今年は森七菜・岡田健史…日本アカデミー賞新人賞“先輩”の今

こじらぶ ライター
更新日:2021-03-06 15:00
投稿日:2021-03-06 06:00

今月19日は日本映画の祭典!

今年の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した森さん(左)と岡田さん(右)。彼らの"先輩"受賞者はその後どうなった!?/(C)日刊ゲンダイ
今年の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した森さん(左)と岡田さん(右)。彼らの"先輩"受賞者はその後どうなった!? /(C)日刊ゲンダイ

 今月19日、映画の祭典である第44回日本アカデミー賞授賞式が開催となります。それに先立ち発表された各優秀賞受賞の方々――なかでも注目したいのは森七菜さん(19)、岡田健史さん(21)、永瀬廉さん(22)ら6名が選出された新人俳優賞です。いずれも前途有望な精鋭の役者で今後の活躍が期待されます。

 そこで改めて振り返りたいのが、彼らの先輩である歴代アカデミー新人俳優賞受賞者の“今”。国内の各映画賞の中でも最も知名度の高い日本アカデミー賞において、同賞受賞者はその後、成功を収めているのか…。今回は2011年に開催された第34回から過去10年分の受賞者とその“今”を、ややヲタク目線でおさらいしたいと思います。

第34回(2011年)芦田愛菜、大野百花、仲里依紗、永山絢斗、三浦翔平、三浦貴大

子役時代から実力派だった芦田さん/(C)日刊ゲンダイ
子役時代から実力派だった芦田さん /(C)日刊ゲンダイ

 子役でめちゃめちゃ可愛かった芦田愛菜さん(16)。10年前は当時6歳、「ゴースト もういちど抱きしめたい」で受賞しています。この年「マルモのおきて」(フジテレビ系)でドラマ初主演も果たしました。20年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀の三女たま役を演じ、はきはきとしたセリフ回しに大人びた風貌で立派な若手女優であることを証明しました。

第35回(2012年)熊田聖亜、桜庭ななみ、渡邉このみ、上地雄輔、高良健吾、野見隆明、長谷川博己

日本アカデミー新人賞受賞者としては「愛菜ちゃん」の後輩になる長谷川さん/(C)日刊ゲンダイ
日本アカデミー新人賞受賞者としては「愛菜ちゃん」の後輩になる長谷川さん /(C)日刊ゲンダイ

「麒麟がくる」主演・明智光秀役の長谷川博己さん(43)。まさかの光秀三女たまこと「愛菜ちゃん」の翌年に新人俳優賞を「セカンドバージン」で受賞しています。11年放送の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)に出演し、33歳でブレイクした遅咲き俳優。16年「シン・ゴジラ」で優秀主演男優賞受賞を経ての大河主演抜擢となり、大成功を収めましたね。

第36回(2013年)武井咲、二階堂ふみ、橋本愛、染谷将太、チャンミン、東出昌大、松坂桃李

イケメン俳優から実力派俳優の仲間入りをした松坂さん/(C)日刊ゲンダイ
イケメン俳優から実力派俳優の仲間入りをした松坂さん /(C)日刊ゲンダイ

「ツナグ」など3作で受賞の松坂桃李さん(32)。その後、着実に俳優としてステップを踏み、19年には「孤狼の血」で最優秀助演男優賞、20年「新聞記者」で最優秀主演男優賞を受賞。同年には女優の戸田恵梨香さん(32)と結婚しましたが、いまもなお、ヘビーなゲームヲタクであることは変わっていないようです。

第37回(2014年)忽那汐里、黒木華、壇蜜、濱田ここね、綾野剛、菅田将暉、星野源、吉岡竜輝

マルチに活躍する星野さん(左)と数々の監督から天才と称される菅田さん(右)/(C)日刊ゲンダイ
マルチに活躍する星野さん(左)と数々の監督から天才と称される菅田さん(右) /(C)日刊ゲンダイ

「共喰い」で受賞の菅田将暉さん(28)。17年「おんな城主 直虎」でNHK大河初出演。同年3月からソロ歌手としても活動を開始しました。18年には「あゝ、荒野 前編」で最優秀主演男優賞も受賞。昨年公開の「糸」、今年公開の「花束みたいな恋をした」の大ヒットで“コロナ禍、最も観客を呼べる実写俳優”に。

「箱入り息子の恋」など2作で受賞の星野源さん(40)。もともと歌手業、俳優業、文筆業などマルチに活動していましたが、16年「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)とその主題歌「恋」で大ブレイク。17年に披露したサザエさん風の女装姿が「ぱいぱいでか美にマジ似てる」と評判に。今年は「罪の声」で最優秀助演男優賞にノミネートされています。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える
 女優の深田恭子(39)が19日、都内で行われた「後味スッキリ!日本のお弁当に。新!キリン午後の紅茶 おいしい無糖 キッ...
2022-05-21 17:03 エンタメ
“女優”宇垣美里「明日カノ」の演技が好評!マルチで中途半端な元女子アナから脱却なるか
 女優・宇垣美里(31)の演技が今回は評判がいい。放送中の深夜ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ(明日カノ)」(TBS系)...
2022-05-21 17:03 エンタメ
広瀬アリスが先駆者に 芸能界で広がる「働き方改革」と「休める空気」の背景
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  広瀬アリス(27)が体調不良のため9月から出演予定だった舞台の降板を発表したのが...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「信じられないでしょうが、小遊三師匠は凄く人望がある方なんです(笑)」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#5  2019年、昇太は落語芸術協会の会長に就任した。その経緯を語っても...
2022-05-21 17:03 エンタメ
秋葉原、新大久保は今は昔…アイドルの“聖地”が「渋谷ハチ公前」に移動していた!
 AKB48を筆頭に女性アイドルの聖地といえば秋葉原。ところが、秋葉原界隈からアイドルの卵や“地下アイドル”は消え、現在...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度
〈この人がエマニエル夫人!? 超楽しみ!〉 〈私の世代はエマニエル夫人と言えはシルビア・クリステルしか認めません〉 ...
2022-05-21 17:03 エンタメ
フジテレビ電撃トップ交代 ドラマ黄金期築いた「70歳新社長」でお台場“夢工場”再び?
【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】  フジテレビは18日、金光修社長(67)が退任し、後任に共同テレビジョンの港浩一社長(...
2022-05-21 17:03 エンタメ
映画「狼たちの墓標」で思い出す…平昌オリンピックが残した“負の遺産”
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#79  今月27日から日本で公開される韓国映画「狼たちの墓標」を見ると、2018年2月...
2022-05-21 17:03 エンタメ
次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり
 まさかのお色気路線に舵を切ったのか?  20日放送されたNHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」で、ヒロイン・比嘉暢子...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「流浪の月」22年上半期屈指の出来ばえ!広瀬すず、松坂桃李、横浜流星の“卓抜ポイント”
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  今年上半期、屈指の出来ばえを持つ作品と思う。「怒り」以来、6年ぶりの本格的な新...
2022-05-20 17:03 エンタメ
“辞めジャニ”山下智久が手堅く活躍するワケ…「正直不動産」好評で民放復帰に弾み
 山下智久(37)の活躍が堅調だ。放送中の主演連ドラ「正直不動産」(NHK総合)が、第7話放送後の深夜から、4話分(3~...
2022-05-20 17:03 エンタメ
華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障
 このところ25キロのダイエットに成功して話題になったばかりの歌手の華原朋美(47)だが、プライベートが大荒れだ。  ...
2022-05-20 17:03 エンタメ
斉藤由貴デカは隙だらけ! 愛娘デビューもフェロモン炸裂、「捜査一課長」チラリズムは必見
 女優の水嶋凜(22)をご存じだろうか。NHK朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」で主人公・黒島結菜(25)演じる高校生・...
2022-05-20 17:03 エンタメ
「笑点」司会者になって6年…「宮治君みたいな若い人が年寄りに絡む面白さ」
 昇太がこの連載に登場するのは2度目で、最初は6年前であった。掲載中に「笑点」の新司会者に決まったのだ。 「もう6年た...
2022-05-20 17:03 エンタメ
「嫌いな男ランキング」常連だった出川哲朗 なぜ女性ファンからも愛されるようになった?
「本当にこんなすてきな仕事、ほかにないと思う」──。タレント出川哲朗(58)がテレビのトーク番組でそう語り、話題だ。コロ...
2022-05-20 17:03 エンタメ
“Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣
 芸能人の地方移住が相次いでいる。女優の柴咲コウ(40)は昨年、北海道で2拠点生活を始め、友人と共に牧場を共同経営。紗栄...
2022-05-20 17:03 エンタメ