ずるずるは嫌…不倫の上手なやめ方! やめる準備&注意点

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-02-12 06:00
投稿日:2021-02-12 06:00
「不倫がいけないこと」というのは、誰もがご存知の通り。しかし、人知れず不倫をはじめる人は、あとを断ちません。とはいえ、気軽に始めたはずが、いつの間にかどハマりしてしまい、「やめたいのにやめられない……」という悩みを抱えている人も多いようなんです。そこで今回は、不倫の上手なやめ方についてお伝えしたいと思います。

不倫をやめたい……独身女性がそう思う時4選

もうやめようかな…(写真:iStock)
もうやめようかな… (写真:iStock)

 まずは、既婚者と不倫関係にある独身女性が「不倫をやめたい」と思う瞬間から、ご紹介します。

家庭で過ごす彼の姿を想像した時

 不倫をしている既婚男性には、当然、家族がいます。一緒にいる時は愛を伝えてくれても、結局、家庭に戻れば夫であり、父親であります。

 そんな家庭で過ごす彼の姿を想像した時、ハッと気付くのが「私には、こんな未来はこない」という事実。いつまで経っても一人きりの自分と、恋愛と家庭のいいとこ取りをする相手を見た時、不倫をやめたいと思う女性は多いです。

結婚や出産で幸せな女友達を見た時

 “結婚をして家族を作る”というような、男女として当たり前の将来がないのが「不倫」。そのため、結婚適齢期を迎え、周りの友達が結婚や出産で幸せそうにしている姿を見た時に、「このまま不倫を続けちゃいけない」と、気づく人も多いでしょう。

 また、自分と同じように不倫をしていた女友達が不倫をやめ、充実している姿を見て、「私もあとに続きたい」と思う人もいるようです。

待つことに疲れた時

 不倫だったとしても、お互いに惹かれ合い、本気になってしまうケースはあるでしょう。「別れるから時間が欲しい」「子どもがもう少し大きくなったら」という言葉を信じて待ってはみるものの、いつまで経っても進展が見えなかったり、実質離婚が難しそうな様子が見えた時、「待つことに疲れた」と、不倫をやめたくなる女性は多いでしょう。また、はっきりしない男性に嫌気がさしてしまう場合もあります。

都合がいい女?と感じた時

「会う時はいつも相手の都合」「ドタキャンは当たり前」、そんな既婚男性に振り回されている日々にうんざりして、不倫をやめたくなる女性もいるでしょう。「都合がいい女」として見られてしまうのは、女性として絶対避けたいことですよね。

 一緒にいる時には楽しく過ごせていても、しっかりと家庭に帰っていく男性を見て、「結局、私は便利な存在?」と感じ、熱がひゅっと冷めてしまうこともあります。

不倫はいつでもやめられる! やめるための3つの準備

子供を産みたいと思うなら…(写真:iStock)
子供を産みたいと思うなら… (写真:iStock)

 波風を立てずに過ごせば、いつまででも続いてしまう不倫ですが、その反面、実は自分次第でいつでもやめられるのも不倫なんです。不倫をやめたいと考えているのであれば、以下の準備をしておきましょう。

1. 人生計画を立ててみる

 独身女性の場合、まずは「◯才までに結婚をして、◯才までに子供を◯人産みたい」のような人生計画を立てるのがおすすめ。

 結婚はいつでもできますが、男性と違って女性には「出産」というタイムリミットがあるのが現実。いつか子供を産みたいという願望があるのであれば、その時期から逆算して、「最悪、◯才までには不倫をやめる」と決意を固めておきましょう。

 また、お互いに本気の場合には、やめたほうが良いのかさえ、わからなくなってしまう人もいるでしょう。でも、不倫という関係を続ける限り、日の当たる場所を歩けないのが事実。自分がそれを許容できるのかできないのか、しっかり線引きをしておくことで、判断できるはずです。

2. 彼がいなくても困らない状況を作っておく

 不倫をしている独身女性が陥ってしまうのが、「彼がいない人生なんて考えられない」と既婚男性に“依存”してしまうこと。

 不倫をするのはお金がかかりますから、ある程度経済的に余裕がある既婚男性が相手である場合が多いです。高級レストランに行ったり、高価なプレゼントをもらったり、場合によっては生活を助けてもらったりと、今までになかった経験をしている独身女性もいるでしょう。しかし、生活までも彼に依存していると、いつまで経っても不倫から抜け出せません。

 大人女性としてきちんと自立して、彼がいなくても困らない状況を作っておくことも大切です。

ほかの男性と接する機会を作っておく

 不倫にのめり込んでしまうと、彼一色になってしまう女性は多いです。でも、ほかの男性と接する機会を作っておくことはやめないようにしましょう。

 不倫をやめたくてもやめられない女性の多くは、「本気で好き」という気持ちゆえ。頭では「いけないこと」だと分かっていても、気持ちに区切りをつけるには、相当な覚悟が必要です。

 その点、ほかの男性に目を向ける機会があれば、すんなりやめられるチャンスも多くなるでしょう。月並みですが、やはり新しい恋に敵うものはありません。

「不倫をやめる」と決めた後の注意点

最後に一回だけ…に流されない(写真:iStock)
最後に一回だけ…に流されない (写真:iStock)

 ただでさえこんなご時世ですから、独身女性が新しい恋を見つけるよりも、既婚男性が新しい不倫相手を見つけることのほうが難しいでしょう。だからこそ、「関係を続けたい」と、別れ話をうやむやにしたがる既婚男性も多いです。そんな誘惑に負けないためにも、不倫をやめると決めたのであれば、以下の注意点をチェックしてみましょう。

彼にとって「いい女」でいようとしない

 不倫とはいえ、本気で好きになった相手とは「綺麗に終わりたい」と思うもの。でも、「彼を傷つけたくない」「彼にとっていい女で終わりたい」なんて考えは捨てましょう。

 不倫中はたくさんの我慢もしてきたはずですから、やめるタイミングは自分勝手で良いでしょう。“思い立ったが吉日”と言いますが、「今、やめられそう!」「幸せになりたい!」と思ったタイミングが、一番良い時。関係を終わりにすると決めたのであれば、嫌われても良いというくらいの覚悟で臨みましょう。

体の関係を残さない

 不倫と体の関係は切っても切れないもの。でも、「最後に一回だけ」「次の人が見つかるまで」と、体の関係だけ残してしまうと、大抵の場合、やめられなくなります。

 女性は、体を許した相手に心までも許してしまう傾向にあります。せっかくの決心がゆらいでしまわないよう、冷酷な態度も時には必要。流されてしまいそうであれば、最初から密室で会わないなどの工夫をしましょう。

“恋は盲目”かもしれない…まずは準備をはじめよう

今は辛くても、いつか目が覚めるときが来る(写真:iStock)
今は辛くても、いつか目が覚めるときが来る (写真:iStock)

 過去にあんなに好きだったのに、時が経つと「冴えない人だったなぁ」と感じることってありますよね。これは不倫も同じ。やめる時こそ固執しても、しばらく経つと「なんであんな人を好きだったんだろう」と、思うことも多いんです。まさに、“恋は盲目”でしょう。

 不倫は、どこまでいっても不毛です。現在の気持ちに区切りをつけるのが難しければ、まずは不倫をやめる準備からはじめてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ