コロナ禍でデートが激減…気を引きたくて浮気を匂わせる女

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-19 06:16
投稿日:2020-12-19 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、恋人の気を引きたくて、つい別の男性の存在を匂わせてしまう女性の苦悩をお届けします

交際1年3カ月でも結婚の話をしてくれない

プロポーズを待っているのに(写真:iStock)
プロポーズを待っているのに (写真:iStock)

 Rさんは20代後半で、容姿端麗なモテ系の女性。今の恋人とは、交際1年3ヶ月で、将来的には結婚したいと考えているそうです。恋人のYさんは、Rさんから見て、いわゆる「ドンズバ」な男性で、外見も性格も申し分のない理想の恋人だとか。

「Yとは、仲間が開催したBBQで知り合いました。最初に見たときから、いいなと思っていたので、その日のうちに彼からLINEを聞かれたときには、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 LINE交換してからデートに至るまでも順調で、付き合おうってなるのも早かったですね。

 だけど、交際1年記念日をすぎてもまだプロポーズしてくれないことに、ちょっとイライラします。

 お付き合いを始めた当初には、『1年くらい付き合ったら、結婚しようか』って話していたくせに、今月で交際1年3ヶ月になるのに、結婚の“け”の字も彼の口からは出てきません」

放置されてついしてしまったこと

「テレワークになってから忙しい」の言葉に不信感(写真:iStock)
「テレワークになってから忙しい」の言葉に不信感 (写真:iStock)

 東京に暮らすRさんとYさんは、2020年にはコロナ禍の影響を大きく受けました。IT企業で働くYさんはテレワークがメインになった一方、販売職をしているRさんは、出勤がベース。コロナ禍になる前には、仕事が終わってからデートをすることも多かったふたりですが、Yさんがテレワークになってからは、デートの回数が激減したのだそうです。

「テレワークをしているから、わざわざデートのためだけに、家を出るのは避けたいっていうYの気持ちも理解できます。

 でも、私の仕事が休みの日くらいは私のために時間を作ってくれてもいいと思うんですけど、最近のYは『テレワークになって、むしろ仕事が忙しくなった』と言って、なかなか会おうとしてくれないんです」

 LINEでの連絡は頻繁にとっているものの、デートの頻度は1ヶ月〜1.5ヶ月に1回にまで下がっているとぼやくRさん。あまりにもほったらかしにされていることに腹が立ち、最近では、恋人に対して、思わず別の男性の存在を匂わせてしまうことが増えたのだと言います。

匂わせ発言がアダに…

食事くらいならいいかも(写真:iStock)
食事くらいならいいかも (写真:iStock)

「Yはもともと、独占欲もなければ束縛も全くない彼氏です。だから、私のことを本当に大事だと思ってくれているのかも、ちょっとわかりにくいところがあります。

 それでも、今まではデートをしていれば愛情を感じられたんですが、最近は会う機会が減っているから、Yの気持ちがわからなくなることが多くて……。

 そのうえ、私は自分で言うのもなんですけど、結構モテるほうなので、同じ職場の別のテナントさんにいる男性から、デートに誘われることも多いんですよ。

 今までは、Y一筋だったので、そういう誘いは全部断っていましたが、あまりにもYが放置するなら、食事くらいいいかなって気にもなっています。

 それで、そんなイライラをYについぶつけてしまい、別の男性の存在を匂わせるようなことを、いけないと思いつつも言ってしまうんです……」

 自分でも「これは言うべきではない」とわかっているけれど、恋人のYさんにもっと大事にしてもらいたくて「モテる自分」をアピールしてしまうと言うRさん。

 しかし、そんなことばかり口にしているうちに、Yさんの態度がどんどん素っ気なくなったようにも思え、関係が悪くなっているように感じるのだそう。

自業自得だとはわかっているけど

ただもっと気にかけてほしいだけなのに(写真:iStock)
ただもっと気にかけてほしいだけなのに (写真:iStock)

「自分で撒いた種と言われればそれまでなんですけど、私がそういうことを言いすぎたのか、Yの冷たさが増した気がするんです。私は、Yのことが大好きなので、気を引きたくて、つい言ってしまっただけなのですが、ひょっとしたらYにはその真意が伝わっていないかもと思うと不安です。

 でも、今さら『気を引きたくて、わざと言った』って伝えても、呆れられるだけでしょうし、浮気を匂わせるようなことも何度か言ってしまったから、誤解されていても文句は言えないのかも……。

 でも、今のYには『実は』なんて本当のことを言い出せる雰囲気じゃなく、日に日に冷たさが増していて、どうしたらいいのかわかりません」

 浮気をした事実はなく、言い寄って男性がいるのは事実ながらも、Yさんの気を引きたくて大袈裟に話を盛ったと言うRさん。恋人の気を引いて、ラブラブムードを取り戻したかっただけだそうです。しかしその真意は、恋人であるYさんには届いていないようで……。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ