浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-02-26 06:00
投稿日:2021-02-26 06:00
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自然消滅、モラハラ……などが原因で、恋愛に対するトラウマを持ってしまう人はたくさんいます。そこで今回は、トラウマによる影響や、克服する方法をご紹介します。ぜひ、この機会に元カレの無駄な置き土産を、取っ払ってしまいましょう!

恋愛にトラウマを抱えるとどうなる? おもな影響

過去の恋愛が深い傷に(写真:iStock)
過去の恋愛が深い傷に (写真:iStock)

「誰でも1つや2つ、辛い恋はあるでしょ?」そんなふうに思う人は多いでしょう。しかし、恋愛でトラウマを抱えると、その後の恋愛観がガラッと変わってしまう可能性があるんです。

男性を心から信用できず、疑ってしまう

 浮気や二股をされたなど、元カレに裏切られた経験がある女性は、男性を心から信用できなくなってしまいがちです。

 現在の恋愛がうまくいっていたとしても、「いつかまた浮気されるかも」と彼を疑い、不安な気持ちが募ってしまいます。中には、こっそり彼のスマホをチェックしたり、過度に束縛をしてしまう人も。そして、こういった行動が原因となって関係がうまくいかなくなり、「ほら、やっぱり裏切る」と思い、さらに男性不振に……と、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

自分に自信が持てなくなる

 恋愛をするうえで、ある程度の自信は大切なものです。しかし、過去の辛い恋愛経験はすべて自分のせいだと思い込んでしまい、自分に自信が持てなくなってしまう人もいます。

 特に、元カレに心ない言葉を言われた経験がある方は、その言葉がフラッシュバックして「こんな自分だからダメなんだ」など、自己否定をしてしまいがちです。

恋愛自体に拒否反応が出てしまう

 過去の恋愛でトラウマを抱えてしまうと、「もう、あんな思いはしたくない」と恋愛に対して拒否反応が起こってしまう場合もあります。中には「異性と接することが怖い」「気持ち悪い」と、男性そのものを拒否してしまう人もいるようです。

恋愛のトラウマを克服する4つの方法

心の中を書き出して(写真:iStock)
心の中を書き出して (写真:iStock)

 恋愛のトラウマを克服するのは、なかなか難しいことです。どんなことが起こったのか、どのくらい傷ついたのかは人によって違うため、「確実に克服できる」という方法は、きっとありません。でも、どうにかしたいと思うこと自体が、克服への第一歩! 以下の方法を試してみましょう。きっと、なんらかのヒントになるはずです。

1. 心の中を紙に書き出してみる

 恋愛にトラウマを抱えてしまうと、原因となった恋愛自体を封印してしまいがち。だからこそ、「あの時、自分がどんな気持ちでいたのか」「どんなことが嫌だったのか」「どうしたら解決できたのか」など、心の中を紙に書き出してみましょう。

 客観的に見ることで、たとえば「彼も若気の至りだったのかな」「私もこんなところが悪かったのかな」ということに気づけたりして、頭の中が意外とクリアになるものです。

 それに続いて、「今度はこんな相手と付き合いたい」「こんなデートをしてみたい」など、恋愛へのポジティブな感情についても書いてみましょう。将来の恋愛への希望が、湧いてくるはずです。

2. 恋愛に急がず、自分磨きを行う

「◯才までに結婚したい」という人生設計があったり、友達に彼氏ができたりすると、つい焦ってしまいがちですが、恋愛に気持ちが向いていないのであれば、無理に急ぐ必要はありません。

 そんな時は、たくさんの人と出会い、毎日を楽しく過ごすことに重きをおきましょう。一歩引いた視点で男性を見ると、性格や価値観が合うかどうかを見極めやすくなりますし、恋愛対象ではない男性に対しては自分の意見を伝えやすいため、トラウマを克服するリハビリになるはずです。

 また、その間、自分のために自分磨きをするのもおすすめ。特に過去の恋愛で自信がなくなってしまった人にとっては、そんなトラウマを解消する手立てになるかもしれません。

3. 好きな人を信じる努力をしてみる

 過去のトラウマのせいで、好きな人を疑ってしまう……と悩む人は多いです。でも、そんな人こそ、今、好きな人を信じる努力をしてみましょう。

 当たり前のことですが、今、目の前にいる彼は過去の彼とは別の人です。そして、過去の自分も、今の自分とは違います。些細なことで疑ってしまったり、不安に思う時には、できるだけ客観的に今の自分を見てみましょう。そうすることで、「この場合は、疑う必要なんてない」と理性的に考えられて、苦しい気持ちを鎮めることができますよ。

4. カウンセリングなどプロの手を借りるのもあり

 人によっては、過去の恋愛のトラウマによって長年苦しめられてしまう人もいます。「異性が怖い」など深刻な状態に陥っているのであれば、カウンセリングなどプロの手を借りて克服を目指してみるのもおすすめです。

 当然、カウンセラーをしてくれる人は他人であり、その道のプロですから、冷静に話を聞いて解決案を提案してくれたり、良い方向へと導いてもらうことができるでしょう。

トラウマで傷ついた過去は変わらない! 一歩踏み出してみて

一歩踏み出したらきっと幸せになれる(写真:iStock)
一歩踏み出したらきっと幸せになれる (写真:iStock)

 恋愛によるトラウマはとても辛いものですが、逆を返せば、相手を本気で好きだったからこそ起こるものでしょう。しかし、過去の恋愛にその後の人生まで振り回されるのは、なんだか悔しいですよね。

 だからこそ、トラウマのせいで男性を信用できなくなったなら、今の彼を思い切り信用する努力をしてみる。自信が持てなくなったなら、頑張って自信を持てる自分になる、など、逆のことをしてみてはいかがでしょうか? そうすることで、過去の自分の辛い経験を消化することができ、いつの間にかトラウマを克服できるようになると思います。

 ぜひ、一歩踏み出して幸せな恋愛をしてくださいね!

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ