春を運ぶ花「ストック」は幸運も運ぶ! 魅力や花持ちのコツ

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-02-10 06:00
投稿日:2021-02-10 06:00

根強い人気の春の花

今回のお花は「ストック」です
今回のお花は「ストック」です

 猫店長「さぶ」率いる、我がお花屋さんでは、春先になると欠かさず入荷する、昔から根強い人気のお花がございます。

 待ちきれないお客様が、水揚げ作業の途中からお買い上げになられるこのお花は、「色がキレイ!」「安い!」「この香り大好き!」と、特にご年配の女性にやたら大人気なのでございます。

 圧倒的にボリュームがあるのに、優しいお色が見た目のインパクトを和らげる、且つ、コストパフォーマンスが良いあのお花。

 さらに、冠婚葬祭やイベントには欠かせない、花屋さんの「花仕事」を底支えしてくれるステキなお花とはいかに?

 ということで、今回は「春を運ぶ ストック」の解説でございます。

ストックってどんな花?

春になると寝床の横でいつもこの花の匂いを嗅いでるぜ byさぶ店長
春になると寝床の横でいつもこの花の匂いを嗅いでるぜ byさぶ店長

 ストックは11月から5月あたりまで咲く、ヨーロッパ原産アブラナ科の「春」を連想させるお花でございます。

 いくつものたくさんの可愛らしいお花が、太い爽やかなグリーンの茎先にお行儀よくくっついている様子がなんとも華やか。

 花持ち・香りともによくできたお花。花言葉が、「永遠の美」とはよくいったもんです。

 八重咲きタイプもあれば、一重咲きタイプもあり。一本シュッとした風情のものや、いくつにも枝分かれしたものもあったりと、色・種類ともに豊富なラインナップでございますよ。つまりは、ストックが昔から変わらず根強い人気のある証拠ってことでござんすね。

 冬から春の終わりまで、花屋さんの店頭を長期間ずっと守り続けてくれるのが、このストック。手頃な価格でありながら、長生き。ボリューム満載で、色もピンクや黄色、白や紫と、濃淡をふくめたら選択肢がたくさんで、選ぶだけでも楽しくなってしまいます。

 また、切花としてはもちろんのこと、ガーデニングの商材としても、年末あたりからグーンと人気が出てきております。

 冬独特の重く暗い雰囲気を華やかな色と香りでパァっと変えてくれるのが、ストックのスゴいところ。なんといっても、開花する花が少ない冬の時期に、バッチリ高い背丈で色鮮やかな花壇を演出してくれるナイスな心意気に、ワタクシたちはもっと感謝すべきでございますよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...