これってもしかして両思い?」と感じる瞬間があります。しかし、確信がないと不安に感じ...
恋バナ調査隊 2020-05-26 06:00 ラブ
FILM
 大人になればなるほど、恋愛に対して不器用になってしまう人も多いでしょう。そこで今回は、大人はどんな瞬間に「両思い」を感...
恋バナ調査隊 2020-05-25 06:00 ラブ
FILM
 前回は多様なセクシュアルのひとつであるデミセクシュアルの特徴を記しました。続いて、デミセクシュアルの抱えやすい問題を取...
うかみ綾乃 2020-05-25 06:00 ラブ
FILM
 女性お笑いコンビの「阿佐ヶ谷姉妹」は6畳1間で同棲していることでも有名でしたが、物が増えたことをきっかけに現在は同棲を...
七海 2020-05-24 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。外見の好みも人それぞれですが、特にイケメンとお付き合いするとライバルも出てき...
山崎世美子 2020-05-23 06:00 ラブ
FILM
 ステイホームが日常となり、各家庭でもライフスタイルの変容を余儀なくされました。鬼嫁がいる家庭では、トンデモルールが制定...
並木まき 2020-05-23 06:00 ラブ
FILM
 離婚にしても失恋にしても、言い出された側(振られた側)はダメージが大きいですよね。こうした経験をすると、「自分がダメだ...
七味さや 2020-05-22 06:00 ラブ
FILM
 あなたは彼氏がいるにも関わらず、他の男性と関係を持ったことはありますか? 浮気というと男性がするイメージが強いですが、...
恋バナ調査隊 2020-05-22 06:24 ラブ
FILM
 外出自粛が続く都市部では、多くの婚活パーティーが中止となっています。その代わりに台頭してきたのがオンライン婚活パーティ...
内藤みか 2020-05-21 06:00 ラブ