風水で地位高し!心身を癒す神秘の花“シンピジューム”の威力

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-11-25 06:00
投稿日:2020-11-25 06:00

老婦人のお庭に植えられていたのは…

シンピジュームを見ると思い出すお客様
シンピジュームを見ると思い出すお客様

 お花屋さんは、いろいろな方にお会いできる誠に楽しいお商売でございます。

 以前、定期的にお花を届けに伺っていた、年配のご婦人のお客様がいらっしゃいました。

「そのメガネ、一体どこに売っているんですか?」と心の中でつっこんでしまいたくなる、真ん丸のビン底メガネをかけたご婦人の大邸宅には、お部屋の三分の一を占めているであろう超立派なお仏壇がございました。

 ワタクシは、その大きな仏壇にふさわしい立派なお花をお届けに上がり、今ではソーシャルディスタンスが保てない距離まで顔を近付けて「花屋ですー!」とご挨拶。

 するとご婦人は「ご苦労様〜」と言いながら、ほぼ直角に曲がった腰を上げ、お花の代金をビン底メガネにくっつくほど近づけて確認した後、「は~い」と言って、私から若干ズレた横の位置に差し出す。まるで、ドリフのコントを彷彿とさせるようなやりとり。

 とても面白く可愛らしいおばあちゃまのお客様でございました。

 そんなご婦人の大邸宅のお庭には、伺うたびにギョッとしてしまうものが植えられてございました。

 普通の花壇には絶対にないもの……。シンピジュームなどのいわゆる「ラン」のお花を、まるでパンジーみたいに植えていたのでございます。

 ご婦人は「ずーっと咲いてるよ!」などとおっしゃられていましたが、お歳暮シーズンになると花壇に色とりどりの華やかなシンピジュームがどんどん増える不思議な光景。配達中でありながら、そのご婦人のお宅でおしゃべりに夢中になってしまっていたのを覚えております。

 胡蝶蘭を植えていたのを見た時には、さすがに「これはダメです」とお止めいたしましたけど……。

 ご婦人が体調を崩されてからはお会いすることがなくなってしまいましたが、冬になると今も懐しく思い出すのでございます。

 ということで、今週は「神秘の花 シンピジューム」の解説でございます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


まずは小さな一歩から…#zerowasteで地球にやさしい生活を
 皆さんは「#zerowaste」をご存知でしょうか? 現在、Instagram上では、世界中で790万回以上の使用がさ...
生きづらい環境にさよならを!?生きるハードルを下げるコツ
 仕事で怒られてばかりで、出勤したくない……また付き合った彼にフラれてしまった……。私の人生、なんでこんなに生きづらいん...
5月24日~5月30日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ハチワレ猫は福を呼ぶ♡ "にゃんたま”にも無限のエネルギー
 きょうは、ハチワレにゃんたま君。  末広がりの縁起の良い数字で、漢字の「八」の字のように割れている顔の模様は、福...
え!95→2件まで激減「ペット可」賃貸物件の少なすぎる実態
 ペットを飼うために絶対に必要な条件である「ペット飼育可」物件。じつはこれを見つけることが、もっとも大変かもしれません。...
なぜ差がつくの? プライドが高くて嫌われる人、好かれる人
「プライドが高い」って、どんな時に使う言葉でしょう。私もそうですが、基本的には良い意味で使われることは少ないと思います。...
塀に空いた穴に頭を突っ込んで…“にゃんたま”君の大胆ポーズ
 きょうは、日当たりのよい空き地で出逢ったシャイなにゃんたまω君。  こんにちは!と爽やかに声を掛けて、にゃんたま...
素直に言えない感謝の気持ちを「カンパニュラ」に込めて
 梅雨も近づいた、ある日の出来事。猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、悩めるお客様がご来店でございます。 ワタクシ「何...
人生が好転するタイミングって? チャンスを逃さないために
 どん底にいるときに待ち望んでしまうのが「救いの手」。この状況から抜け出したい……誰かなんとかしてくれたら……そんな風に...
5月17日~5月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力に気づいてない 無自覚"にゃんたま”にメロメロ
 きょうは、猫界の「イケにゃん」について考えます。  多くの雄猫を見てきて、雌猫にモテているのは、恰幅の良い喧嘩の...
同性からも距離を…“慇懃無礼な女性”が送る非モテLINEの特徴
 社会には、うわべだけ丁寧に見えて実はすこぶる失礼な「慇懃(いんぎん)無礼な人」も散見されます。こういったタイプは、自己...
愛猫が誤飲疑惑!救急病院で手術してお腹から出てきたのは…
 ある朝、突然嘔吐を繰り返し、ぐったりと元気をなくした生後10カ月のメス猫・虹ちゃん。動物病院に行くも原因がはっきりとし...
無理して損してない?“強がり女子”の特徴&克服する3つの方法
 本当は大丈夫ではないのに、いつも「大丈夫!」と言ってしまう“強がり女子”。そんな彼女を見て、周囲の人は「1人でも生きて...
生田緑地ばら苑で「ベルばら」を思う 2021.5.15(土)
 生田緑地ばら苑に行ってきました。雑木林を抜けると春のバラが豪華絢爛に咲き乱れていました。まさに秘密の花園。マスク越しに...
仲良し家族のLINEあるある5選♡ 幸せを感じちゃう面白い内容
 多くの場合、仲良し家族はLINEグループを作っているそう。そんなLINEを覗いてみると、それぞれの家族の独特の世界観を...