不倫には落とし穴がいっぱい! 5つのリスク&卒業する方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-19 06:00
投稿日:2021-02-19 06:00
 恋愛をしている人の中には「実は、彼は既婚者」なんていう人もいるでしょう。一昔前までは不倫は秘め事であり、決してバレてはいけない関係でした。しかし、最近では堂々と不倫宣言する人までいます。そんな人は、不倫の落とし穴に気づいていないのではないでしょうか? そこで今回は不倫に秘められたリスクとリスクを背負わずに卒業する方法をご紹介します。

楽しいじゃ済まない! 不倫に秘められた5つのリスク

不倫のリスク、本当にわかってる?(写真:iStock)
不倫のリスク、本当にわかってる? (写真:iStock)

 不倫をしている多くの人は、「ただ恋愛をしているだけ」と思っている人が多いでしょう。奥さんに対して、罪の意識を持っている人も少ないのでは? しかし、不倫は思っている以上にリスクが大きいんですよ。

1. 慰謝料を請求されたら、経済的負担大

 不倫をしている多くの人は、「彼のことが好きだから」という軽い気持ちで付き合っている人が多いでしょう。確かに、人を好きになるのは自由。しかし、相手が既婚者となればそうはいきません。

 万が一、不倫がバレた時には別れさせられるだけでなく、慰謝料を請求されることに! 訴えられれば、弁護士費用だけでも30万円近くのお金がかかることになります。さらに、不貞行為が認められれば数百万円という慰謝料が請求されることもあり、経済的に大きな負担がかかることになります。

2. 社会的信用を失う

 不倫は単なる「恋愛」と思っているかもしれませんが、結婚している相手との恋愛は、場合によって民法では違法となります。それだけ、マナー違反を犯しているということ。

 そのため、会社などにバレた場合には社会的信頼を失い、異動などの処分が下されることもあります。相手が同じ会社であれば、働き続けることが難しい環境になり、彼だけでなく仕事も失うことになるでしょう。

3. 大切な友達を失う

 恋愛に悩んだ時、友達に相談する人が多いでしょう。不倫に悩んでいる人も、信頼できる友達に相談しているのではないでしょうか?

 当然ですが、不倫の相談をされた友達は、「別れた方がいい」とアドバイスをするでしょう。しかし、彼にのめりこんでいると、友達のアドバイスなんて聞き入れられません。そんなあなたを見た友達は呆れ、あなたのもとを離れていくでしょう。

4. 婚活時期を逃す

 不倫をしている人の中には、「いつか、彼と結婚する」と思っている人もいるでしょう。「妻とは離婚する」という言葉を、信じている人もいるかもしれません。

 しかし、本当に誠意ある男性であれば、ちゃんと離婚してからあなたにアプローチしてくるはずです。それをしない男性の言葉を信じれば、無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

5. 奥さんからの反撃により精神的に追い詰められることも

 不倫をしている男性の夫婦関係は、それぞれ異なります。夫婦関係が冷めているところもあれば、実は裏ではうまくやっているという人もいるでしょう。

 夫婦関係がうまくいっている男性と不倫した場合、バレてしまうと奥さんからの嫌がらせを受けることもあります。奥さんの立場からすれば夫を奪われている訳ですから、当然のことともいえるでしょう。そんな嫌がらせから、精神的に追い込まれる女性も少なくありません。

リスクを背負わないで不倫を卒業するには? 3つのポイント

もしも妊娠したら…(写真:iStock)
もしも妊娠したら… (写真:iStock)

 普通の恋愛の感覚で不倫をしている人の中には、リスクをあらためて知って「別れたほうが良いのかな」と思った人もいるでしょう。不倫中の人は、リスクを背負う前に早く卒業することがおすすめです。

1. 不倫の証拠は残さない

 不倫とはいえ、一度は好きになった相手ですから、さまざまな思い出があるでしょう。一緒に撮った写真や、もらったプレゼントなどもあるのではないでしょうか。

 でも、後々トラブルに巻き込まれないためには、不倫の証拠は残さないことが必須! メールやLINEでのやり取りは、その都度削除しましょう。写真などを撮っている場合には、自分のデータだけでなく、彼のデータからも消去してもらいましょう。

2. 避妊は必須

 不倫は一時の恋愛でしかありません。もちろん、中には不倫から結婚なんてケースもありますが、ごくごく稀な話。

 不倫で傷つかないためには、何よりも避妊は必須です。子供ができ、一人で育てていく自信があるという覚悟があるなら別ですが、「彼が結婚してくれるはず」と期待するのはやめましょう。その期待は、裏切られる可能性の方が高いです。

3. 早い段階で別れを切り出す

 不倫でのリスクを回避するためには、早い段階で別れることが必要です。万が一、不倫がバレた時、交際期間の長さによっても慰謝料などは大きく変わってきますし、あなた自身も、大切な時間を無駄にすることになります。

 不倫は長くなればなるほどリスクは大きくなるため、早い段階で区切りをつけましょう。

不倫は今すぐやめるべき! リスクのない幸せな恋愛をしよう

今は辛くても、きっと忘れられる(写真:iStock)
今は辛くても、きっと忘れられる (写真:iStock)

 不倫は、誰一人幸せにならない恋愛です。彼の家族を傷つけ、結局別れなければいけないあなた自身も傷つくことになるでしょう。そもそも奥さんを平気で裏切れるような人を、あなたは本当に信じられますか? その人と幸せな未来が本当にあるでしょうか? 客観的に考えれば、答えは自ずと見えてくるはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...