恋愛が長続きしない女性の5つの特徴&長続きさせるポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-16 06:08
投稿日:2021-02-16 06:00
 彼氏はすぐにできるのに、なぜか一つの恋愛が短命に終わってしまう人がいます。そんな人は、「本当は、長続きする恋愛がしたいのに……」と、密かに悩んでいるのではないでしょうか? そこで今回は、恋愛が長続きしない女性の特徴や、長続きさせるポイントをご紹介します。

彼氏はできるのに…恋愛が長続きしない女性の5つの特徴

恋の数は多いけど…(写真:iStock)
恋の数は多いけど… (写真:iStock)

 彼氏ができても短期間で別れてしまう人の中には、「運命の人ではなかった」と、相手のせいにしている人もいるでしょう。でも、もしかすると、その原因はあなたにあるかもしれませんよ。まずは、恋愛が長続きしない女性の特徴を見ていきましょう。

1. 恋愛に刺激を求めている

 恋愛経験が豊富な人の中には、恋愛のドキドキ感やワクワク感を楽しんでいる人もいるでしょう。確かに、付き合い立てのドキドキ感は新鮮で魅力的なものです。

 しかし、そういった刺激ばかりを求めすぎると、付き合いが安定した頃に飽きることになります。その結果、早い段階で自分から別れを切り出すことになるでしょう。

2. 性格より外見重視

 人を好きになる理由やタイミングは、人によって異なります。じっくりと友達付き合いをしてから「好き」という恋愛感情が生まれる人もいれば、「見た目がタイプ」と一瞬で恋に落ちる人もいるでしょう。

 実は、恋愛が長続きしない女性は、外見重視の人が多い傾向にあります。そのため、付き合ってみたら「思っていた人と違った」と感じ、早々に別れにつながってしまうのです。

3. 過度な期待をしている

 恋人や結婚相手には、さまざまな希望や理想を抱いてしまうもの。しかし、これはあくまでも理想であり、すべてを叶えてくれる相手はいないと、多くの女性が気づいているのが現実です。

 しかし、恋愛が長続きしない女性は、自分の希望や理想を相手に押し付け、過度に期待してしまいます。相手が思い通りに対応してくれないと幻滅し、気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

4. 悪いところばかり目についてしまう

 誰だって、長所もあれば短所もあるもの。でも、恋人に対して完璧を求めるのも、恋愛が長続きしない女性の特徴です。いざ交際がスタートしたら、悪いところばかり目についてしまい、良いところを見ようとしません。気づけば、好きだったはずの相手を嫌いになってしまうこともあります。

5. 彼に依存してしまう

 恋愛が長続きしない女性の中には、「いつも、彼に振られてしまう」という人もいるでしょう。そんな人は、恋愛依存の傾向の人が多いのではないでしょうか。

 彼中心の生活になってしまうような女性は、男性にとって「重い」もの。大人の恋愛はお互いの軸があってのことですから、生活を乱すような相手は恋愛・結婚相手として選ばれることはないでしょう。

恋愛を長続きさせるにはどうしたらいい? 5つのポイント

わがままはほどほどに(写真:iStock)
わがままはほどほどに (写真:iStock)

 今まで、恋愛が長続きしてこなかった女性は、「長続きする恋愛をしたい!」と思っているでしょう。しかし、今までと同じ恋愛をしていては、その願いは叶いません。叶えるためには、意識を変える努力が必要です。

1. 相手のことをちゃんと知ってから付き合う

 どんなに見た目がタイプの男性でも、価値観や気が合わなければ一緒にいても楽しいと思えません。当然、長続きする恋愛にはならないでしょう。

 まずは、相手をちゃんと見極めてから付き合いをスタートさせることが基本です! 見た目がタイプでも、内面までタイプとは限りません。どんな人なのか、長く付き合える相手なのか、付き合う前に見極めましょう。

2. コミュニケーション&スキンシップを欠かさない

 恋愛に限らず、人付き合いを長続きさせるためには、コミュニケーションが欠かせません。なんでも話してコミュニケーションをとっていれば、不安になったり、気持ちがすれ違うことを防げます。

 また、恋人としての関係を維持するためには、スキンシップも必須。スキンシップがあることで、何年付き合っていても異性としての意識を失わずに済むでしょう。

3. 常に感謝の気持ちを持つ

 ずっと憧れていた彼でも、恋人としての時間が長くなると、存在そのものが当たり前になってしまうものです。その結果、「ありがとう」の気持ちが薄れがち。これでは、お互いの存在を大切にしなくなってしまうでしょう。

 長続きする恋愛をするためには、常に感謝の気持ちを忘れないこと。あなたがその気持ちを忘れなければ、彼も同じようにあなたを大切にしてくれるはずです。

4. 相手に求めすぎない

 付き合いが長くなってくると、ついつい彼に「こうしてほしい」と求めてしまう人が少なくありません。しかし、彼はあなたの思い通りに動くロボットではないのです。

 恋愛を長続きさせるためには、彼に求めすぎない、期待しすぎないことが重要。どんなに好きな人でも、長く一緒にいる人でも、“他人”ということを忘れないようにしましょう。

5. 相手の考えや価値観を受け入れる

 誰だって、恋人には理想通りの人であってほしいと思うものです。見た目だけでなく、接し方や考え方まで自分の理想通りの人であれば、理想的な付き合いができるでしょう。

 しかし、これが成り立つのは妄想のみ! 彼にも考えや価値観があるため、時には意見がぶつかることも当然あります。そんな時、自分の意見を押し付けてばかりではなく、彼の意見や価値観も受け入れることが、本当の愛情かもしれません。

恋愛が長続きすれば結婚も見える♡ 恋愛上手になって幸せを掴もう

長く続く恋をしよう(写真:iStock)
長く続く恋をしよう (写真:iStock)

 恋愛が長続きしない人は、結婚話が出る前に別れることが多いため、「結婚なんて、夢のまた夢」と思っているでしょう。そんな状況を乗り越えるためには、恋愛に対する意識を変えていくことが必要ではないでしょうか。

 意識が変われば、自然と付き合い方も変わってきます。ぜひ、恋愛上手になって、幸せをつかんでくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ