潮時?コロナ禍の不倫カップルの現状&男性の本気度チェック

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-05-03 07:17
投稿日:2020-04-29 06:00
 新型コロナウイルスが猛威を振るい始めてから、世の中が一変。それは、不倫カップルの関係にも影響しているようです。この機会に不倫相手との関係を精算しようか迷っている方に、相手の気持ちを確かめる見極めポイントをご紹介します。

破局?継続? コロナ自粛の今、不倫カップルはどうしてる?

あなたはどうする?(写真:iStock)
あなたはどうする? (写真:iStock)

 緊急事態宣言からのコロナ自粛……。普段の外出でさえしづらくなった今ですが、そんな中、ただでさえ大っぴらに会うことができない不倫カップルはどんな風に過ごしているのでしょうか?

コロナ破局! 別れる不倫カップルも多い

「濃厚接触者になってバレるのが嫌」「家族に与えるリスクが怖い」「仕事環境が変わって会いづらくなった」など、コロナが原因で別れる不倫カップルは多いようです。

 今回別れを切り出した方の多くは、不倫を“嗜好品のようなもの” だと思っていたのでしょう。何を言われてもやめなかったのに、重篤な病気になった途端にお酒やタバコをやめるような、いわば「あってもなくても良いもの」だったのかも。

 しかし、両方が同じ気持ちであればまだしも、たいてい別れを言い出すのは既婚者男性側。「いつか結婚しよう」「妻とは別れる」、そんな甘い言葉はどこへやら。相手の本性が分かって傷つきつつも、せいせいして前を向ける女性は案外多いのかもしれません。

なんだかんだで継続を選ぶ不倫カップルもいる

 コロナ禍の中、なんだかんだで継続を選ぶ不倫カップルもいます。そんな男女は、リモートワークになっているのにも関わらず、「出勤しなければならない」などと家族に嘘をつき、ホテルや車の中などで普段以上にデートに勤しんだり、「次に会える機会を楽しみにしよう」と、たびたび連絡を取り合って自粛期間を巧みに利用しているようです。

 また、自粛生活でパートナーとの時間が増えることに息苦しさを感じたり、あらためて関係修復は難しいことを痛感させられて、離婚を本格的に考え出す男性もいるようです。山崎世美子さんの記事、「家庭内の緊急事態宣言…もし夫の浮気が『本気』になったら?」の不倫カップルのように、人知れず「コロナ離婚」と向き合う夫婦も多いのかもしれません。

新規のコロナ不倫が増えているという噂も

 東日本大震災の後、なぜか不倫をする人の数が激増したそうですが、実はコロナ蔓延が始まってから新規のコロナ不倫が増えているという噂もあるようです。環境の変化による日々のストレス解消をしたい方、もともと夫婦仲がうまくいっていなかった方など、不倫に走る理由はさまざま。

 しかし、そういった男女に共通するのは、「自分たちはコロナにかからない」という根拠のない自信を持っていること。恋愛初期のドキドキは、コロナへの恐怖をも忘れさせてしまうのかもしれません。濃厚接触者として名前が挙がってしまう可能性もありますし、普段よりもバレるリスクが高くなっているというのに、おそろしいことです。

コロナ禍だから分かる不倫男性の本気度! 3つのポイント

連絡がすっかり来なくなった(写真:iStock)
連絡がすっかり来なくなった (写真:iStock)

 不確かな「不倫」という関係ですが、こんな非常事態だからこそ相手の気持ちが浮き彫りになります。そこで、不倫男性の本気度を確かめるポイントをまとめてみました。ここで潮時かどうか、ぜひ判断してください。

1. 会えなくても連絡がマメにくるかどうか

 刺激が欲しい、欲求不満を解消したいために不倫をする男性も多いですが、コロナ禍の今はそんなことを言っていられないのが現状。仕事や家庭環境の変化はもちろん、経済的なピンチを迎えている男性もいます。つまり今は、「遊んでいる余裕はない時」なのです。

「コロナ騒動が始まってから、相手からの連絡がなくなった」、残念ながらそんな場合は、遊びの不倫であった可能性が高いでしょう。逆に、「会えなくても連絡がマメにくる」という場合には、あなたの存在を変わらず大切に思っていたり、少なからず今後も継続していきたいという男性の気持ちの表れでしょう。(ただし、もともとマメな性格である可能性も。そこは冷静に判断する目が必要です)

2. 家庭状況を教えてくれる

 男性がリモートワークになったなど、仕事環境が大きく変わってしまい、これまでのように気軽に連絡を取りづらくなった不倫カップルは多いでしょう。不倫男性を本気で好きであればあるほど、相手が家族と過ごしている時間を想像して落ち込んでしまう女性は多いはず。

 実際、「妻との仲は冷え切っている」なんて言っていた男性が、コロナを機に「妻ともう一度向き合ってみよう」と思うケースもあるようです。

 しかし、そんな女性の気持ちを思いやり、家庭状況を教えてくれるかどうか、「不安にさせない」という強い気持ちを見せてくれるかは、関係に見切りをつける大きな判断材料になるはずです。

3. あなたやあなたの周りの安全を考えてくれる

 上記でお伝えしましたが、この機会に不倫を始める方は、「コロナにかかるはずもない」とタカをくくっているのが現実。不安や恐怖を感じている時に恋愛が盛り上がる“吊り橋効果”ではないですが、「こんな機会もないから」と、甘い言葉で誘われている女性も少なくないでしょう。

 しかし、本気で不倫相手のことを愛している男性であれば、あなたやあなたの周りの安全を考えて、「敢えて会わない」ことを選択肢に入れてくれるはず。思いやりのある方かどうか、そもそも、こんな時期に家族を差し置いて不倫を始めようとする男性で良いのかどうか、今一度、確認するポイントでしょう。

不倫をやめるなら今! コロナ禍だからこそ彼の態度を見極めて

気持ちを断ち切るチャンスかも(写真:iStock)
気持ちを断ち切るチャンスかも (写真:iStock)

 世界中が大パニックの今、「不倫なんてしていて良いのか?」と自問自答している女性は多いかもしれません。でも、それは男性も同じ。「コロナを機に不倫をやめよう」と考える方も大勢いるはずです。

 今まで、「いつか」という男性の気持ちを信じてきたのであれば、この機会に冷静になって彼の態度を見てみましょう。少しでも心がざわつくようであれば、それは黄信号! いったん足を止めてみた方が良いです。

 自粛中で簡単に会えないからこそ、思いを封印! 自分磨きをして、次の恋に備えるのもありですよね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ