“空気読めない男性”のLINEにうんざり…未読無視した内容6選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-17 06:00
投稿日:2021-03-17 06:00
 空気が読めない男性って、本当に厄介ですよね。特に、その空気の読めなさを本領発揮したLINEがしつこく届くと、思わず未読無視したくなってしまいます……。今回は、そんな空気読めない男性たちから届いたうんざりLINEをご紹介します。思わず「未読無視してしまった」という内容を、さっそくチェックしてみましょう。

恋愛対象外だよ? 空気読めない男性がしつこすぎた内容

半年後なら暇?

 こちらの女性は、恋愛対象外の男性を傷つけないように何回も断り続けているようです。それでもめげずに誘い続ける彼の根気には感服しますが、半年後のアポまでとろうとされたら、さすがにドン引きしますよね……。

 空気読めない男性たちは、遠回しに断るだけだとその言葉を鵜呑みにしてしまうのが特徴。仕事を理由にせず、興味がないとはっきり言ってあげるのも優しさです。

振ったのに2日後に「久しぶり!」

 空気、読めていませんね。割とはっきりと彼を振ったはずなのに、小さな希望を捨てきれないようです。とはいえ、好きな人がいると伝えたなら、「邪魔しないようにしよう」「数カ月は時間を置こう」と考えるのが一般的。

 しかし、空気読めない男性は、文字通り空気が読めないので、そういった相手の状況に配慮することが難しいのかもしれません。

俺の作ったティラミス食べてよ!

 コロナ禍の今、人の手作り料理っていろんな意味で気を遣いますよね……。そして、とても断りづらいもの。こちらの男性は料理好きであるという長所を彼女にアピールしたいようですが、やんわり断られていることに気が付いていないようです。

 続いては、空気読めない男性を彼氏にもってしまった女性のうんざりLINEをご紹介します。

体重が知りたくて仕方ない彼氏

 体重の話は、女性にとってはタブーな話題。……にも関わらず、こちらの彼氏はしつこく聞き続け、挙句の果てには自分の母親と比べようとまでしています。

 大好きな彼氏に可愛いと思ってもらいたいから、一生懸命ダイエットをしている女子だってたくさんいます! たとえ彼女であっても、しつこく体重を聞くのはやめてほしいですよね。

亡くなった犬に負けたくないっ!

 こちらの彼女は、愛犬が亡くなってまだ2日しか経っていない満身創痍の状態。大切な家族がいなくなったからそっとしておいて欲しいと伝えたのに、しつこく「会いたい」と誘っていますね。

 最終的には、「犬と俺のどっちが大事?」と言わんばかりに怒り出して、まったく相手の気持ちを読めていません。とても残念な彼氏ですね。

信頼関係より味を選んだ彼氏

 彼氏に家庭的なところを見せようとして、お料理を頑張ろうとしている彼女。とても微笑ましいですよね。でも、彼は彼女との信頼関係より美味しさを選んだようです……。空気読めないに加えて、人間性もかなり低い彼氏かもしれませんね。

 しかも、コンビニのお惣菜ハンバーグを買ってくると伝えるところも、ドン引きな内容でした。

要注意! 空気読めない男性へのLINEの返し方

きっぱりとNOを(写真:iStock)
きっぱりとNOを (写真:iStock)

 続いては、空気読めない男性へのLINEにはどう返したらいいかをチェックしてみましょう!

一切の優しさを見せない

 空気読めない男性に、優しさゆえの遠回しな断り文句は通用しません。はっきり伝えたとしても、少しでも優しさを感じると「もしかして脈あり?」と勘違いしてしまうんです。

 断る時には心から一切の優しさを取り払って、言葉でも態度でもはっきりと気がないことを伝えましょう。

自宅や職場の住所は伝えない

 空気が読めず、しつこく口説いてくる男性には、絶対に自宅や職場の住所を教えないようにしましょう。下手するとストーカーにもなりかねないので、十分注意しながら脈なしであることを繰り返し伝えることが大切です。

空気読めない男性からのLINEに優しさは不要!

優しさ不要!逃げるが勝ち(写真:iStock)
優しさ不要!逃げるが勝ち (写真:iStock)

 空気読めない男性の性格は、ちょっとやそっとでは変わりません。ある程度の年齢になって構築された性格は、幼少期の家庭環境やコンプレックスから生まれる根深いもの。中途半端な優しさを与えたところで、痛い思いをするのはこちらなのです。

 はっきりきっぱりと優しさなど見せずに、明確に脈なしであることを返信すると良いですよ。

ラブ 新着一覧


「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-21 06:00 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ
年上男性と付き合いたい♡キュンとさせる恋愛テクニック6選
 年上男性を好きになると、どうやって自分のほうに振り向かせればいいのか悩んでしまいますよね。アピールの仕方を間違えて、「...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
私に冷めたの…?冷たい彼氏に焦る時の対処法3つ&NG行動
 大好きな彼氏に冷たくされて、焦ることってありますよね。「嫌いになったの?」「ほかに好きな人ができた?」など、いろいろネ...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ