「フーチャンプルー」隠し味はお酒!麩がつるっとふわふわに

コクハク編集部
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生さんに、ご飯のおかずにもツマミとしても美味しい「フーチャンプルー」のレシピを教えていただきました。

麩の食感とウマ味がすごい!

合う酒=ビール、泡盛、焼酎(C)コクハク
合う酒=ビール、泡盛、焼酎 (C)コクハク

 沖縄以外のエリアで麩といえば、味噌汁やすき焼きの具にする程度で、脇役でしかありません。それが沖縄では、チャンプルーのメイン食材になります。ご飯のおかずでも、ツマミでも定番です。

「沖縄の麩は、水で戻すと、肉みたいなもっちりした食感になるから、炒め物に最適なの」

 本土の麩との違いは小麦粉に含まれるグルテンの含有量の差。多いのが沖縄の麩で、車麩と呼ばれます。沖縄のアンテナショップ・わしたショップなどで手に入ります。

「おいしく調理するコツは、水で戻した麩をよく絞ったら、生卵につけておくの。そうすると、ふわふわでおいしいフーチャンプルーになるさ」

 なるほど、キャベツやモヤシ、ニンジンなどの野菜と一緒に口に運ぶと、麩も豚肉のような食感です。卵コーティングのせいなのでしょう、麩もウマ味がスゴいんです。

「実は、普通は使わない酒を使うのがコツ。麩がつるっとふわふわした食感になるし、ウマ味も加わるんだよ」

 野菜は何でもOKで、家庭の野菜炒めに車麩をプラスするだけで簡単にできます。常備しておくといいですね。

材料

・車麩  半分
・卵  1個
・キャベツ  1枚
・モヤシ  2分の1袋
・ニンジン 4分の1本
・ニラ  2本
・豚肉  50グラム
・油  適量
・酒  大さじ3杯
・塩  少々
・コショウ  少々
・顆粒だし  少々
・醤油  少々

レシピ

(1)車麩を1センチ幅にちぎって水で戻したら、よく絞り、溶いた生卵に浸す。
(2)キャベツは適当な大きさにちぎって、ニンジンは千切り、ニラは3センチほどに切る。豚肉も食べやすい大きさに切る。
(3)熱したフライパンに多めの油を引いたら、豚肉を炒め、1の車麩を加える。サッと火を通し、豚肉に赤い部分が残っているところで取り出す。
(4)4種の野菜を炒めながら、大さじ1杯の酒を振る。
(5)4に3を加え、一つまみの顆粒だしをそのまま加える。少々の塩とコショウで味を調える。
(6)5に、顆粒だし少々を加えた大さじ2杯の酒を振って炒めながら、醤油を数滴回しかけてなじませれば出来上がり。

本日のダンツマ達人…宮良隆生さん

▽宮良隆生(みやら・たかお)
 沖縄県石垣島出身。お酒と音楽をこよなく愛し、店の2階には沖縄大衆芸能の開拓者で「てるりん」こと故・照屋林助さんの遺志を伝えるべく、「てるりん館東京」を開設。息子で三線職人の林次郎さんが館長で、不定期にライブや展示会が開かれる。

▽みやら製麺
 東京・上野の黒門小学校の南側にある沖縄そば店。麺は、八重山諸島で親しまれている八重山風の丸麺を毎日打っている。化学調味料を使わず、丁寧にとったダシは透き通っていて、「本場よりウマい」と評判。現在はランチ営業のみ。東京都台東区上野1―2―8。

関連キーワード

フード 新着一覧


「栃尾油揚げの納豆・キムチ挟み焼」空腹も満たせるおつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
夢の競演!「子持ちししゃもとフルーツトマトのアヒージョ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
「ひじきと豆腐の山椒炒め」スパイシーな味わいがたまらない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・代々木上原の「手打ち蕎麦と和食 楽」の長...
香りや食感まで美味しい「焼き長芋の酒盗、ホタルイカのせ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
無印良品で始める“ぬか漬け生活” 2021.4.30(金)
 子どものころは苦手だったけど、大人になると好きになる――。ぬか漬けはその代表的な食べ物ではないでしょうか。友人に勧めら...
「筍木の芽焼き」水煮のタケノコにタレで香ばしさをプラス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「白魚と根三つ葉の卵締め」出汁さえ丁寧に取れば3分で完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「イワシのかば焼きサラダ仕立て」ご飯にのせれば最高の丼に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
「空豆のチーズ寄せ」市販のプロセスチーズをチンして巻く!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木の日本料理店「器ながや」の北田昌利...
今度は「ペヤングW獄激辛」を食べてみた 2021.4.25(日)
 また、まるか食品さんがやってくれました。激辛シリーズ第3弾は、2020年2月に登場した「ペヤング 獄激辛やきそば」と2...
ビールのおつまみに最高!「肉ジャガのスパイシーコロッケ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
赤味噌とバターの絶品コラボ料理「鶏ジャガのバター味噌煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「サワラと季節野菜のみぞれあん」野菜は生のままでOK!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「ポパイエッグ」ホウレンソウをソテーして卵で包むだけ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
「豚肉のネギまみれ」ネギの辛味が豚肉のウマ味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の割烹「銘酒処 木曽路」の丸山陽三さ...
蔵前の出来立てほやほや名物! 2021.4.19(月)
「東京のブルックリン」などといわれる街、蔵前(台東区)。数年前からそう呼ばれることが多くなり、雑誌の街歩きやオシャレスポ...