デミセクシュアルって? 多様な性が存在することを認識して

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-05-20 11:19
投稿日:2020-05-11 06:00

身近になってきたセクシュアルマイノリティ

互いの違いを認め合う(写真:iStock)
互いの違いを認め合う (写真:iStock)

 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)という、セクシュアルマイノリティを示す言葉広く使われるようになりました。最近はQ(クエスチョニング/クィア。どのセクシュアルかわからない/決めない人)や、それら以外のセクシュアルを包括した+を加えてのLGBTQ+との呼び方もされています。

 さらにI(インターセックス。男女両方の身体的機能を持つ人)やA(アセクシュアル。恋愛欲求、性的欲求を抱かない人)を加えたLGBTQIA+など、多様なセクシュアルの認知が進むとともに、表記も増えています。

 現在、世界の人間の約10分の1がセクシャルマイノリティだと言われています。また、セクシュアルはくっきりと分かれるものではなく、ひとりの人間の中に、複数のセクシュアルが重なって存在することも多々あります。

性自認や性的指向は人それぞれ

少しずつ身近になってきた(写真:iStock)
少しずつ身近になってきた (写真:iStock)

 皆さんの中にも、自分ではヘテロセクシュアル(異性愛者)だと自認しつつも、同性の女性に恋愛に近い感情を抱いたり、ゲイの男性を好きになるなどの経験のある方がいらっしゃるでしょうか。

 上記の場合だと、ヘテロと同時にバイセクシャルやパンセクシャル(相手の性に拘らずどんな人も愛する人)等の性を持っている可能性があり、あるいはウーマセクシュアル/マセクシュアル(自己の性自認に拘らず女性/男性を好きになる人)の面を持っているのかもしれません。

 性自認と性的指向は多様にある一方で、どうしても人間を男女で分ける時代が長かったために、たとえばセックスレスで悩んでいるカップルなら、相手を自分と同じ男女の感覚で捉えるがために、情緒的に行き違ってしまう場合も多いように感じます。

 まずは、多様なセクシュアルが存在する、と認識するだけでも、自身と他者を理解し、受容し合うことが可能になると思います。

ラブ 新着一覧


母性本能が強い女性は苦労する?5つの共通点&恋愛パターン
 母性本能が強いというと、「良いお母さんになりそう」というイメージがありますよね。確かに、母性本能が強ければ強いほど愛情...
恋バナ調査隊 2021-07-09 06:02 ラブ
親に結婚を反対される理由は? 確認すべきポイント&説得方法
 親に結婚の報告をしたのに「反対されてしまった……」と落ち込んでいる人は、今、とても辛い気持ちですよね。反対される理由に...
恋バナ調査隊 2021-07-08 06:00 ラブ
要注意!男性から“コスパのいいセフレ”認定される女子の行動
 気になる男性とデートの約束ができた時、「もしかしたら付き合えるかもしれない」とドキドキしますよね。しかし現実は「エッチ...
若林杏樹 2021-07-07 06:00 ラブ
肉じゃがは“非モテ”レシピ?彼氏が本当に喜ぶ手料理の選び方
 今も昔も、「家庭的な女性」を結婚相手に選びたいと思う男性は多いようです。家庭的なところをアピールするなら、やはり「料理...
孔井嘉乃 2021-07-07 06:00 ラブ
男性が彼女を“愛おしい”と感じる6つの瞬間&彼女の特徴
 付き合った頃は愛されている実感があったのに、「付き合いが長くなるにつれて、彼氏が冷たくなった」と悩んでいる人は多いです...
恋バナ調査隊 2021-07-06 06:00 ラブ
コロナ禍だから正直になれたのかも…離婚した30代女性の証言
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-06 06:00 ラブ
新しい自分になる!人生を劇的に変えるために必要なものとは
 自分を変えたい!新しい自分になりたい……! 人生に行き詰まったとき、そう思うのは自然なことです。劇的に人生を変えるため...
七味さや 2021-07-05 06:00 ラブ
多趣味な男性と付き合うのは大変!?メリット&デメリット
 さまざまな趣味を持ち、経験や話題が豊富な男性は魅力的に映るもの。そんな男性に、心惹かれている女性もいるのではないでしょ...
恋バナ調査隊 2021-07-05 06:00 ラブ
空気が読めない結婚報告LINE…友人がドン引きした内容5つ
 おめでたい友人の結婚報告。 最近は、LINEで報告する人も多いよう。でも、中には、 あまりに空気の読めない結婚報告LI...
恋バナ調査隊 2021-07-04 06:00 ラブ
彼女のために言っているのに…恋人に厳しく接する男性の本心
「冷酷と激情のあいだvol.45〜女性編〜」では、突如としてモラハラをし始めた恋人に戸惑いを隠せない女性・Jさんの本音を...
並木まき 2021-07-03 06:16 ラブ
倦怠期なの?モラハラに豹変した結婚前提の彼氏に戸惑う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-03 06:13 ラブ
ハイスペック男子と付き合いたい♡ 特徴&効果的なアプローチ
 職業や年収、学歴、高身長、容姿端麗など、高い条件が揃った男子のことを「ハイスペック男子」といいます。どうせ結婚するなら...
恋バナ調査隊 2021-07-03 06:00 ラブ
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ #1
 既婚者であっても、愛するパートナーがいても、それが「日常」となってしまえば、飽きを感じ、別の刺激を欲するのが人間の本能...
蒼井凜花 2021-07-02 06:00 ラブ
年上男性の6つの脈ありサイン♡ 恋愛心理&アプローチ方法
 年上の男性って、男としての色気や余裕、落ち着きがあってとても魅力的ですよね。でも、「経験豊富だから相手にされないかも」...
恋バナ調査隊 2021-07-02 06:00 ラブ
“彼が会いに来る女性”と“彼が会いに来ない女性”の違いとは?
「彼がなかなか会ってくれない……」。これがコロナ禍での女性の大きな悩みとなっています。コロナ禍前は週1で会っていたのに、...
内藤みか 2021-07-01 06:00 ラブ
本当にいい男の3つの特徴♡出会い方&選ばれる女性の条件は?
 たとえ結婚できたとしても、相手がどんな男性かによって、女性の幸せは大きく影響されます。だからこそ、事前に「本当にいい男...
恋バナ調査隊 2021-07-01 06:00 ラブ