面食い女性は結婚できない?イケメン好きの心理&男性の本音

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-05 06:00
投稿日:2021-01-05 06:00
「面食い女性」とは、男性を「美しい顔」かどうかで選ぶ女性のこと。イケメンばかりと付き合っている面食い女性は幸せに一番近いようにも感じるのですが、実際のところはどうなのでしょうか? そこで今回は、面食い女性の心理や、面食い女性に対する男性の本音をご紹介します。

イケメン大好き♡ 面食い女性の心理

イケメン大好きじゃダメ?(写真:iStock)
イケメン大好きじゃダメ? (写真:iStock)

 面食い女性といっても、その背景にはいろいろな心理が隠れています。まずは、どうして面食い女性たちはイケメンばかりを好むのか、その心理をチェックしてみましょう。

顔が好みじゃないと好きになれないから

 男性を選ぶ基準は、人によって違います。優しい人、浮気しない人、価値観が合う人など、条件は人によってさまざまですよね。面食い女性は、その条件がたまたま「美しい顔の人であること」なのです。

 自分が思う恋愛の条件が満たされていなければ、好きになれないのは当然。だから、顔が好みの人しか好きになれない女性は「面食い」と言われてしまうようです。

イケメンならなんでも許せるから

 男女問わず、顔が整った人は、そうでない人に比べて人生でも得することが多いように感じます。同じ失敗をしたとしても、「イケメンだったら許せるけど、ブサイクだと許せない」なんて感じる人もいるでしょう。

 面食い女性は、浮気されたり、喧嘩したりした時、相手の顔が美しくないと許せないタイプの人が多いです。困難を乗り越えるためにも、最初から顔の美しい男性を選んでいるのかもしれませんね。

自分に自信が持てるから

 面食い女性の中には、イケメンの彼氏と付き合っていることで自分に自信がつくという人もいます。友達に憧れられたり、羨ましがられたりすることで、イケメンの彼氏が自分のステータスになると感じているのでしょう。

 中には、自分に自信がないがゆえに、イケメンの彼氏と付き合うことで自信のなさを補っている人もいるのだとか……。

面食い女性に対する男性の本音は?

騙されて貢いだりしてそう…(写真:iStock)
騙されて貢いだりしてそう… (写真:iStock)

 続いては、面食い女性に対する男性の本音をチェックしてみましょう!

すぐに浮気されそう

 男性を顔で判断する面食い女性に対して、男性は「自分と付き合ってもすぐに、ほかのイケメンが現れた時に浮気するのではないか」という不安があるようです。一緒に歩いていても、イケメンがいると目で追ってしまう彼女を信用できないという意見もありました。

わがままそうな印象

 面食い女性は男性に対する理想が高い印象があるのか、「多くを求められて、わがままばかり言われそう」と思われているようです。確かに、男性に高い理想を持っているという印象は拭えないかもしれませんね。

悪い男に騙されそう

 面食い女性は、とにかく男性の顔が命。だから、「悪い男だったとしてもイケメンであれば、気づかずに騙されていそう」という意見もありました。面食い女性は、男性の顔がよければなんでも許せてしまえる人もいるので、確かに心配な部分でもありますね。

価値観が合えばOK

 男性の中には、彼女が面食いでも2人の価値観が合って仲良く付き合えているなら問題ないと考える人も多くいました。確かに、顔で選んで内面の相性もよければいうことはありませんね。

結婚できない?! 面食い女性たちが抱えるデメリット

みんな結婚してるのに…(写真:iStock)
みんな結婚してるのに… (写真:iStock)

 イケメンの彼氏と幸せな日々を過ごしているはずの面食い女性ですが、実は思わぬデメリットもあるようです。

恋愛が長続きしない

 男性を顔の良さで判断する面食い女性は、中身で選ぶ女性に比べてほかの男性に目移りしやすいです。そのため、同じ男性と恋愛が長続きしない傾向に。

 また、どんなにイケメンでも、毎日同じ顔を見ていると慣れてしまうこともありますよね。せっかくイケメンの彼氏と付き合えても、すぐに飽きてしまい、別の人に一目惚れして短い恋で終わることも多いようです。

結婚しづらい

 面食い女性は顔の良さを重視して男性を選ぶため、付き合ってみたら性格が合わなかったということもよくあるようです。若い時期なら、次々に出会いがあり、別れてもすぐに別のイケメンと付き合えば問題ないですが、結婚適齢期に近づいた頃に焦ってしまう人も多くいます。

 結婚は、恋愛とは違っていろいろな責任や問題を2人で分かち合って乗り越えていく関係です。価値観も非常に重要なため、男性の内面を見る目が養われていないと相性の良い男性と出会えず、結婚のタイミングを逃してしまうこともあります。

理想が高すぎる

 面食い女性の中には、あまり男性と付き合ったことがない人もいます。そういった人は、自分を過大評価していることで男性の理想像を決め付けていたり、自分のコンプレックスが強すぎて、自分に足りないものを男性に求めすぎてしまっている場合があります。要は、理想が高いことで、なかなか付き合いたいと思える男性に出会えないのです。

“面食い”は治らない!? 顔と一緒に内面も見るように心がけて

顔だけじゃなく内面もね(写真:iStock)
顔だけじゃなく内面もね (写真:iStock)

 誰だって、理想のタイプがあります。それは簡単には変わらないもの。面食いであることも1つの個性であるので、治らないというより治す必要はないかもしれません。

 ただ、幸せを掴むために、顔と一緒に内面も見るように心がけると良いでしょう。イケメンで優しい彼氏が見つかりますように♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ