「ナポリそば」麺は茹でずにレンジでチン!パスタよりも簡単

コクハク編集部
更新日:2021-02-07 06:00
投稿日:2021-02-07 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生さんに、麺を茹でずにチンするだけで作れる簡単美味しい「ナポリそば」のレシピを教えていただきました。

トマト缶を加えるとコクが出る

合う酒=ビール、ハイボール、ワイン(C)コクハク
合う酒=ビール、ハイボール、ワイン (C)コクハク

 沖縄そばは“そば”といっても、そば粉ではなく中華麺で打ちます。それをケチャップで炒めた料理は、ケチャップ焼きそばといわれますが、まぁナポリタンです。取材と撮影を終え、出来上がりから40分ほど経過したナポリそばを口に運ぶと……。

「ウマい。全然のびていないし。パスタだったら、のび切っていて食えたもんじゃないぞ」

 一緒に試食したカメラマンが驚きました。冷めてはいても、麺はアルデンテのままです。なんで?

「そばを茹でないの。生麺の沖縄そばを買ってきたら、電子レンジで温めてから炒めればいいさ」

 生地から切り出された沖縄そばは湯がいて油をまぶしてから袋詰めされます。茹でずに済むのはそのためで、炒める時の水も不要だからそばがのびにくいんです。

「そばが冷たいと、麺に火が通りにくくて、ほかの具材を炒め過ぎる。レンジで温めるのは、手早く炒めるためさぁ」

 トマトの風味が深く感じるのは?

「具材を炒めたら、日本酒を回しかけるでしょ。ケチャップのほかに、トマト缶を加えると、コクが出るの」

 麺を茹でない分、パスタで作るより楽だし、断然、沖縄そばの方が美味しい。子供はご飯に、パパはツマミに。家族全員喜ぶ一品です。

材料

・沖縄そば 1玉
・スパム(豚小間)  100グラム
・タマネギ 4分の1個
・ピーマン 1個
・日本酒 少々
・ケチャップ 大さじ3杯
・トマト缶 大さじ2杯
・塩 少々
・コショウ 少々
・油 適量

レシピ

(1)沖縄そばを耐熱ボウルなどに入れて電子レンジで1分温めておく。
(2)タマネギは薄切り、ピーマンはヘタを取って細切り、スパムは1センチ程度の幅で短冊切りにする(豚肉は一口大に)。
(3)熱したフライパンに油を引いて、スパム、野菜の順に入れて炒める。
(4)スパムに火が通ったら日本酒を振る。
(5)3にケチャップとトマト缶を加え、素早く味を絡める。
(6)塩とコショウで味を調えたら出来上がり。

本日のダンツマ達人…宮良隆生さん

▽宮良隆生(みやら・たかお)
 沖縄県石垣島出身。お酒と音楽をこよなく愛し、店の2階には沖縄大衆芸能の開拓者で「てるりん」こと故・照屋林助さんの遺志を伝えるべく、「てるりん館東京」を開設。息子で三線職人の林次郎さんが館長で、不定期にライブや展示会が開かれる。

▽みやら製麺
 東京・上野の黒門小学校の南側にある沖縄そば店。麺は、八重山諸島で親しまれている八重山風の丸麺を毎日打っている。化学調味料を使わず、丁寧にとったダシは透き通っていて、「本場よりウマい」と評判。現在はランチ営業のみ。東京都台東区上野1―2―8。

関連キーワード

フード 新着一覧


さっぱり美味しい「うざく」 市販のウナギはタレを洗い流す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・日本橋の鰻串焼き居酒屋「心天」の林成さん...
「東京コロッケ」揚げたてのジャガイモはホックホクで熱々!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...