送別に花は必要なの? 花屋が伝授「花贈りの方法とマナー」

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-03-10 06:00
投稿日:2021-03-10 06:00

年度末イベントに欠かせないもの

送別の花に気持ちを乗せて贈られます
送別の花に気持ちを乗せて贈られます

 ついこの前お正月を迎えたと思っていたら、あっという間に3月の年度末シーズンに突入してしまいました。

 去年の大晦日の夜、まさかの「歯が折れる事件」が起き、あまりの激痛でお正月もへったくれもなかったワタクシ。年が明けた気がしないまま、季節はすっかり春でございます。

 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんも、年度末シーズン始まりのゴングが鳴るのは、3月1日からスタートする各学校の「卒業式のお仕事」から。お花屋さんが「猫の手も借りたい時」とは、まさに「年度末&年度始め」の2カ月間なのでございます。

 「送別」というと、つきものなのは「花」。卒業式や送別会の会場に飾られる花や花束など、送る方・送られる方、双方への感謝や応援の気持ちを「花」に変えて「花を贈る」ことが多くなって参ります。

 ですが、世の中はいまだコロナ禍の真っ只中。「新しい生活様式」なるもののおかげで、今年の年度末イベントの方法のやり方が、今までとは少し変わってまいりました。

 それも踏まえて、ワタクシが思う「花贈りのマナー」をご紹介させていただけたら、と思っております。……ということで、今回は「リアルな花で飾る花道 送別の花」の解説でございます。

なぜ送別に花はつきものなのか

どんなに忙しくてもワシのことはちゃんと可愛がれや byさぶ店長
どんなに忙しくてもワシのことはちゃんと可愛がれや byさぶ店長

 学校の卒業式や会社の送別などで、「花束」はお祝いのアイテムとして、欠かせない必須アイテムでございます。それはなぜなのか。考えられる理由は、以下の通り。

1. 伝えたい気持ちを花にのせて贈れるから
2. 喜んでもらいたいから
3. 花束を渡す図は単純に「映える」から

 花には、五感に直接訴えかける「色」と「香り」、力強いメッセージを持つ「花言葉」というものがございます。いくら言葉で伝えても伝えきれない感謝や応援、励ましやねぎらいなど、贈る側の思いのようなものを花は雄弁に語り、花を受け取った本人やその花を目にする家族の心に感動を与えるのでございます。

 送別会や卒業式などで撮る写真は、花のアル・ナシでだいぶ変わってまいります。花束は単純に「映え」アイテム。そういった意味でも、花束は送別の席に欠かせない必須アイテムでございますね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...
不審物を見つけたにゃ!パトロール中の“オペラ座にゃんたま”
 きょうは、宮城県の田代島で大人気のにゃんたま様、愛称は「オペラ座」です。  まるで仮面を被ったようなクールな模様...
悲しみにサヨナラしたい…心の傷を癒すたった1つの方法とは
 信頼している人に裏切られるって、想像以上にしんどいことですよね。その相手への好意や信頼が大きければ大きいほど傷も深くな...