何をしてもダメ出し…妻に怯えながら家庭生活を営む夫の悲哀

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-05 05:48
投稿日:2020-12-05 05:45
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、日常的な家庭生活を送るにあたり妻に怯えている男性の心情をお届けします。

コロナ禍で浮き彫りになった鬼嫁ぶり

THE鬼嫁!(写真:iStock)
THE鬼嫁! (写真:iStock)

 今年40代半ばを迎えたOさんは、3歳年下の妻と結婚生活3年目です。結婚が遅かったこともあり、子どもはいません。共働きで、経済的には不自由なく暮らしていますが、テレワーク中心となっているコロナ禍の今、妻との家庭生活において、大きな苦悩を抱えています。

「もともと妻は、気が強い性格だったんですけど、もはや家では“鬼嫁”としか言えないほどの恐妻っぷりです。

 僕が家事をしても、感謝されたことは一度もなく、何かをするたびにダメ出しばかり。掃除をすれば、ホコリや汚れが残っているだの、洗濯をすれば汚れが落ちていないだのって言われて、もうウンザリです。

 共働きなので、もともと家事分担を決めていましたが、お互いがテレワーク中心になっている今は、家事分担の負担を見直し、ちょうど半分ずつにしました。

 だけど、僕が何かをすると、妻がイライラして、僕を怒鳴り飛ばすんです」

家にいることが苦痛

家にいるだけで体に不調が(写真:iStock)
家にいるだけで体に不調が (写真:iStock)

 テレワークメインの生活になった最初のうちは「家で仕事ができるなんて、ラッキー」と思っていたというOさんですが、自分に対してダメ出ししかしない妻と、四六時中顔を付き合わせなくてはならなくなったことにより、今では「家にいる」という当たり前のことに、大きなストレスを感じているそうです。

「家にいるだけで、頭が痛いし、吐き気も出てきて……。妻が僕にダメ出しをしているあいだは、身体が小刻みに震えることもあります。

 こっちだって、一生懸命に、分担した家事をしているんだから少しくらい認めてくれてもいいんじゃないのって思いますよね。

 あまりにも、ダメ出しばかり言われる日々に疲れ果て、最近では家事をすることを丸ごと放棄しています」

 妻からのダメ出しを真面目に受け止め、指摘された点は改善に努めてきたOさん。しかし、どんなに努力しても妻が認めてくれることはなく、ついには心身ともに疲れ果てたと口にしています。

妻のいる日常生活にうんざり

家事を放棄することで徹底抗戦(写真:iStock)
家事を放棄することで徹底抗戦 (写真:iStock)

「家にいることがこんなに苦痛になる日がくるなんて思いもしなかったです。やってもやらなくてもダメ出しされるなら、労力を使わずにダメ出しされていたほうがマシだと思うので、今後も僕は家事をするつもりはありません。

 はっきり言ってしまうと、日常生活すらもはや妻と一緒には送りたくないです。だけど、離婚するには決定打がないですし、親にも反対されるだろうし。

 なので、今後僕はずっと家事を放棄するって方法で、妻のダメ出しと向き合っていくことになるんだろうと思っています」

 コロナ禍でのテレワーク生活における家事分担をきっかけに、夫婦仲は完全に崩壊。もはや妻に対して怯えているような生活は「しんどい」と感じているOさん。

 しかし、妻の言い分は少々異なるようです。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


母性本能が強い女性は苦労する?5つの共通点&恋愛パターン
 母性本能が強いというと、「良いお母さんになりそう」というイメージがありますよね。確かに、母性本能が強ければ強いほど愛情...
恋バナ調査隊 2021-07-09 06:02 ラブ
親に結婚を反対される理由は? 確認すべきポイント&説得方法
 親に結婚の報告をしたのに「反対されてしまった……」と落ち込んでいる人は、今、とても辛い気持ちですよね。反対される理由に...
恋バナ調査隊 2021-07-08 06:00 ラブ
要注意!男性から“コスパのいいセフレ”認定される女子の行動
 気になる男性とデートの約束ができた時、「もしかしたら付き合えるかもしれない」とドキドキしますよね。しかし現実は「エッチ...
若林杏樹 2021-07-07 06:00 ラブ
肉じゃがは“非モテ”レシピ?彼氏が本当に喜ぶ手料理の選び方
 今も昔も、「家庭的な女性」を結婚相手に選びたいと思う男性は多いようです。家庭的なところをアピールするなら、やはり「料理...
孔井嘉乃 2021-07-07 06:00 ラブ
男性が彼女を“愛おしい”と感じる6つの瞬間&彼女の特徴
 付き合った頃は愛されている実感があったのに、「付き合いが長くなるにつれて、彼氏が冷たくなった」と悩んでいる人は多いです...
恋バナ調査隊 2021-07-06 06:00 ラブ
コロナ禍だから正直になれたのかも…離婚した30代女性の証言
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-06 06:00 ラブ
新しい自分になる!人生を劇的に変えるために必要なものとは
 自分を変えたい!新しい自分になりたい……! 人生に行き詰まったとき、そう思うのは自然なことです。劇的に人生を変えるため...
七味さや 2021-07-05 06:00 ラブ
多趣味な男性と付き合うのは大変!?メリット&デメリット
 さまざまな趣味を持ち、経験や話題が豊富な男性は魅力的に映るもの。そんな男性に、心惹かれている女性もいるのではないでしょ...
恋バナ調査隊 2021-07-05 06:00 ラブ
空気が読めない結婚報告LINE…友人がドン引きした内容5つ
 おめでたい友人の結婚報告。 最近は、LINEで報告する人も多いよう。でも、中には、 あまりに空気の読めない結婚報告LI...
恋バナ調査隊 2021-07-04 06:00 ラブ
彼女のために言っているのに…恋人に厳しく接する男性の本心
「冷酷と激情のあいだvol.45〜女性編〜」では、突如としてモラハラをし始めた恋人に戸惑いを隠せない女性・Jさんの本音を...
並木まき 2021-07-03 06:16 ラブ
倦怠期なの?モラハラに豹変した結婚前提の彼氏に戸惑う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-03 06:13 ラブ
ハイスペック男子と付き合いたい♡ 特徴&効果的なアプローチ
 職業や年収、学歴、高身長、容姿端麗など、高い条件が揃った男子のことを「ハイスペック男子」といいます。どうせ結婚するなら...
恋バナ調査隊 2021-07-03 06:00 ラブ
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ #1
 既婚者であっても、愛するパートナーがいても、それが「日常」となってしまえば、飽きを感じ、別の刺激を欲するのが人間の本能...
蒼井凜花 2021-07-02 06:00 ラブ
年上男性の6つの脈ありサイン♡ 恋愛心理&アプローチ方法
 年上の男性って、男としての色気や余裕、落ち着きがあってとても魅力的ですよね。でも、「経験豊富だから相手にされないかも」...
恋バナ調査隊 2021-07-02 06:00 ラブ
“彼が会いに来る女性”と“彼が会いに来ない女性”の違いとは?
「彼がなかなか会ってくれない……」。これがコロナ禍での女性の大きな悩みとなっています。コロナ禍前は週1で会っていたのに、...
内藤みか 2021-07-01 06:00 ラブ
本当にいい男の3つの特徴♡出会い方&選ばれる女性の条件は?
 たとえ結婚できたとしても、相手がどんな男性かによって、女性の幸せは大きく影響されます。だからこそ、事前に「本当にいい男...
恋バナ調査隊 2021-07-01 06:00 ラブ