自由奔放が長寿の秘訣? 森の妖精“フェアリーピコ”の育て方

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-12-16 06:00
投稿日:2020-12-16 06:00

一発で撃ち落とされたワタクシ

シクラメンですか?これは。
シクラメンですか?これは。

 さかのぼること、数年前の年末のある日……。

 花市場を徘徊していたワタクシは、市場関係者の鉢物担当のお兄様たちに「姉さん!」と、突然取り囲まれたことがございました。

「借金返済の催促?!」と怯んだワタクシに、「とびきり上等のブツが入りましたぜ! 見て行ってやってくだせぇ!」と、お兄様方が揃って大合唱。

 無理やり連れられて行った先には、見たこともない花鉢が鎮座しておりました。

 まるで大きなご飯茶碗にパンパンに盛り付けられた、白米のような形の「葉」。”てんこ盛り白米”の「葉」の上を覆い隠すようにワイワイ飛び回っている、ピンク色の服を着たティンカー・ベルのような無数の小さな「花」。

自由奔放さが美しいシクラメンの新種

“てんこ盛り白米”からなんか飛んでる。
“てんこ盛り白米”からなんか飛んでる。

ワタクシ 「なんだかシクラメンに似ているわね」
お兄様方 「そうなんです。神奈川の育種農家さんが作出のこの新種のシクラメンは、これまでの概念を覆しちまうようなシロモノなんでござんすよ。」

ワタクシ 「へぇ~、随分カワイイけどおいくら?」

お兄様方 「◯◯円です」

ワタクシ 「高っ! 冗談じゃねぇわ!」

 と言ったものの、どうにも気になったワタクシは結局、お店に連れて帰ってきました。

 ……結果、店内滞在時間わずか2時間。超ハイスピードで、高額シクラメンはお嫁に行ったのでございます。

 初めて見たお客様をも一発でしとめる、罪な可愛らしさ。無数のティンカー・ベルが勝手に飛び回っているように咲いているシクラメンって、気になりますわよね~。

 ということで、今回は「見かけによらず恐ろしくご長寿よ、フェアリーピコ」の解説でございます。

一期一会の花「フェアリーピコ」

同じ種類なのに株が違うと何もかも違っちゃう 
同じ種類なのに株が違うと何もかも違っちゃう 

 数年前から流通しております、プロペラ咲きのミニタイプのシクラメンが、「フェアリーピコ」をはじめとした「フェアリーシリーズ」でございます。

 “まるで妖精が飛んでいるように見える”ことから名付けられた、森の妖精「フェアリーシリーズ」。年末のお歳暮シーズンの主力商材の一つ「シクラメン」の中でも、ひときわ異彩を放っております。

 近年では多くの栽培農家さんの努力のおかげで、ワタクシが「高っ!」と叫んだ頃よりも、ずっとリーズナブルな価格帯になりました。

 リバーシブルタイプの花は、上から見ても横から見ても覗き込んでもなんともユニーク。

 一重のものや八重のものと、花姿もさまざま。同じ種類でも、花びらの開き方もお色も、まるで勝手。

 めちゃくちゃ個体差があるので、株ごとに花の模様が違っちゃう。

 そして、本来のシクラメンの花は株の真ん中に集中して集まるように「葉組み」という作業が必要なのでございますが、大半の「フェアリーシリーズ」は、咲く場所も自由奔放。

 お色も勝手、咲き方も勝手、咲く場所までも勝手。

「”フェアリー”ではなく”小悪魔”でお間違いではございませんか?」と思ってしまいますが、葉を全体的にまるで包み込むように不思議と優しく丸くふんわりと咲いているのを見ると……やっぱりフェアリーですかね(^▽^)

 個体差のある「フェアリーシリーズ」は、たくさんあればあるほど、それぞれ違う顔をしております。

 まさにそれは、ステキな「一期一会」でございます。同じものは二つとございません。

可愛い顔してとてつもなくご長寿

「まほろばの里」ってどんな里ですか? by さぶ店長
「まほろばの里」ってどんな里ですか? by さぶ店長

 毎年大量に仕入れる「フェアリーシリーズ」でございますが、一度ご購入なさった方は次の年も必ずと言っていいほどリピートされます。なぜなら、管理が楽な上に、恐ろしく長い期間、咲き続けるからなのでございます。我がお店にあったサンプルは、8月まで咲いておりました。そして、良い株であればあるほど、夏越しができれば再びツボミを蓄え、咲いてくれるのでございます。

ロングライフの5つのポイント

1. 日当たりは絶対!太陽の光を浴びなきゃイジケます。

. 温風を浴びたらイチコロでぐったり。暑いのはダメですわ~。20度超えたら相当イヤです。

咲き続けるにはご飯を食べなきゃ頑張れないわ。土の上に置く置き肥は1〜2カ月に一度、水に薄めた液肥なら毎週でもいただきたいです。

お水は大好き。でも葉や花の上からお水をあげるのはやめてね。腐っちゃうから、土に直接かけてくださいませ。

寒いのは大丈夫。室外でもそこそこ平気。でも、雨や雪が直接当たるとか霜が降りるとかは怖いですわ。球根ですから、凍っちゃうくらい寒いのはダメですわ。

フェアリーシリーズで素敵なおうち時間を

 管理場所のおすすめは出窓やお玄関、日当たりの良い廊下など。運気の入口でもある出窓や玄関は、そういった意味でも最適。

 また、「シクラメン」はそもそも恋愛や出会いの運気を底上げすると申します。

 特に、「フェアリーピコ」をはじめとした「フェアリーシリーズ」は、恋愛運爆上がりの色「ピンク」と「白」の組み合わせがほとんど。

「純白」の「フェアリーピコ」は、ぜひお玄関に。邪気払いと悪縁を遠ざける「白」の力を借りて、年末年始、アナタのお家にラッキーを呼び込んでくださいませ。

 今年も残すところあと半月。穏やかな「おうち時間」を過ごすのに、花はマストアイテムでございます。

 風邪をひくことなく、元気にアナタが年末の忙しさを乗り切れますことを、遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「正論振りかざす」覚悟とリスク 相手を殴りたい時に放つ!
 みなさんは、正論を言われて「うっ……」となったことありませんか? その逆を経験した人もいるかもしれません。  0:1...
【3COINS】雑貨3選! 白マットで「プチ模様替え」に成功♡
 3COINSのインテリア雑貨は、かゆいところに手が届くアイテム揃い! ほかの雑貨屋で購入したら、数倍の値段がしちゃいそ...
“たまたま”は知っている!おやつをくれるニンゲンの見分け方
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
加齢たるたるのあるある<1>目の下のたるみは立派な現代病
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ワイルドフラワーって何?「キングプロテア」はお値段以上♪
 そこにあるだけで気分をアゲてくれる不思議な植物がございます。ワタクシに霊感なんてものがあるわけではございませんが、あた...
「兄ちゃんはバツイチだから」ザ・塩対応!おもしろLINE3選
 世間には、いろいろな性格の人がいます。その中でも塩対応な性格の人は相手の態度に関係なく、驚くほどそっけないですよね(笑...
超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...