“空気読めない男性”のLINEにうんざり…未読無視した内容6選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-17 06:00
投稿日:2021-03-17 06:00
 空気が読めない男性って、本当に厄介ですよね。特に、その空気の読めなさを本領発揮したLINEがしつこく届くと、思わず未読無視したくなってしまいます……。今回は、そんな空気読めない男性たちから届いたうんざりLINEをご紹介します。思わず「未読無視してしまった」という内容を、さっそくチェックしてみましょう。

恋愛対象外だよ? 空気読めない男性がしつこすぎた内容

半年後なら暇?

 こちらの女性は、恋愛対象外の男性を傷つけないように何回も断り続けているようです。それでもめげずに誘い続ける彼の根気には感服しますが、半年後のアポまでとろうとされたら、さすがにドン引きしますよね……。

 空気読めない男性たちは、遠回しに断るだけだとその言葉を鵜呑みにしてしまうのが特徴。仕事を理由にせず、興味がないとはっきり言ってあげるのも優しさです。

振ったのに2日後に「久しぶり!」

 空気、読めていませんね。割とはっきりと彼を振ったはずなのに、小さな希望を捨てきれないようです。とはいえ、好きな人がいると伝えたなら、「邪魔しないようにしよう」「数カ月は時間を置こう」と考えるのが一般的。

 しかし、空気読めない男性は、文字通り空気が読めないので、そういった相手の状況に配慮することが難しいのかもしれません。

俺の作ったティラミス食べてよ!

 コロナ禍の今、人の手作り料理っていろんな意味で気を遣いますよね……。そして、とても断りづらいもの。こちらの男性は料理好きであるという長所を彼女にアピールしたいようですが、やんわり断られていることに気が付いていないようです。

 続いては、空気読めない男性を彼氏にもってしまった女性のうんざりLINEをご紹介します。

体重が知りたくて仕方ない彼氏

 体重の話は、女性にとってはタブーな話題。……にも関わらず、こちらの彼氏はしつこく聞き続け、挙句の果てには自分の母親と比べようとまでしています。

 大好きな彼氏に可愛いと思ってもらいたいから、一生懸命ダイエットをしている女子だってたくさんいます! たとえ彼女であっても、しつこく体重を聞くのはやめてほしいですよね。

亡くなった犬に負けたくないっ!

 こちらの彼女は、愛犬が亡くなってまだ2日しか経っていない満身創痍の状態。大切な家族がいなくなったからそっとしておいて欲しいと伝えたのに、しつこく「会いたい」と誘っていますね。

 最終的には、「犬と俺のどっちが大事?」と言わんばかりに怒り出して、まったく相手の気持ちを読めていません。とても残念な彼氏ですね。

信頼関係より味を選んだ彼氏

 彼氏に家庭的なところを見せようとして、お料理を頑張ろうとしている彼女。とても微笑ましいですよね。でも、彼は彼女との信頼関係より美味しさを選んだようです……。空気読めないに加えて、人間性もかなり低い彼氏かもしれませんね。

 しかも、コンビニのお惣菜ハンバーグを買ってくると伝えるところも、ドン引きな内容でした。

要注意! 空気読めない男性へのLINEの返し方

きっぱりとNOを(写真:iStock)
きっぱりとNOを (写真:iStock)

 続いては、空気読めない男性へのLINEにはどう返したらいいかをチェックしてみましょう!

一切の優しさを見せない

 空気読めない男性に、優しさゆえの遠回しな断り文句は通用しません。はっきり伝えたとしても、少しでも優しさを感じると「もしかして脈あり?」と勘違いしてしまうんです。

 断る時には心から一切の優しさを取り払って、言葉でも態度でもはっきりと気がないことを伝えましょう。

自宅や職場の住所は伝えない

 空気が読めず、しつこく口説いてくる男性には、絶対に自宅や職場の住所を教えないようにしましょう。下手するとストーカーにもなりかねないので、十分注意しながら脈なしであることを繰り返し伝えることが大切です。

空気読めない男性からのLINEに優しさは不要!

優しさ不要!逃げるが勝ち(写真:iStock)
優しさ不要!逃げるが勝ち (写真:iStock)

 空気読めない男性の性格は、ちょっとやそっとでは変わりません。ある程度の年齢になって構築された性格は、幼少期の家庭環境やコンプレックスから生まれる根深いもの。中途半端な優しさを与えたところで、痛い思いをするのはこちらなのです。

 はっきりきっぱりと優しさなど見せずに、明確に脈なしであることを返信すると良いですよ。

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ