浮気チェックにも 不倫男が頭抱える“不都合なLINE機能”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-12-19 06:00
投稿日:2019-12-19 06:00
 浮気している男性には、LINEの便利な機能に頭を抱える人もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、浮気経験のある男性たちが「便利じゃなくて、むしろ不便だ……」と感じたという、不都合なLINE機能に迫ります。

1:音声メッセージ機能

わざわざ外に出ないと…(写真:iStock)
わざわざ外に出ないと… (写真:iStock)

 LINEにはテキストや画像だけでなく、音声を録音して送る機能もついています。

 文字を打つより手軽なので、筆者もたびたび使用していますが、浮気をしている男性にとっては、これが想定外の「困った!」のもとにも……⁉︎

「妻がいるときには再生できないから、わざわざコンビニに行くなどして、外に出ないとならない」(49歳男性)、「以前付き合っていた不倫相手が、妻への嫉妬心から、わざと音声メッセージばかり送る子で、対応が大変でした」(45歳男性)など、道ならぬ関係だからこそ気軽に再生できない悩みに打ちあたるようです。

2:通話機能

電話番号を知られたも同然(写真:iStock)
電話番号を知られたも同然 (写真:iStock)

 電話のように音声通話できるLINEの機能は、便利かつコスパのいい機能として、日常的に活用している人も多いですよね。

 しかし浮気男の場合には、この機能が「むしろいらない」となっている人もいるのです。

「浮気相手には電話番号を教えたくないのに、LINEがつながると電話できちゃうから、結局電話番号を教えたのと同じことになってしまう」(42歳男性)、「LINE通話の履歴はiPhoneの電話履歴にも残るから、いちいち消すのが大変です」(37歳男性)と、妻バレを回避したい男性たちにとっては悩みのタネに……。

3:ポップアップ通知機能

このLINEは何なのよ!(写真:iStock)
このLINEは何なのよ! (写真:iStock)

 オーソドックスな便利機能ほど、浮気男にとっては、特別な対処が必要な不便機能にも感じがちな様子。

 ポップアップや通知機能への困惑の声は、浮気経験者からは「困る」が多数聞こえてきました。

「不倫を始めたばかりの頃、浮気相手からのLINE通知の消し方がわからなくて、家に帰るとスマホの電源ごと落としていた」(56歳男性)、「非表示設定にすれば、メッセージも非表示になるのかと思っていたら違った。妻の目の前で、浮気相手からのメッセージがスマホに表示されたときには、背中に冷たいものが走りました」(48歳男性)。

 浮気初心者(?)である男性ほど、通知機能には、頭を抱えるものかもしれません。

 スマホ音痴な人ほど、個別の設定方法がわからず途方に暮れているようです。

まとめ

 どんなに便利な機能でも、人の道から外れたことをしている浮気男にとっては、都合の悪い機能になりがち。

 家庭にバレないよう、彼らはせっせとこんな機能への対策に励んでいるのも実態みたいです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ