「フーチャンプルー」隠し味はお酒!麩がつるっとふわふわに

コクハク編集部
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生さんに、ご飯のおかずにもツマミとしても美味しい「フーチャンプルー」のレシピを教えていただきました。

麩の食感とウマ味がすごい!

合う酒=ビール、泡盛、焼酎(C)コクハク
合う酒=ビール、泡盛、焼酎 (C)コクハク

 沖縄以外のエリアで麩といえば、味噌汁やすき焼きの具にする程度で、脇役でしかありません。それが沖縄では、チャンプルーのメイン食材になります。ご飯のおかずでも、ツマミでも定番です。

「沖縄の麩は、水で戻すと、肉みたいなもっちりした食感になるから、炒め物に最適なの」

 本土の麩との違いは小麦粉に含まれるグルテンの含有量の差。多いのが沖縄の麩で、車麩と呼ばれます。沖縄のアンテナショップ・わしたショップなどで手に入ります。

「おいしく調理するコツは、水で戻した麩をよく絞ったら、生卵につけておくの。そうすると、ふわふわでおいしいフーチャンプルーになるさ」

 なるほど、キャベツやモヤシ、ニンジンなどの野菜と一緒に口に運ぶと、麩も豚肉のような食感です。卵コーティングのせいなのでしょう、麩もウマ味がスゴいんです。

「実は、普通は使わない酒を使うのがコツ。麩がつるっとふわふわした食感になるし、ウマ味も加わるんだよ」

 野菜は何でもOKで、家庭の野菜炒めに車麩をプラスするだけで簡単にできます。常備しておくといいですね。

材料

・車麩  半分
・卵  1個
・キャベツ  1枚
・モヤシ  2分の1袋
・ニンジン 4分の1本
・ニラ  2本
・豚肉  50グラム
・油  適量
・酒  大さじ3杯
・塩  少々
・コショウ  少々
・顆粒だし  少々
・醤油  少々

レシピ

(1)車麩を1センチ幅にちぎって水で戻したら、よく絞り、溶いた生卵に浸す。
(2)キャベツは適当な大きさにちぎって、ニンジンは千切り、ニラは3センチほどに切る。豚肉も食べやすい大きさに切る。
(3)熱したフライパンに多めの油を引いたら、豚肉を炒め、1の車麩を加える。サッと火を通し、豚肉に赤い部分が残っているところで取り出す。
(4)4種の野菜を炒めながら、大さじ1杯の酒を振る。
(5)4に3を加え、一つまみの顆粒だしをそのまま加える。少々の塩とコショウで味を調える。
(6)5に、顆粒だし少々を加えた大さじ2杯の酒を振って炒めながら、醤油を数滴回しかけてなじませれば出来上がり。

本日のダンツマ達人…宮良隆生さん

▽宮良隆生(みやら・たかお)
 沖縄県石垣島出身。お酒と音楽をこよなく愛し、店の2階には沖縄大衆芸能の開拓者で「てるりん」こと故・照屋林助さんの遺志を伝えるべく、「てるりん館東京」を開設。息子で三線職人の林次郎さんが館長で、不定期にライブや展示会が開かれる。

▽みやら製麺
 東京・上野の黒門小学校の南側にある沖縄そば店。麺は、八重山諸島で親しまれている八重山風の丸麺を毎日打っている。化学調味料を使わず、丁寧にとったダシは透き通っていて、「本場よりウマい」と評判。現在はランチ営業のみ。東京都台東区上野1―2―8。

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...