状況別“好きな人の忘れ方”!片思いの未練を断ち切るには?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-07 06:00
投稿日:2021-02-07 06:00
 心がときめくような楽しい恋もあれば、胸が締め付けられるような切ない恋もありますよね。中には、なんらかの事情で「好きな人を忘れなければならない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、「好きな人の忘れ方」をご紹介していきます。

辛い気持ちにサヨナラ! 状況別「好きな人の忘れ方」

忘れなきゃいけないのはわかってる(写真:iStock)
忘れなきゃいけないのはわかってる (写真:iStock)

「好きな人を忘れる」と言っても、既婚者を好きになってしまったり、職場恋愛禁止なのに同僚を好きになってしまったりと、状況は人それぞれ。そこで、「好きな人の忘れ方」を5つの状況別に解説するので、自分の状況に合わせてご覧ください。

1. 恋人と別れて未練がある場合

 別れた恋人に未練がある状態であれば、まずは、思い出の写真や動画を消して、相手のことを思い出してしまう状況から抜け出しましょう。また、スマホで常に相手とつながれる状態だと連絡をとりたくなってしまうので、LINEの履歴削除や、SNSのフォロー解除をするのもいいでしょう。

 もらったプレゼントを処分するのも有効です。「今までありがとう」と声をかけながら思い出を手放すことで、気持ちの整理がつきやすくなるはずです。

2. 職場の人を好きになってしまった場合

 職場の人を好きになってしまったら、誰かに相談しづらいうえ、毎日顔を合わせるのも辛いもの。職場恋愛禁止ならなおさらでしょう。社内でつながりがあるうちは連絡先を消す訳にはいかないでしょうから、これまでと行動を変えてみるのはいかがでしょうか。

 いつも使っているエレベーターを階段にしてみたり、食堂で食べているお昼をコンビニ弁当へ変えてみたり。些細な変化ではありますが、これまでと違った景色を見れば、執着している気持ちをリセットしやすくなるかもしれません。

 また、新しい趣味を見つけて、別のコミュニティへ所属するのも得策です。趣味に没頭している間は好きな人を忘れられますし、この行動が次の出会いへとつながるかもしれません。

3. 相手が既婚者だった場合

 相手が既婚者だった場合も、まずは連絡先を消すのがベストでしょう。いつでも連絡が取れる状況があると、だらだらと未練を抱いてしまいがち。辛い状況だと思いますが、「もっと素敵な人がこれから現れるはず」と信念をもって、新たな恋へと舵を切ることが大切ではないでしょうか。

 既婚男性の持つ大人の魅力や包容力に惹かれたというのであれば、思い切って婚活パーティーなどに参加し、年上の男性とお話ししてみるのもいいかもしれませんね。

4. 自分が既婚者だった場合

 もしもあなたが既婚者で婚姻関係のパートナーとは別に好きな人がいるなら、その人とのつながりを完全に絶つのがベスト。連絡先やSNSなど、コミュニケーションを取れるツールはすべてブロックし、その人と会いそうな場所も避けましょう。

 また、本来の夫婦関係を見直すことも大切です。長く一緒にいると「家族」という感覚が染みつき、「恋人同士」の時のようなときめきを感じにくくなってしまうことも。そんな時は、結婚当初の思い出の場所に2人だけで訪れてみるのはいかがでしょうか。日常生活を一旦忘れてデートをすれば、もう一度恋人の頃のように愛情を思い出せるかもしれません。

5. 長い片思いを諦めたい場合

 フラれた訳ではないものの、長く片思いをしていて叶う見込みが無さそうな場合は、新しい恋を探すのが1番の近道でしょう。無理に好きな人を忘れようとするのではなく、これまでとは違う趣味を始めたり、異性が多く集まるイベントやボランティアに参加したりと、自分が興味を持てる世界を広げてみましょう。

 また、長く片思いをしている方は、すでに自分の好きなタイプが明確と考えることもできるので、結婚相談所やマッチングアプリなど、異性と出会えるサービスの利用を選択肢に入れてみるのも良いですね。

未練を断ち切るおまじないはある?

縁切り神社で未練を断ち切る(写真:iStock)
縁切り神社で未練を断ち切る (写真:iStock)

 もし、未練を断ち切りたいとおまじないの方法を探しているなら、「縁切り神社」を訪れてみてはいかがでしょうか? 縁切り神社とは、“悪い縁を断ち切るご利益のある神社”のことで、全国各地に点在しています。

「縁を切る」と聞くと少し怖いイメージを抱くかもしれませんが、一般的には、“良くない縁を切ることで、良い縁が巡ってくる”と考えられています。祈願の方法は各神社によって違いますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

辛いけれど、好きな人を忘れて次のステップへ

気持ちに余裕が出来たなら(写真:iStock)
気持ちに余裕が出来たなら (写真:iStock)

「なんとかして好きな人を忘れたい」と思っているのになかなか忘れられない時、焦ってしまう気持ちは分かります。しかし、そこで無理に忘れようとしてしまうと、余計に忘れられなくなるという悪循環に陥ってしまうことも。

 あまり良い状況ではなかったとしても、こっそり心の中で想い続けるのは自由です。次に好きな人ができるまでは、時間に身を任せてゆったり気持ちを休めてみてもいいかもしれません。そして、気持ちに余裕ができたら、この記事に書いてある方法をぜひ試してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ