退所続出もSnow Man SixTONESら若手ジャニーズ爆売れの訳

こじらぶ ライター
更新日:2021-02-27 06:00
投稿日:2021-02-27 06:00

ジャニーズの行く末を懸念する声があるが…

手越さんら退所者続出で激震が走るジャニーズ事務所…と思いきや若手ジャニーズ爆売れのワケとは/(C)日刊ゲンダイ
手越さんら退所者続出で激震が走るジャニーズ事務所…と思いきや若手ジャニーズ爆売れのワケとは /(C)日刊ゲンダイ

 近年、あのジャニーズ帝国から退所者が続出し、事務所の行く末を心配する声があがっています。SMAP解散以降、木村拓哉さん(48)以外の4名が退所・独立したほか、元関ジャニ∞の錦戸亮さん(36)、元NEWSの手越祐也さん(33)、山下智久さん(35)らも退所。ポストSMAPだった嵐も今年から活動休止に入るなど、このまま帝国は衰退の一途を辿るのか……と思いきや、若手ジャニーズグループはめちゃくちゃ元気です。

 18年にデビューしたKing & Princeは「シンデレラガール」が同年年間68.8万枚の大ヒット。さらに昨年SixTONES vs Snow Manは2グループひとまとめ同時デビューという荒業ではありましたが「Imitation Rain/D.D.」が同年176.1万枚でシングル年間1位を記録(いずれもオリコン調べ)。2009年の嵐以来、11年ぶりに年間王者の座をAKB48から奪還しました。

 さらにはまだデビュー前のジャニーズJr.内グループであるなにわ男子、Travis Japan、美 少年、HiHi Jetsなどもすでに人気を博しており、近年まれにみる若手ジャニーズ隆盛時代が到来しています。

 その理由は大きく分けて4つあると思います。

【その1】SMAP、嵐…おじさんになってもアイドルOK

 SMAP以前のジャニーズアイドルは若い女の子向けの疑似恋愛対象であり、彼ら自身も若いうちが花という感じでした。SMAPのひとつ前の国民的グループであった光GENJIもメンバーが20代で解散していました。

 そんな中、SMAPを先駆者として、彼ら以降にデビューした各ベテラングループの嵐も、30代、40代を超えてもアイドルであり続けることに成功。さらには結婚し父親になるメンバーも増えました。

 年齢的にはおじさんになってもアイドルを長く続けられることが一般的になり、ジャニーズ志望の男の子もそれを許容する親も増えたのではないでしょうか。

 Snow ManやSixTONESに在籍する20代後半メンバーは間違いなくSMAPの活躍を見てきた世代、またその下の10代のジャニーズJr.たちもSMAPあるいは嵐といった長く続くグループを手本にできた世代だと思います。バラエティー対応に長け、キャラ被りなくメンバーそれぞれ個性を持ったグループが多いのも先人の影響が大きいでしょう。

【その2】翻っておばさんになってもジャニヲタOK

 おじさんでもアイドルOKなら、そのファンもおばさんだって構わなくなった、というか当たり前になりました。SNS上ではSMAPと同世代あるいは少し上の40代から50代以上のジャニヲタが普通にヲタ友ネットワークを広げたり、親子2世代、あるいは3世代でジャニーズグループを応援する姿が多く見られます。

 ベテラングループの解散・活動休止を機に、あるいはグループが現役なら並行して、ジャニーズ全体を注視していれば必然的に次の若い担当(推しメン)が見つかります(担降り、推し変、推し増し)。ゆえにジャニーズの若手グループは同世代の若いファンだけでなく、経済的にやや余裕のある中高年世代からの手厚い支援も受けられるのです。

【その3】女性アイドルヲタには無いジャニヲタの献身性

 大事な点として挙げたいのが、ジャニヲタの出費は非常に高い献身性によって成り立っていることです。AKB48などの女性アイドルヲタはCDとセットの握手会などで直接触れ合い、出費に見合ったリターン(新規ファンより親しげに話せる、ライブでレスが貰える、地方まで遠征したことを感謝されるなど)を受けています。

出費や労力いとわず 献身性の高い推し活動

AKB48など女性アイドルは国民的スターになってもイベントですぐ手が届く存在。リターンも多い/(C)日刊ゲンダイ
AKB48など女性アイドルは国民的スターになってもイベントですぐ手が届く存在。リターンも多い /(C)日刊ゲンダイ

 しかしジャニーズデビュー組ヲタの多くの場合、CDを何百枚積み重ねても、全国各地へ追いかけたとしても、自担(自分の担当)に顔や名前を認知されたり、特別扱いを受けるといったことは“基本的には”ありません(ジャニーズJr.のヲタやデビュー組のJr.時代からのファンを除く)。

 少なくともどんなに国民的スターになろうとも、すぐ手が届く女性アイドルのヲタよりは遥かにリターンが小さいわけです。

 それでも自担のために、少しでも次の仕事に繋がるように出費や労力などをいとわず、一方的でも愛を注ぎ続けます。こうした献身性の高い推し活動が親世代のヲタおよび娘世代のヲタ双方から脈々と息づくので、若手ジャニーズの人気は増幅していくのです。

 コロナ禍に見舞われ大規模なリリースイベントが開催できなくなった昨年から今年にかけて、握手などのリターンを当然としてきたヲタが多い女性アイドルグループは軒並みセールスを落とすか、それを恐れリリースが滞るなどしました。しかしジャニーズグループはヲタの献身性ある一方的な愛によって、CDセールスを伸ばしたのです。

【その4】ジャニーズJr.内グループが増えて競争が激化

 現ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏がジャニーズJr.のリーダーとして、のちの嵐や関ジャニ∞メンバーらを率いていたJr.最初の黄金期では、Jr.時代からグループ名をもらえるのは一部の有望メンバーだけでした。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える
 女優の深田恭子(39)が19日、都内で行われた「後味スッキリ!日本のお弁当に。新!キリン午後の紅茶 おいしい無糖 キッ...
2022-05-21 17:03 エンタメ
“女優”宇垣美里「明日カノ」の演技が好評!マルチで中途半端な元女子アナから脱却なるか
 女優・宇垣美里(31)の演技が今回は評判がいい。放送中の深夜ドラマ「明日、私は誰かのカノジョ(明日カノ)」(TBS系)...
2022-05-21 17:03 エンタメ
広瀬アリスが先駆者に 芸能界で広がる「働き方改革」と「休める空気」の背景
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  広瀬アリス(27)が体調不良のため9月から出演予定だった舞台の降板を発表したのが...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「信じられないでしょうが、小遊三師匠は凄く人望がある方なんです(笑)」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#5  2019年、昇太は落語芸術協会の会長に就任した。その経緯を語っても...
2022-05-21 17:03 エンタメ
秋葉原、新大久保は今は昔…アイドルの“聖地”が「渋谷ハチ公前」に移動していた!
 AKB48を筆頭に女性アイドルの聖地といえば秋葉原。ところが、秋葉原界隈からアイドルの卵や“地下アイドル”は消え、現在...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度
〈この人がエマニエル夫人!? 超楽しみ!〉 〈私の世代はエマニエル夫人と言えはシルビア・クリステルしか認めません〉 ...
2022-05-21 17:03 エンタメ
フジテレビ電撃トップ交代 ドラマ黄金期築いた「70歳新社長」でお台場“夢工場”再び?
【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】  フジテレビは18日、金光修社長(67)が退任し、後任に共同テレビジョンの港浩一社長(...
2022-05-21 17:03 エンタメ
映画「狼たちの墓標」で思い出す…平昌オリンピックが残した“負の遺産”
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#79  今月27日から日本で公開される韓国映画「狼たちの墓標」を見ると、2018年2月...
2022-05-21 17:03 エンタメ
次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり
 まさかのお色気路線に舵を切ったのか?  20日放送されたNHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」で、ヒロイン・比嘉暢子...
2022-05-21 17:03 エンタメ
「流浪の月」22年上半期屈指の出来ばえ!広瀬すず、松坂桃李、横浜流星の“卓抜ポイント”
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  今年上半期、屈指の出来ばえを持つ作品と思う。「怒り」以来、6年ぶりの本格的な新...
2022-05-20 17:03 エンタメ
“辞めジャニ”山下智久が手堅く活躍するワケ…「正直不動産」好評で民放復帰に弾み
 山下智久(37)の活躍が堅調だ。放送中の主演連ドラ「正直不動産」(NHK総合)が、第7話放送後の深夜から、4話分(3~...
2022-05-20 17:03 エンタメ
華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障
 このところ25キロのダイエットに成功して話題になったばかりの歌手の華原朋美(47)だが、プライベートが大荒れだ。  ...
2022-05-20 17:03 エンタメ
斉藤由貴デカは隙だらけ! 愛娘デビューもフェロモン炸裂、「捜査一課長」チラリズムは必見
 女優の水嶋凜(22)をご存じだろうか。NHK朝の連続テレビ小説「ちむどんどん」で主人公・黒島結菜(25)演じる高校生・...
2022-05-20 17:03 エンタメ
「笑点」司会者になって6年…「宮治君みたいな若い人が年寄りに絡む面白さ」
 昇太がこの連載に登場するのは2度目で、最初は6年前であった。掲載中に「笑点」の新司会者に決まったのだ。 「もう6年た...
2022-05-20 17:03 エンタメ
「嫌いな男ランキング」常連だった出川哲朗 なぜ女性ファンからも愛されるようになった?
「本当にこんなすてきな仕事、ほかにないと思う」──。タレント出川哲朗(58)がテレビのトーク番組でそう語り、話題だ。コロ...
2022-05-20 17:03 エンタメ
“Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣
 芸能人の地方移住が相次いでいる。女優の柴咲コウ(40)は昨年、北海道で2拠点生活を始め、友人と共に牧場を共同経営。紗栄...
2022-05-20 17:03 エンタメ