コロナ禍の今が動き時!? オンライン出会いのメリット6選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-17 06:00
投稿日:2021-02-17 06:00
 コロナウィルスにより、さまざまな不安を抱えている人は多いでしょう。特に、おうち時間が増えた今、恋人がいない人は寂しさが増しているのではないでしょうか。しかし、今の時代はネットがあれば、自宅にいても出会いを探すことができます。そこで今回は、オンライン出会いのメリットと、今だからこそ動いた方がよい理由をご紹介します。

コロナ時代でも出会える! オンライン出会い6つのメリット

出会えないような人と出会えるメリットも(写真:iStock)
出会えないような人と出会えるメリットも (写真:iStock)

 オンラインによる出会いというと、「モテない人が利用するもの」「怪しい人がいそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、それは固定概念でしかありません! ネットが当たり前の今、オンライン出会いのメリットは大きいですよ。

1. ネットだからこそ、視野を広げられる

 自由に外出できていた頃は、街コンや婚活パーティーなどに参加し、出会いを求めていた人は多いでしょう。

 しかし、こういった出会いというのは意外と視野が狭くなるもの。たとえば、参加パーティーを選ぶ際には、相手の年齢や職業、年収、住んでいる場所などの条件をチェックしてしまい、知らず知らずのうちに出会いの可能性を狭めている人も多かったはずです。

 その点、オンラインの出会いであれば広い視野で見ることができるため、出会いの可能性を広げることができます。

2. 普段の生活の中では出会えない人と出会える

 彼氏がほしいと思いながらも、「出会いがない」とボヤいていた人の中には、王子様が突然現れると期待していた人も多いでしょう。

 しかし、普段の生活で出会う男性には限りがあるため、そんな王子様は滅多に現れません。その点、オンラインの出会いであれば、出会うはずのなかった人にも出会うことができるメリットがあります。

3. 文章のやり取りから、相手を見極められる

 ネットによる出会いというと、「仲良くなって、実際会ったらがっかりしそう……」と心配している人も多いでしょう。確かに、会わなければわからないことってありますよね。

 しかし、文章のやり取りだからこそ、わかることもたくさんあります。注目してみると言葉の選び方や会話の内容、やり取りの間隔などから、居心地の良い相手かどうかを会う前に見極めることもできるでしょう。

4. ネットの出会いだからこそ、内面重視になる

 あなたは男性を見る時、何を重視しますか? 中には、「見た目」という人もいるでしょう。確かに、イケメン、美人であることに越したことはありませんが、見た目だけで好きになって交際した場合には、相手に過度に期待をしてしまいうまくいかないケースも多々あります。

 結局のところ、順調な交際を続けるためには内面が重要。ネットでの出会いはどんなに写真をやり取りしていたとしても内面で判断することになるため、実は、交際に至った際にもうまくいくことが多いそうですよ。

5. リモートデートでドキドキ感も味わえる

 コロナで自由に外出ができないため、せっかくネットで良い出会いを見つけても「デートができないし……」と思っている人も多いでしょう。確かに、順調なやり取りが続いていても、初デートはまだまだ先になるかもしれません。

 しかし、今はリモートデートができます。画面越しではありますが、実際に会ったことのない相手だからこそ、思いのほかドキドキ感を味わうことができるでしょう。

6. 恋愛経験が少ない人も、コミュニケーションが取りやすい

 出会いを求めている人の中には、「恋愛経験が少ない」という人もいるはず。そんな人は、「ネットを利用しても、うまくコミュニケーションが取れないかも」と心配しているかもしれませんね。

 でも、オンラインの出会いは、恋愛経験が少ない人やコミュニケーションが苦手な人にとっても、最適な出会い方とも言えます。なぜなら、文章でのやり取りで、自分のペースで無理なくコミュニケーションがとれるため。目の前に本人がいる訳でもありませんから、緊張せずに素の自分で接することができますよ。

「彼氏がほしい!」ならコロナ禍の今が動き時? 2つの理由

時間に余裕ができたコロナ禍の今こそ(写真:iStock)
時間に余裕ができたコロナ禍の今こそ (写真:iStock)

 寂しい気持ちを抱えながらも、「今はコロナで動けない」と考える人もいます。確かに、実際に自由に出かけたりするのは、まだまだ時間がかかるかもしれません。しかし、今だからこそオンラインを通じた出会いには、魅力があるんですよ。

1. 人恋しさが増し、出会いを求めている人が多い

 恋人がいなくても、「そのうち、婚活をすればいいや」と、気長に考えていた人もいるでしょう。こんな状況になるなんて誰も想像していませんでしたから、思いもよらない今の状況に寂しさや焦りを感じる人も多いようです。しかし、そう思っているのはあなただけではありません。

 特に一人暮らしだと、家で過ごす時間が多くなるほど人恋しさが募るため、出会いを求める人が増えています。ネットで出会いを探す人が増えるということは、それだけ選択肢も増えますし、可能性が高まるということです。

2. 時間があるから、余裕を持ってやり取りができる

 しばらく恋愛から遠ざかっていた人の中には、「仕事が忙しいから」と考えていた人もいるでしょう。

 しかし、コロナにより働き方が変わってきた今、プライベートの時間が増えた人は多いはずです。時間や余裕がある今だからこそ、恋愛に時間を割くことができ、相手と向き合うことができるのではないでしょうか。

コロナでもオンラインでの出会い方はある! メリットを上手に利用して♪

ステキな出会いがありますように(写真:iStock)
ステキな出会いがありますように (写真:iStock)

「恋人がほしい」と思っているのに、積極的に動くことができず、「コロナだから……」と言い訳している人も多いでしょう。しかし、今の時代、ネットがあれば家の中でも出会いを見付けることは可能です。今だからこそ、積極的に新しい出会いを探しにいってみてはいかがでしょうか?

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ