ずるずるは嫌…不倫の上手なやめ方! やめる準備&注意点

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-02-12 06:00
投稿日:2021-02-12 06:00
「不倫がいけないこと」というのは、誰もがご存知の通り。しかし、人知れず不倫をはじめる人は、あとを断ちません。とはいえ、気軽に始めたはずが、いつの間にかどハマりしてしまい、「やめたいのにやめられない……」という悩みを抱えている人も多いようなんです。そこで今回は、不倫の上手なやめ方についてお伝えしたいと思います。

不倫をやめたい……独身女性がそう思う時4選

もうやめようかな…(写真:iStock)
もうやめようかな… (写真:iStock)

 まずは、既婚者と不倫関係にある独身女性が「不倫をやめたい」と思う瞬間から、ご紹介します。

家庭で過ごす彼の姿を想像した時

 不倫をしている既婚男性には、当然、家族がいます。一緒にいる時は愛を伝えてくれても、結局、家庭に戻れば夫であり、父親であります。

 そんな家庭で過ごす彼の姿を想像した時、ハッと気付くのが「私には、こんな未来はこない」という事実。いつまで経っても一人きりの自分と、恋愛と家庭のいいとこ取りをする相手を見た時、不倫をやめたいと思う女性は多いです。

結婚や出産で幸せな女友達を見た時

 “結婚をして家族を作る”というような、男女として当たり前の将来がないのが「不倫」。そのため、結婚適齢期を迎え、周りの友達が結婚や出産で幸せそうにしている姿を見た時に、「このまま不倫を続けちゃいけない」と、気づく人も多いでしょう。

 また、自分と同じように不倫をしていた女友達が不倫をやめ、充実している姿を見て、「私もあとに続きたい」と思う人もいるようです。

待つことに疲れた時

 不倫だったとしても、お互いに惹かれ合い、本気になってしまうケースはあるでしょう。「別れるから時間が欲しい」「子どもがもう少し大きくなったら」という言葉を信じて待ってはみるものの、いつまで経っても進展が見えなかったり、実質離婚が難しそうな様子が見えた時、「待つことに疲れた」と、不倫をやめたくなる女性は多いでしょう。また、はっきりしない男性に嫌気がさしてしまう場合もあります。

都合がいい女?と感じた時

「会う時はいつも相手の都合」「ドタキャンは当たり前」、そんな既婚男性に振り回されている日々にうんざりして、不倫をやめたくなる女性もいるでしょう。「都合がいい女」として見られてしまうのは、女性として絶対避けたいことですよね。

 一緒にいる時には楽しく過ごせていても、しっかりと家庭に帰っていく男性を見て、「結局、私は便利な存在?」と感じ、熱がひゅっと冷めてしまうこともあります。

不倫はいつでもやめられる! やめるための3つの準備

子供を産みたいと思うなら…(写真:iStock)
子供を産みたいと思うなら… (写真:iStock)

 波風を立てずに過ごせば、いつまででも続いてしまう不倫ですが、その反面、実は自分次第でいつでもやめられるのも不倫なんです。不倫をやめたいと考えているのであれば、以下の準備をしておきましょう。

1. 人生計画を立ててみる

 独身女性の場合、まずは「◯才までに結婚をして、◯才までに子供を◯人産みたい」のような人生計画を立てるのがおすすめ。

 結婚はいつでもできますが、男性と違って女性には「出産」というタイムリミットがあるのが現実。いつか子供を産みたいという願望があるのであれば、その時期から逆算して、「最悪、◯才までには不倫をやめる」と決意を固めておきましょう。

 また、お互いに本気の場合には、やめたほうが良いのかさえ、わからなくなってしまう人もいるでしょう。でも、不倫という関係を続ける限り、日の当たる場所を歩けないのが事実。自分がそれを許容できるのかできないのか、しっかり線引きをしておくことで、判断できるはずです。

2. 彼がいなくても困らない状況を作っておく

 不倫をしている独身女性が陥ってしまうのが、「彼がいない人生なんて考えられない」と既婚男性に“依存”してしまうこと。

 不倫をするのはお金がかかりますから、ある程度経済的に余裕がある既婚男性が相手である場合が多いです。高級レストランに行ったり、高価なプレゼントをもらったり、場合によっては生活を助けてもらったりと、今までになかった経験をしている独身女性もいるでしょう。しかし、生活までも彼に依存していると、いつまで経っても不倫から抜け出せません。

 大人女性としてきちんと自立して、彼がいなくても困らない状況を作っておくことも大切です。

ほかの男性と接する機会を作っておく

 不倫にのめり込んでしまうと、彼一色になってしまう女性は多いです。でも、ほかの男性と接する機会を作っておくことはやめないようにしましょう。

 不倫をやめたくてもやめられない女性の多くは、「本気で好き」という気持ちゆえ。頭では「いけないこと」だと分かっていても、気持ちに区切りをつけるには、相当な覚悟が必要です。

 その点、ほかの男性に目を向ける機会があれば、すんなりやめられるチャンスも多くなるでしょう。月並みですが、やはり新しい恋に敵うものはありません。

「不倫をやめる」と決めた後の注意点

最後に一回だけ…に流されない(写真:iStock)
最後に一回だけ…に流されない (写真:iStock)

 ただでさえこんなご時世ですから、独身女性が新しい恋を見つけるよりも、既婚男性が新しい不倫相手を見つけることのほうが難しいでしょう。だからこそ、「関係を続けたい」と、別れ話をうやむやにしたがる既婚男性も多いです。そんな誘惑に負けないためにも、不倫をやめると決めたのであれば、以下の注意点をチェックしてみましょう。

彼にとって「いい女」でいようとしない

 不倫とはいえ、本気で好きになった相手とは「綺麗に終わりたい」と思うもの。でも、「彼を傷つけたくない」「彼にとっていい女で終わりたい」なんて考えは捨てましょう。

 不倫中はたくさんの我慢もしてきたはずですから、やめるタイミングは自分勝手で良いでしょう。“思い立ったが吉日”と言いますが、「今、やめられそう!」「幸せになりたい!」と思ったタイミングが、一番良い時。関係を終わりにすると決めたのであれば、嫌われても良いというくらいの覚悟で臨みましょう。

体の関係を残さない

 不倫と体の関係は切っても切れないもの。でも、「最後に一回だけ」「次の人が見つかるまで」と、体の関係だけ残してしまうと、大抵の場合、やめられなくなります。

 女性は、体を許した相手に心までも許してしまう傾向にあります。せっかくの決心がゆらいでしまわないよう、冷酷な態度も時には必要。流されてしまいそうであれば、最初から密室で会わないなどの工夫をしましょう。

“恋は盲目”かもしれない…まずは準備をはじめよう

今は辛くても、いつか目が覚めるときが来る(写真:iStock)
今は辛くても、いつか目が覚めるときが来る (写真:iStock)

 過去にあんなに好きだったのに、時が経つと「冴えない人だったなぁ」と感じることってありますよね。これは不倫も同じ。やめる時こそ固執しても、しばらく経つと「なんであんな人を好きだったんだろう」と、思うことも多いんです。まさに、“恋は盲目”でしょう。

 不倫は、どこまでいっても不毛です。現在の気持ちに区切りをつけるのが難しければ、まずは不倫をやめる準備からはじめてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ