“軽い女”だと思われる人の共通点&そう思われないポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
 誰だって異性からどう見られているのかは気になるものですが、女性の場合、“軽い女”なんて思われるのは避けたいものですよね。しかし、自分ではそんなつもりがなくても、「軽い女だな」だと男性から思われてしまう人もいます。そこで今回は、軽い女と思われる人の共通点や、そう思われないためのポイントをご紹介します。

「軽い女だな」と男性から思われる人の6つの共通点

軽い女認定される人の特徴は(写真:iStock)
軽い女認定される人の特徴は (写真:iStock)

 男性視点で見ると、「気軽に誘えない相手だな」と思わせる女性もいれば、「この子は軽そうだからOKだろう」と思われてしまう女性もいます。女性であれば、やはり前者でありたいものですよね! そこでまずは、男性が「軽い女」と思う人の共通点を見ていきましょう。

1. とにかくノリがいい

 ノリがいい女性は、老若男女問わず、誰からも人気があるイメージが強いでしょう。確かに、ノリがいい女性は話しかけやすいため、周りから好かれる傾向にあります。

 しかし、異性として意識する相手となると異なります。ノリがいい人は「場を盛り上げよう」と、サービス精神が旺盛な人が多いため、「ノリの良さ=軽い女」として見られてしまいがちです。

2. 男友達が多く、彼氏が頻繁に変わる

 “軽い女”と思われる女性の多くは、男友達が多いという共通点があります。基本的にサバサバした性格のため、同性の友達よりも男友達のほうが「付き合いやすい」と思う人も多いでしょう。しかし、その結果、常に周りに男性がいるため、軽く見られてしまいがち。

 また、そういった女性は男性が周りに多い環境にいるため、恋愛のチャンスも多いです。付き合いが長続きせず、彼氏が頻繁に変わることで、「軽い女」と思われることもあるでしょう。

3. スキンシップが多い

 男性は、女性が思っている以上に単純な生き物。「スキンシップ=体の関係」をイメージする男性が多いです。

 実は、軽い女と思われる女性は、そのスキンシップが得意。特に、お酒が入ると気のない男性に対しても、スキンシップを取る女性が多いです。その結果、「これだけ触れられているのだから、いけるだろう」と思われてしまいます。

4. LINEのレスポンスが早い

 LINEのレスポンスが早いのも、“軽い女”だと思われる人の共通点のひとつでしょう。レスポンスが早いことは良いことのような気がしますが、男性からすると「俺からの連絡を待っていたのか?」と期待をさせることに。

 本人は、「常にスマホをいじっているから、返信が早いだけ」という理由でも、男性からすると「俺の連絡にすぐ応えてくれる」と勘違いされ、「すぐに落とせる女」と思われてしまいがちです。

5. 洋服、ヘアスタイル、ネイルなどが派手

 “軽い女”と思われる人には、外見的な共通点も見られます。それは、派手さ。洋服、ヘアスタイル、ネイル、どれをとっても派手な人が多いです。洋服に関しては、露出の多いものを好んで着ている人が多いでしょう。

 こういった外見の女性は、男性からすると軽く見られがち。結果、「俺とも遊んでくれるのでは?」と思われてしまいます。

6. ブランドものが好き

 人にはそれぞれ、こだわりや好みがあります。女性の中には、好きなブランドがある人も多いのではないでしょうか?

 実は、ブランドものが好きな女性も“軽い女”と思われる傾向にあります。なぜなら、ブランド物をたくさん身に着けている女性は、「男からもらったのだろう」と思われてしまうから。たとえ、自分で買ったものであっても、そう思われてしまう可能性があることは覚えておきたいですね。

男性から“軽い女”に見られないための3つのポイント

過剰なスキンシップはやめよう(写真:iStock)
過剰なスキンシップはやめよう (写真:iStock)

 男性から軽く見られがちな女性の中には、「そんなつもりはない」「実際、軽くない」と思っている女性もいるでしょう。軽い女と見られないためには、どうすれば良いのでしょうか? 以下のポイントを見直してみましょう。

1. 露出の多い洋服は着ない

 洋服の好みは人それぞれですし、自由に好きなものを選ぶことで個性を出すことができます。

 しかし、露出の多い洋服はどうしても男性からすると、体の関係をイメージしてしまうため、「軽そう」と思われてしまいます。“軽い女”と思われたくないのであれば、気がない男性と会う時には露出を控えた洋服を選びましょう。

2. 誘われたからといって何でもOKしない

 ノリが良くて人付き合いが好きな人は、あまり知らない人から飲みや食事に誘われてもOKしているかもしれません。コミュニケーションスキルが高ければ、どんな席でも楽しむことができますよね。

 しかし、男性からの誘いの場合、すべてOKしていては「軽い」と思われてしまいます。あなたにその気がなくても、相手はあなたに気があるかもしれません。誘われた時、まずは相手の気持ち、関係性などを冷静に判断して返事をするようにしましょう。

3. 勘違いされるスキンシップは避ける

 人にはそれぞれ癖があり、知らず知らずのうちにやってしまうことがあります。スキンシップが、その癖になっている人もいるでしょう。

 そんな癖があると自覚があるのであれば、お酒の咳などで勘違いされるようなスキンシップを避けることが必要です。意識すれば、自然と出てしまっていたボディタッチを抑えることができるでしょう。

“軽い女”に見られたくないなら、まずは自分自身を見つめ直そう

自分自身を見直してみよう(写真:iStock)
自分自身を見直してみよう (写真:iStock)

 男性から勝手に“軽い女”だと思われてしまうのは、自分の価値を下げられたようで嫌な気分になるものです。しかし、そう思われてしまうには、それなりの理由があるのかもしれません。「なぜか、いつも軽く思われてしまう……」という女性は、これを機会に自分自身を見つめ直してみてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ