白石・平手「結婚したら家庭」という前時代的コメへの反応は

こじらぶ ライター
更新日:2021-01-30 06:00
投稿日:2021-01-30 06:00

結婚したら家庭に入りそうな2人!?

バラエティー番組にてそれぞれ「結婚したら家庭に入りそう」との指摘を受けた白石(左)と平手(右)。2人の異なる反応とは…/(C)日刊ゲンダイ
バラエティー番組にてそれぞれ「結婚したら家庭に入りそう」との指摘を受けた白石(左)と平手(右)。2人の異なる反応とは… /(C)日刊ゲンダイ

 元乃木坂46の白石麻衣(28)と元欅坂46の平手友梨奈(19)。どちらも大エースとして活躍後、昨年自身のグループを離れた。現在はソロとして枠組みにとらわれない活動をしている2人だが、今月24日には平手が「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、27日には白石が「突然ですが占ってもいいですか?SP」(フジ系)に出演。そこで平手は映画「さんかく窓の外側は夜」の共演者である岡田将生(31)から、白石は女性占い師からそれぞれ「結婚したら家庭に入りそうだ」という旨の指摘をされた。どちらの場合も女性ならではの、しかしやや前時代的な指摘を受けたが、2人の反応はかなり異なるものだった。

 具体的な状況を振り返ると、平手は岡田、そして同じく共演者である志尊淳(25)と3人で「結婚願望はあるか」という話題になった際、「私は全然、無くは無い」と回答。志尊が「子供好きって言ってたもんね。凄いちゃんとお母さんしそう、てち(平手の愛称)」と話すと岡田は「その時はもう多分この仕事辞めてるんだろうね。」と平手に振った。平手の反応は「辞めてるかな…どうだろう…」とうつむき眉をしかめ、首を傾げたり口を軽く尖らせた。

 岡田は続けて「いい意味で不器用じゃん、てちって。ひとつのことしかできないというかさ。お母さんになったら『お母さんです!』みたいな感じになっちゃいそう」と指摘。しかしここでも平手は「そうかな…」と小声になり、うつむいたままであまり納得していないようだった。

 放送を受けて、SNS上の平手ファンからは番組全体の感想として岡田、志尊との兄妹のような仲の良さにほっこりとした、という反響がほとんどだったが、「こうして活躍する姿が見れるのは当たり前じゃないんだな」「たしかにカリスマはスパッと引退するイメージ」と複雑な思いに駆られる声もあがっていた。

芸能界に執着「していないですね」と断言

映画共演以来、平手と3人で兄妹のように親しい岡田(右)と志尊(左)。番組全体としては和気あいあいと笑顔が溢れた(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 Tomoko Yamashita/libre
映画共演以来、平手と3人で兄妹のように親しい岡田(右)と志尊(左)。番組全体としては和気あいあいと笑顔が溢れた (C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 Tomoko Yamashita/libre

 一方白石は占い師より「2017年にはもう乃木坂46を辞めたいと思っていたこと」、「完璧にやりすぎて本当の自分をずっと見失っていること」などをズバリ言い当てられた後、「何か知りたいことはありますか?」と聞かれ、「結婚とかって…」と自ら結婚について質問。

 すると、占い師の「芸能に執着していない」という指摘に「(執着)していないですね」と断言。「結婚して仕事辞めたいでしょ?」との問いにもハッと言い当てられた表情をし、「結婚したら家庭に入りたいなと思っている」と本音を語った。

 占い師は「(白石は)堀北真希さん(17年引退、当時28)と同じ星。結婚したら家庭に入る」と続け、さらに「髪を肩くらいまで切ると人生の波が良くなる。そうすると2022年に結婚する。30歳の年。もともと30歳くらいで結婚しようと思ってたでしょ?」と問うと、白石も「思っていました」とかなり具体的に近い将来の結婚願望も明かした。

「まいやん本当に髪切っちゃってる」

 平手より衝撃度の高かった白石のファンからは、「2022年ってもうすぐじゃん!」「立ち直れない」とショックを受ける声が続出。実際この占いを受けて、と断定はできないが時期的にちょうど白石が髪を切っており、「まいやん(白石の愛称)本当に髪切っちゃってるじゃん」との動揺も見られた。

エンタメ 新着一覧


五輪会場“酒類提供”めぐり芸能界に起こっていた怒りの連鎖
 東京五輪で、組織委が会場での「酒類販売」を検討していることに関しては、芸能界からも非難ごうごうだった。 「羽鳥慎一モ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
小川彩佳“理想のリコカツ”進行中 ×付き同性の共感もアップ
「ニュース23」(TBS系)キャスターの小川彩佳(36)が、医療ベンチャー、メドレー取締役で、夫の豊田剛一郎氏(37)と...
2021-06-24 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?
 さすが、阿部寛(57)主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系日曜夜9時)が、27日の最終回に向けてどんどん盛り上がっ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
“業火”に焼かれるべきは誰なのか ついに地獄の扉が開いた!
【ラサール石井 東憤西笑】#61  地獄の扉が開かれた。  東京五輪開催が既成事実となったのだ。今や中止などと主張す...
2021-06-24 17:03 エンタメ
麒麟・田村裕の“テンパり具合”が「コント55号」に重なる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】  麒麟の巻(2)  ◇  ◇  ◇    前回、麒麟の“聞く耳”を持つ柔軟性につ...
2021-06-24 17:03 エンタメ
天海祐希の人品骨柄を桃井かおり大絶賛 初共演でトリコに
 女優の桃井かおり(70)が、7月8日スタートの天海祐希(53)主演のテレビ朝日系木曜ドラマ「緊急取調室」の初回ゲストと...
2021-06-24 17:03 エンタメ
劇団俳優座「インク」 大衆の欲望と新聞の倫理の相克を鮮烈に活写
【演劇えんま帳】  1969年のロンドン・フリート街(新聞街)を舞台に、発行部数をめぐる新聞社間の熾烈な闘いを描いたも...
2021-06-24 17:03 エンタメ
熊田曜子、小倉優子、木下優樹菜…グラドル界の“レジェンド”3人が抱える難題
【芸能界クロスロード】 「グラビアアイドル」が定着したのは1980年代、野田義治氏が立ち上げた「イエローキャブ」の巨乳...
2021-06-24 17:03 エンタメ
映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”
 忖度しない映画プロデューサー、河村光庸氏が国にケンカを売った裁判で全面勝訴し、話題になっている。映画「宮本から君へ」の...
2021-06-24 17:03 エンタメ
さんまがマツコに激推し!息子が勤務するITベンチャーの将来性
 20日に放送された「週刊さんまとマツコ」(TBS系)で、明石家さんま(65)がマツコ・デラックス(48)とのやり取りの...
2021-06-24 17:03 エンタメ
椎名桔平&山寺宏一 50代2人の熱愛が比較されてしまうナゼ
「何とも言えないタイミングでの、熱愛発覚となってしまいましたよね」と苦笑いするのは、スポーツ紙芸能担当デスク。俳優の椎名...
2021-06-23 17:03 エンタメ
岡田健史ここまで覚悟!事務所独立問題は“改名騒動”に発展
 俳優・岡田健史(22)の事務所独立騒動が泥沼化するなか、岡田が新たなアクションを起こしていることがわかった。  岡田...
2021-06-23 17:03 エンタメ
堀ちえみさんを159回中傷 きっかけはスチュワーデス物語?
「私はドジでのろまな亀です」「教官!」「やるっきゃない」――。数々の名ゼリフが飛び出し、平均視聴率は約20%、最高視聴率...
2021-06-23 17:03 エンタメ
Koki,を襲う…本当にあった「撮影現場ホラーエピソード」
 木村拓哉(48)と工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が、映画初出演&初主演でスクリーンデビューする。K...
2021-06-23 17:03 エンタメ
「シェフは名探偵」新鮮な“ヒューマン・グルメミステリー”
【テレビ 見るべきものは!!】  西島秀俊主演「シェフは名探偵」(テレビ東京系)が始まった。料理する西島といえば、「き...
2021-06-23 17:03 エンタメ
駒沢公園で山口洋子の車椅子を押す野口修…晩年の老老介護
【芸能界と格闘技界 その深淵】#15  拙著「沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)の著...
2021-06-23 17:03 エンタメ