誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-08 06:00
投稿日:2021-03-08 06:00
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸せになれそう」って思えますよね♡
 でも、誠実な男性とお付き合いするには、彼が誠実かどうかを見極めるだけでなく、女性として選ばれるための準備が欠かせません! そこで今回は、誠実な男性の見分け方や女性として磨いておきたい部分をご紹介します♡

誠実な男性の見分け方は? 5つの共通点

誠実な人って、ほんとにいるの?(写真:iStock)
誠実な人って、ほんとにいるの? (写真:iStock)

 あなたの周囲にも、きっとたくさんの誠実な男性がいると思います。でも、それを見抜く目がなくては意味がありません。そこで、誠実な男性に共通する点をご紹介します。身の回りの男性から、じっくり観察してみましょう!

1. 人によって態度を変えない

 人によって態度を変える男性は、人の目を気にしたり、人を選んだりしています。そもそも、“誠実”とは、「私利私欲を交えず、真心をもって人や物事に対する」こと。人を選んでいる時点で、私利私欲を優先していると言えるでしょう。そのため、周囲の人にどう接するかで、誠実かどうかを見抜くことができます。

2. 時間や約束を守る

 誠実な男性は、人に真心を持って向き合います。時間を守るのは、相手の貴重な時間を大切に思えるから。そして、約束を守るのは、信頼関係を何より大事にしているからです。そう考えると、いつも遅刻をしたり、ドタキャンをするなど、時間や約束を守れない男性は誠実だとは言えないかもしれません。

3. 陰の人に感謝を忘れない

 どんな相手にも誠実に向き合える男性は、陰の人にこそ感謝を忘れません。輝いている表舞台の人の陰には、人知れず支えてくれている人がいるもの。仕事なら、目立たない役回りをしてくれた人、飲み会でも幹事をしてくれた人などに丁寧にお礼をしている男性がいたら、誠実な人だと思って間違いないでしょう!

4. 家族を大切にしている

 誠実な男性は、家族を大切にしている人が多いです。家庭環境にもよりますが、もし家族をないがしろにしている男性がいれば、将来結婚した時にもそういった態度をとられる可能性があります。母の日や家族の誕生日などを忘れずにお祝いしているような男性がいれば、誠実な人である可能性が高いです。

5. 自分の意見がはっきりしている

 人を大切にする誠実さを持っている人は、人の意見に流されません。相手にとって良くないと思ったらきちんと意見します。また、ほかの女性に誘われても、きちんと断る勇気を持っています。

 逆に、人の意見に合わせる八方美人な男性は、一見印象は良いのですが、いざという時に浮気されてしまうかもしれません。

誠実な男性にアプローチされたい! 選ばれる女性になるには?

誠実なタイプはお互い惹かれあう(写真:iStock)
誠実なタイプはお互い惹かれあう (写真:iStock)

 誠実な男性を見抜けたとしても、その男性に“恋愛対象”として見てもらわなければ、幸せな恋は叶いませんよね。そこで、誠実な男性が選ぶ女性像をチェックしておきましょう!

1. 誠実な女性

 誠実な男性は、同じように誠実な女性と恋に落ちることが多いです。どんなに男性が誠実でも、女性側が浮気をしたり、嘘をついていたりすれば、幸せな恋愛はできないでしょう。まずは、自分が人を大切にする“誠実さ”を身につける必要があります。

2. 愚痴の少ない女性

 人を大切にする誠実な男性は、愚痴ばかりの女性があまり好きではありません。同じように、人に感謝の心を持って接することができる人に惹かれる傾向があります。愚痴が多いと自覚している人は、少しずつ減らしてみましょう。

3. 自立した女性

 誠実な男性に選ばれるには、1人の自立した女性になることも大切。男性に依存したり、すべてが彼色に染まってしまうのではなく、確固たる“自分”を持つことが大切です。

 趣味や考え方、特技など、「自分はこれ!」という芯を持った女性は魅力的です。本当の幸せな恋愛は、自立した個人同士の間にしか育まれないもの。誠実な男性は、そういった魅力を見抜くのがとても上手なんですよ。

4. 努力家の女性

 男性が恋に落ちる瞬間は、女性の横顔を見ているものです。何かに一生懸命に努力する姿は、とても美しいですよね。特に、誠実な男性は“陰の人”までよく観察しています。一生懸命頑張っていれば、必ず見てくれているはず。誠実な男性は、お互いに成長できる相手を好むのです。

そもそも誠実な男性とはどこで出会える?

ボランティアには誠実な人が多い?(写真:iStock)
ボランティアには誠実な人が多い? (写真:iStock)

 誠実な男性になかなか巡り合ったことがないという人は、思い切ってボランティア活動などに参加してみると良いかもしれません。無償で人のために時間を惜しまず尽くせるという行為は、不誠実な男性にはできないはずです。

 また、ボランティアで誠実な友人ができれば、その友人も誠実な人であることが多いので、紹介してもらうというのもひとつの方法! そういった新しい世界に足を踏み入れてみるのも、新鮮な体験になるはずですよ♡

誠実な男性に釣り合うように自分を磨こう♡

 誠実な男性は、自分の中で決めたルールや信念に沿って行動しています。だからこそ、口先だけで彼を口説こうとしてもうまくはいきません。まずは、自分自身をより魅力的に磨いて、彼のルールの中の“魅力的な女性”になれるよう、努力してみてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ