コロナ禍でも不倫が終わらなかった女の3つのしなかったこと

内藤みか 作家
更新日:2020-10-29 06:00
投稿日:2020-10-29 06:00
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いているカップルもいます。不倫関係を失わずに済んだ女性たちに共通しているのは、3つのことをあえて「しない」ことでした。

会いたがらない

ひとりでも楽しく過ごせるし(写真:iStock)
ひとりでも楽しく過ごせるし (写真:iStock)

 何人かの不倫を続けている女性たちに共通しているのは、実は「自分からは会いたがらなかった」ことでした。逆に、不倫相手から別れを告げられた女性は、コロナ禍でも「いつになったら時間できるの?」などと会うことを要求していました。会ってくれない男性に対して「私のことなんかもうどうでもよくなっちゃったの?」と責め立てた人もいます。

 不倫が続いた女性は、不倫相手に対してあまり思いつめていませんでした。「これで終わりならもうしょうがない」と現実を冷静に受け止めていたのです。そして「今までバレずに会えてきただけでもラッキーだったし」などとポジティブに考えていたのです。自宅で自粛生活を送る彼の邪魔にならないように連絡もしていませんでした。

 会いたがらない女性、連絡もくれなくなった女性、そういう存在のほうが男性は気になります。「もしかして俺の他に男がいるのかも」などと考え、追いかけたくなってしまうのです。コロナ禍では、不倫相手にあえて「会いたがらない」女性が大勝利をあげたのでした。

外に出かけない

おうちで過ごせばいいじゃん(写真:iStock)
おうちで過ごせばいいじゃん (写真:iStock)

 また、不倫が続いた女性たちは、不倫相手とはできるだけ室内で過ごし、外には出かけないようにしていました。コロナ禍なので気をつけていたというのもありますが、もともと人に見つからないほうがいい関係です。あまり出歩くべきではないと謙虚に考えていたのです。感染リスクを減らすためにも、できるだけ室内で過ごす配慮は必要です。

 けれど、不倫相手から別れを告げられた女性たちは「どこかに連れて行ってほしい」「一緒にお出かけしたい」などとコロナ禍でもワガママを言い続けてしまいました。身を隠すことを拒むのは「私こそが彼の運命の相手なのに、どうして隠れなくてはいけないの?」という反発心もあったのでしょう。

 自分の利益ばかりを求める姿は、自粛が呼びかけられているなか、自己中心的に見えてしまいます。コロナ禍では、不倫相手の安全を最優先にし、控えめな行動をとれる女性ほど、株を上げることができたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大人女性が彼と両思いになる方法&デートで使えるテクニック
 恋愛経験を積んで大人になると、傷つくことを恐れたり、人間関係を考えたりして、2人の関係がなかなか発展しない人も多いです...
恋バナ調査隊 2021-08-12 06:00 ラブ
カレの方が年収が高いのに…割り勘デートをする男性の心理
 みなさん、デートの時のお会計はどうしてますか。できれば男性に払って欲しいと思っている方も多いのでは? しかし、なかなか...
若林杏樹 2021-08-11 06:00 ラブ
年下彼氏だからこそ不安を感じてしまう5つの原因&解消方法
 好きな人と交際できれば嬉しいですが、付き合いがはじまれば新たな悩みが増えるものです。中でも、年下彼氏と付き合っている女...
恋バナ調査隊 2021-08-11 06:00 ラブ
男性に思わせぶりな態度を取る女性の心理&上手に付き合うコツ
 思わせぶりな態度を取る女性に、イライラしてしまった経験がある女性も多いでしょう。中には悪気がない人もいるようですが、身...
恋バナ調査隊 2021-08-10 06:00 ラブ
遊び人を好きになったら…4つの対処方法&本気にさせる方法
 恋に落ちる瞬間は、本当に一瞬のこと。「この人はダメ」と頭でわかっていても、一度恋に落ちてしまえば、心が言うことを聞かな...
恋バナ調査隊 2021-08-10 06:00 ラブ
男友達と彼氏の違いを見極めるボーダーライン&付き合い方
 異性との付き合いは、大きく分けると「男友達」or「彼氏」の二つに分かれます。しかし、中には異性となると一色単に考えてし...
恋バナ調査隊 2021-08-09 06:00 ラブ
真似できる♡倦怠期がないカップルの共通点6つ&乗り越え方
 好きな人と交際できても、いつまでもラブラブな状態が続くとは限りません。多くのカップルは、倦怠期を経験しているでしょう。...
恋バナ調査隊 2021-08-08 06:00 ラブ
不倫相手の妻から届いた…青ざめるほど恐ろしい報復LINE5つ
 道ならぬ恋だということはわかっているけど、好きになってしまうとなかなか抜け出せない女性が多い不倫。でも、「きっとバレな...
恋バナ調査隊 2021-08-07 06:00 ラブ
根拠のない自信にうんざり…口先だけの妻に心底呆れる男性
「冷酷と激情のあいだvol.50〜女性編〜」では、新婚の夫から愛されていないと不満を抱く女性の苦悩をご紹介しました。では...
並木まき 2021-08-07 06:01 ラブ
愛されていない?新婚なのに文句ばかりの夫に心を痛める女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-07 05:57 ラブ
男性から告白してほしい…男性が決意する瞬間&アピール方法
 気になる男性との距離が縮まると、「彼から告白してほしいなぁ」と、心待ちにしている女性も多いのではないでしょうか。そこで...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
“恋愛したいけど怖い”と思ってしまう5つの原因&抜け出す方法
 恋愛の仕方は誰かに教わるわけではありませんが、自然と恋に落ち、恋人との時間を楽しんでいる人は多くいます。しかし、中には...
恋バナ調査隊 2021-08-06 06:00 ラブ
夫と入籍し続ける意義を見つけられなくなった女性が選んだ道
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-06 06:00 ラブ
“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ