白石麻衣の後継者!?櫻坂46田村保乃がジワジワと愛される訳

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-05 06:00
投稿日:2020-12-05 06:00

“そこ曲がったら櫻坂”の田村保乃に称賛の嵐

櫻坂46期待の2期生田村(右)は白石(左)と重なる点が多い。彼女が愛されるわけとは…!?/「イオンカード20周年キャンペーン発表イベント」(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
櫻坂46期待の2期生田村(右)は白石(左)と重なる点が多い。彼女が愛されるわけとは…!? /「イオンカード20周年キャンペーン発表イベント」(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 今月9日に欅坂46から改名後、初のシングル「Nobody’s Fault」をリリースする櫻坂46。そんな彼女たちの冠番組「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)の、先月29日深夜放送回で2期生・田村保乃(22)がとったある行動にファンから称賛の声があがった。

 同番組では「櫻坂46 1stシングルヒット祈願」と題し、グループを代表した8人のメンバーが「修行登山」に挑戦。途中行く手を阻むような急流を渡る際、想定より多い水量に急遽、足元を滑らせないよう全員が靴を脱ぎ裸足で水中を渡渉することになった。水温わずか5℃で足場はゴツゴツとした岩だらけ。トップバッターの田村は「ヤバイヤバイ。足に何が当たっても痛い!」と冷たさと痛みに耐えながらも渡り切った。

 2番手は1stシングル表題曲でセンターを務める森田ひかる(19)。「ヤバイ。ちょっと本当にヤバイ」と悲痛の声をあげながらなんとか渡り切ったが、辿り着いたその場所も岩だらけなためか、番組スタッフに「座れないです。痛い…」とこぼした。すると先に平らな岩場で座っていた田村が即座に「保乃がどく。保乃がどくよ!」と、自身もまだ身体を休めたいであろう中、森田に場所を譲ろうと靴を履き始めるシーンが映し出された。

 同じ2期生ながら年下の森田を気遣ったこの田村の言動に「保乃ちゃんやばい、性格イケメンすぎる」「人の為に動けるって本当に偉い」「ほののお姉さん感すごい」とネット上のファンから称賛の声が相次いだのだ。

白石麻衣と田村保乃の共通点とは?

 この田村のお姉さん的な配慮を見て、筆者が田村に以前より感じていた“白石麻衣”感が改めて思い起こされた。乃木坂46と欅坂46(現・櫻坂46)、グループこそ違うが白石、田村共に19歳でオーディションに合格。アイドル活動開始時点で完成された美貌、それにおごることのない握手会での全力神対応も共通していた。

 両手で引き寄せられた顔元の圧倒的透明感に、愛嬌ある笑顔での受け答えが最初期からすでにプロフェッショナル。どちらも「最初からこんなにパーフェクトにできちゃう人いるんだ……!」と思わせてくれた。

 清楚系美人に見えて、意外にも白石はソフトボール部、田村はバレーボール部出身と体育会系であることも共通点だ。白石が162㎝で女性ファッション誌「Ray」の専属モデルをしていたのに対し、田村もほぼ同じ163㎝で、オーディション時に審査員として参加していた同誌から「Ray賞」を獲得し、後に同誌に登場している。

平手友梨奈脱退前の“濃厚な半年間”

アイドルになりたてで別グループの大物白石、秋元に取り囲まれる愛され女子・田村/欅坂46秋元真夏公式ブログ(18年12月23日付)より
アイドルになりたてで別グループの大物白石、秋元に取り囲まれる愛され女子・田村 /欅坂46秋元真夏公式ブログ(18年12月23日付)より

 グループが違うため深い交流こそないが、田村が欅坂46に加入したての18年、乃木坂46・秋元真夏(27)のブログに「突然の保乃ちゃん かわいいの~♪」との文章が添えられ投稿された画像には、白石も満面の笑みで映り込んでいた。田村も秋元、白石に名前を覚えられていたことにとても感激していた(「Ray web」2019年2月25日配信)。

 田村の人柄の良さと愛されぶりは平手友梨奈(19)と欅坂46脱退前のわずか半年ほどで急接近した関係性でも感じ取れる。19年9月に行われた欅坂46初の東京ドーム公演で大事なパートを平手と分け合った田村。この際に後輩の田村を平手がフォローしたことがきっかけで親密になったが、平手の心身が限界に達しようとしていた同年末の音楽特番ラッシュ時には、3年後輩ながら3歳年上でお姉さん的な包容力のある田村が平手にいつも肩を貸し歩く介助をしていた。

 特に「輝く!日本レコード大賞」(TBS系)では大賞発表時、欅坂46の待機席で1期生の主力メンバーが前方に固まっている中、平手は後方の2期生田村を頼るようにその横に着席。田村は全力パフォーマンス後にぐったりとしていた平手の手を自身の膝の上でしっかりと握り続けていた。観覧していたファンからは田村が平手の頭をヨシヨシして労をねぎらっている様もネット上で報告されていた。

エンタメ 新着一覧


笠智衆3部作編(3)「岸本さんからは生命感があふれていて、笠さん演じる老人との対比になっている」
【鈴木敏夫 新・映画道楽 体験的女優論】  笠智衆3部作編(3)   ◇  ◇  ◇  山田太一による笠智衆3部作...
2022-12-05 17:03 エンタメ
宮前真樹さんは料理研究家を経て再び芸能界へ「アイドルも料理も経験しているのは私だけ」
【あの人は今こうしている】  宮前真樹さん(アイドルグループCoCo元メンバー)  ◇  ◇  ◇ 「やってますね...
2022-12-05 17:03 エンタメ
東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」
【注目の人 直撃インタビュー】  東出昌大(俳優)  ついに本格復帰に向けて動きだした。2年前、女優・杏(36)との...
2022-12-05 17:03 エンタメ
崔洋一が『血と骨』の原作者・梁石日に「小さな破滅」を迫ったわけ
【佐高信「追悼譜」】  崔洋一(2022年11月27日没 享年73)  ◇  ◇  ◇  崔洋一にインタビューした...
2022-12-05 17:03 エンタメ
唐田えりか“アンチの声”はね返す完全復活 こぼれる涙に「お帰り!」と迎えたファンの声
 11月26日に主演映画「の方へ、流れる」の初日舞台挨拶に登場した女優の唐田えりか(25)。20年1月に当時既婚者だった...
2022-12-05 17:03 エンタメ
アジャコングさん女子プロレスデビュー3年目までは壮絶貧乏…「勝たなきゃ明日は食えない」
【役者・芸人 貧乏物語】  アジャコング(プロレスラー)  女子プロレスのヒールといえばこの人、アジャコングさん。い...
2022-12-05 17:03 エンタメ
中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?
 中居正広(50)が2日に“休養延長”を発表し、ファンはやきもきしている。  今年7月に急性虫垂炎の手術を受けた中居は...
2022-12-04 17:03 エンタメ
村川透監督が崔洋一氏の死を悼む 最初の仕事で「君たち、本当に助監督か」
 崔さん! あなたは多難な世情の中、我々日本映画監督協会の理事長という重責を担い、体を張ってことに当たり、見事果たし、前...
2022-12-04 17:03 エンタメ
2022年「テレビの顔」は麒麟・川島明で決まり! レギュラー8本、番組出演本数1位を狙う
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  2022年も残すところ1カ月。流行語大賞や話題の商品など、この一年を振り返る企画...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ずっと根拠なき自信をみなぎらせ 小島よしおは新天地を開拓し続ける
【今週グサッときた名言珍言】 「当時のマネジャーさんからは『花屋になった方がいい』って言われた」  (小島よしお/テレ...
2022-12-04 17:03 エンタメ
戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?
 戸田恵梨香(34)が11月28日、所属事務所の公式サイトを通じて第1子妊娠を発表した。この祝福ムードに水を差しているの...
2022-12-04 17:03 エンタメ
ディベート対決もラッパーもお金になっている 「負の感情」がアウトプットの源泉に
【とろサーモン久保田の「玉手箱人生」】#14  最近はお笑いだけじゃなく、いろんなタイプの番組に呼んでもらうことも増え...
2022-12-04 17:03 エンタメ
愛子さまと悠仁さまだけで未来の皇統は大丈夫なのか?
【皇室のトリビア】#95  前回、早く女性宮家を創設して秋篠宮家の佳子さまに当主になっていただきたいと書いたが、これに...
2022-12-04 17:03 エンタメ
NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」もいよいよ大詰め、18日放送の最終回で北条義時(小栗旬)の最期が描かれる。どんな死に...
2022-12-04 17:03 エンタメ
岸田首相は“雑誌の底力”を甘く見ていた 田中角栄も宇野宗佑も安倍晋三も射止めているのだ
 昔、週刊誌記者は「首輪のない猟犬」といわれた。  上品ぶった新聞・テレビがやらない、権力者たちのカネと下半身問題を容...
2022-12-04 17:03 エンタメ
流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言
 12月1日、今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にはプロ野球・ヤクルトスワローズの村上宗隆(2...
2022-12-04 17:03 エンタメ