“軽い女”だと思われる人の共通点&そう思われないポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-18 06:00
投稿日:2021-03-18 06:00
 誰だって異性からどう見られているのかは気になるものですが、女性の場合、“軽い女”なんて思われるのは避けたいものですよね。しかし、自分ではそんなつもりがなくても、「軽い女だな」だと男性から思われてしまう人もいます。そこで今回は、軽い女と思われる人の共通点や、そう思われないためのポイントをご紹介します。

「軽い女だな」と男性から思われる人の6つの共通点

軽い女認定される人の特徴は(写真:iStock)
軽い女認定される人の特徴は (写真:iStock)

 男性視点で見ると、「気軽に誘えない相手だな」と思わせる女性もいれば、「この子は軽そうだからOKだろう」と思われてしまう女性もいます。女性であれば、やはり前者でありたいものですよね! そこでまずは、男性が「軽い女」と思う人の共通点を見ていきましょう。

1. とにかくノリがいい

 ノリがいい女性は、老若男女問わず、誰からも人気があるイメージが強いでしょう。確かに、ノリがいい女性は話しかけやすいため、周りから好かれる傾向にあります。

 しかし、異性として意識する相手となると異なります。ノリがいい人は「場を盛り上げよう」と、サービス精神が旺盛な人が多いため、「ノリの良さ=軽い女」として見られてしまいがちです。

2. 男友達が多く、彼氏が頻繁に変わる

 “軽い女”と思われる女性の多くは、男友達が多いという共通点があります。基本的にサバサバした性格のため、同性の友達よりも男友達のほうが「付き合いやすい」と思う人も多いでしょう。しかし、その結果、常に周りに男性がいるため、軽く見られてしまいがち。

 また、そういった女性は男性が周りに多い環境にいるため、恋愛のチャンスも多いです。付き合いが長続きせず、彼氏が頻繁に変わることで、「軽い女」と思われることもあるでしょう。

3. スキンシップが多い

 男性は、女性が思っている以上に単純な生き物。「スキンシップ=体の関係」をイメージする男性が多いです。

 実は、軽い女と思われる女性は、そのスキンシップが得意。特に、お酒が入ると気のない男性に対しても、スキンシップを取る女性が多いです。その結果、「これだけ触れられているのだから、いけるだろう」と思われてしまいます。

4. LINEのレスポンスが早い

 LINEのレスポンスが早いのも、“軽い女”だと思われる人の共通点のひとつでしょう。レスポンスが早いことは良いことのような気がしますが、男性からすると「俺からの連絡を待っていたのか?」と期待をさせることに。

 本人は、「常にスマホをいじっているから、返信が早いだけ」という理由でも、男性からすると「俺の連絡にすぐ応えてくれる」と勘違いされ、「すぐに落とせる女」と思われてしまいがちです。

5. 洋服、ヘアスタイル、ネイルなどが派手

 “軽い女”と思われる人には、外見的な共通点も見られます。それは、派手さ。洋服、ヘアスタイル、ネイル、どれをとっても派手な人が多いです。洋服に関しては、露出の多いものを好んで着ている人が多いでしょう。

 こういった外見の女性は、男性からすると軽く見られがち。結果、「俺とも遊んでくれるのでは?」と思われてしまいます。

6. ブランドものが好き

 人にはそれぞれ、こだわりや好みがあります。女性の中には、好きなブランドがある人も多いのではないでしょうか?

 実は、ブランドものが好きな女性も“軽い女”と思われる傾向にあります。なぜなら、ブランド物をたくさん身に着けている女性は、「男からもらったのだろう」と思われてしまうから。たとえ、自分で買ったものであっても、そう思われてしまう可能性があることは覚えておきたいですね。

男性から“軽い女”に見られないための3つのポイント

過剰なスキンシップはやめよう(写真:iStock)
過剰なスキンシップはやめよう (写真:iStock)

 男性から軽く見られがちな女性の中には、「そんなつもりはない」「実際、軽くない」と思っている女性もいるでしょう。軽い女と見られないためには、どうすれば良いのでしょうか? 以下のポイントを見直してみましょう。

1. 露出の多い洋服は着ない

 洋服の好みは人それぞれですし、自由に好きなものを選ぶことで個性を出すことができます。

 しかし、露出の多い洋服はどうしても男性からすると、体の関係をイメージしてしまうため、「軽そう」と思われてしまいます。“軽い女”と思われたくないのであれば、気がない男性と会う時には露出を控えた洋服を選びましょう。

2. 誘われたからといって何でもOKしない

 ノリが良くて人付き合いが好きな人は、あまり知らない人から飲みや食事に誘われてもOKしているかもしれません。コミュニケーションスキルが高ければ、どんな席でも楽しむことができますよね。

 しかし、男性からの誘いの場合、すべてOKしていては「軽い」と思われてしまいます。あなたにその気がなくても、相手はあなたに気があるかもしれません。誘われた時、まずは相手の気持ち、関係性などを冷静に判断して返事をするようにしましょう。

3. 勘違いされるスキンシップは避ける

 人にはそれぞれ癖があり、知らず知らずのうちにやってしまうことがあります。スキンシップが、その癖になっている人もいるでしょう。

 そんな癖があると自覚があるのであれば、お酒の咳などで勘違いされるようなスキンシップを避けることが必要です。意識すれば、自然と出てしまっていたボディタッチを抑えることができるでしょう。

“軽い女”に見られたくないなら、まずは自分自身を見つめ直そう

自分自身を見直してみよう(写真:iStock)
自分自身を見直してみよう (写真:iStock)

 男性から勝手に“軽い女”だと思われてしまうのは、自分の価値を下げられたようで嫌な気分になるものです。しかし、そう思われてしまうには、それなりの理由があるのかもしれません。「なぜか、いつも軽く思われてしまう……」という女性は、これを機会に自分自身を見つめ直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ