恋が続かない…恋愛下手女性に見られる共通点&脱出する方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-16 06:33
投稿日:2021-03-16 06:00
「彼氏がほしい」と思っているのになかなかできなかったり、恋人ができても短期間で恋愛が終わってしまう恋愛下手な女性がいます。これでは、せっかくのチャンスを見逃してしまいますし、いつまで経っても幸せな恋愛を掴むことはできないでしょう。今回は、そんな恋愛下手な女性に見られる共通点や、恋愛下手から脱出する方法をご紹介します。

恋愛下手な女性に見られる6つの共通点

どうして上手くいかないの?(写真:iStock)
どうして上手くいかないの? (写真:iStock)

 女性の中には、たとえモテていても恋愛がうまくいかない人がいます。そんな人は、“恋愛下手”かもしれません。まずは、彼女たちにはどんな共通点があるのか、チェックしてみましょう。

1. 自分に自信がない

 恋愛が上手くいかない人の多くは、自分に自信がありません。そのため、「いいなぁ」と思う人ができても、自分からアプローチすることができないのです。

 自分に自信がなければ、「どうせ私なんて」とネガティブに物事を考えてしまいがち。これでは、うまくいくはずの恋愛も、悪いほうへと向かってしまうことになるでしょう。

2. 恋愛に関しては、自分から動けない

 恋愛下手の女性の中には、仕事をバリバリとこなしている人がいます。何でも積極的に動き、成果を出している人もいるでしょう。

 しかし、中には、恋愛となると完全に受け身になってしまう人がいます。「恋愛は、男性に引っ張ってほしい」という気持ちが強いゆえに、アプローチを待ってしまう人も多いでしょう。

3. 心配性な性格

 恋愛には、もともとの性格も大きく影響してきます。実は、恋愛下手の女性の中には心配性な性格の人が少なくありません。

 心配性の人は、事あるごとに「大丈夫だろうか?」と不安になってしまうもの。恋愛においても、「これをしたら嫌われるのでは?」と、常に心配になり、ネガティブに考えてしまう傾向にあります。その結果、相手に気を使わせたり、自分自身が疲れて恋愛がうまくいかなくなることが多いでしょう。

本当は甘えたいんだけど…(写真:iStock)
本当は甘えたいんだけど… (写真:iStock)

4. ドキドキすることが恋愛だと考えている

 誰だって恋のはじまりはドキドキするものですが、実際のところ、この感情は一緒にいる時間が長くなれば、薄れていくのが当たり前。そして、ドキドキ感が消えた後にこそ、お互いにとって居心地の良い関係ができあがっていくものでしょう。

 しかし、恋愛下手な女性の中には、ドキドキがなくなったことで「愛情がなくなった」と勘違いしてしまう人がいます。「刺激があること=恋愛」と勘違いしてしまえば、当然長続きする恋愛はできなくなってしまいます。

5. 面倒くさがり

 新たな出会いを求めたり、恋愛の可能性を広げるためには、外に出ていくしかありません。家にこもっていては、人とつながることはなかなか難しいでしょう。

 実は、恋愛下手な女性の中には「面倒くさい」を理由に、飲みの誘い、遊びの誘いを断ってしまう人がいます。これでは、恋愛どころか友達付き合いだって難しくなるでしょう。また、せっかく彼氏ができても「面倒」を理由にメイクやおしゃれに気を使わなくなれば、彼がほかの女性に心惹かれる可能性も増えてしまいます。

6. 人に甘えることが苦手

 恋人ができると、彼氏に上手に甘えてプレゼントをもらったり、行きたい場所に連れて行ってもらう女性がいます。そんな女性を「羨ましい」と思っている人の中にも、恋愛下手な女性が多いでしょう。

 彼氏に甘えられるのは彼女ならではの特権ですが、恋愛下手の女性の中には人に甘えることが苦手な人もいます。そんな女性は、男性から見れば「可愛げがない」「俺が頼りないから、甘えられないのだろう」と思われて、うまくいかなくなってしまうこともあるでしょう。

恋愛下手から脱出する3つの方法

男性と話す機会を増やそう(写真:iStock)
男性と話す機会を増やそう (写真:iStock)

 恋愛下手と自覚している人は、「このままではいけない」と、焦りを感じているはずです。そこから脱出するためには、自分を変えていくしかありません。これらの方法をぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 自分を磨いて自信をつける

「どうせ」「でも」といったネガティブな言葉が口癖になっている人は、自分に自信がない証拠。そんな人は、まずは自分を磨いて自信をつけることが必要です。

 ダイエットをしてスタイルアップしたり、ファッションやヘアスタイルなどを研究してみましょう。努力すればするだけ自信がつき、恋愛にももっとポジティブに動けるようになるはずです。

2. 多くの男性と接してコミュニケーション能力を高める

 恋愛下手の人は、今まで恋愛がうまくいかなかったことから、男性と接することに不安を感じている人が多いでしょう。

 そのため、まずは「彼氏を探そう」からスタートするのではなく、まずは男友達を作る感覚で男性と接する機会を増やすのがおすすめ。男友達が増えれば、異性に慣れることができて自然とコミュニケーション能力が高まりますし、好意を抱く男性が現れた時に「どう接したらよいのだろう?」と不安になることはなくなるはずです。

3. 気になる男性が現れたら、積極的にアプローチする

 女性の中には、「男性にリードしてほしい」と思っている人が多いですが、恋愛は必ずしも、男性がリードしてくれるものではありません。

 恋愛下手から脱出したいと思うのであれば、気になる男性が現れたら、受け身にならずに自分から動くこと! もちろん、最初から「付き合ってください」と告白する必要はありません。まずは、あいさつ程度で構いませんから、自分から話しかけて少しずつ距離を縮めていきましょう。

恋愛下手から抜け出して素敵な男性を射止めよう♡

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 どんなに好きな人ができても、交際に発展したとしても、何も行動せずにいれば簡単に恋は終わってしまいます。もしもあなたが「恋愛下手から抜け出したい」と思うのであれば、まずは自分の弱点を知ることが大切かもしれませんよ。ぜひこの記事を参考に、脱出の糸口を見つけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...