イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 07:13
投稿日:2021-03-19 12:00
 SNSがきっかけでイケメン俳優・Oさん(36歳)と知り合い、LINEで親交を深めて付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。日々のメールのやりとりから、彼女はOさんに対して違和感を覚えつつも、イケメン俳優である彼との連絡を断ち切ることはできずにいた。
 初デートで指定されたのは、なんと激安カラオケボックス。ビールでほろ酔いになった彼は、R子さんの横に座り腰を抱いてきた。そして……。(前回の話はこちら

防犯カメラにハンカチをかける周到さ

彼の愛撫にただただ…(写真:iStock)
彼の愛撫にただただ… (写真:iStock)

――いきなり急接近ですね。その後はいかがでした?

「……嬉しさと緊張が交錯する中、私が戸惑いながらうつむくと、あごを引きよせられ、唇が重なってきたんです。すぐさま舌が差し込まれて……ああ、この人はこんなふうに女をナンパするんだと思いつつも、甘いキスに抵抗できず――」

――続けてください

「キスをしながら、いきなり乳房を揉まれました。その日、私は薄手のニットとミニスカ姿。乳房を揉んでいた手は、ニットの裾からするりと忍びこんできたんです。

『ダメ……誰か来たら困る』と言う私に、彼は『大丈夫、この店の店員は怠け者だから来ないよ』と余裕綽々で、ブラの上から乳房を揉みしめました。『ほら、乳首だって勃ってるじゃん』と言われて……。

 それでも、私は怖くなり『室内には防犯カメラがあるはずだから、やめて』と拒むと、彼は慣れたように『大丈夫、TVの横にあるカメラには、僕のハンカチをかけてる。見てごらん』と言われたんです。視線を流すと、テレビ横の球形のカメラには、確かにハンカチがかけられていました。

 呆れるほどの用意周到さに、私が唖然としていると、『こんなに可愛いR子ちゃんを前にして、抱きしめない男なんていないよ』と、こちらのプライドをくすぐってくるんです。キザだな……と思いながらも、彼の手を拒む力が次第に失せてしまって……」

――続けてください

「彼は、なおもブラジャーごしの乳房をやわやわと揉んできました。最初こそ拒んでいましたが、イケメン俳優とエロティックな行為をしていることに、私はひどく興奮して……パンティに熱い蜜が滲んでいくのが分かりました。

 彼は私の背中に片手を回すとブラホックを外しました。ふっと胸元が軽くなったと思うと、すぐにニットがたくし上げられて、生の乳房がさらされました。彼は、むき出しになった私の乳房を見ながら『きれいなオッパイだよ……』と、乳首に吸いついてきたんです。

『ああっ』と声を上げると、彼は、『キレイだ、可愛い』『乳首が硬くなってる。感じてくれてるんだね』などと言いながら、両乳房への愛撫を続けました。生温かな舌で乳首を転がされ、ねっとりと唾液をまぶされて……。

 私は『ダメ……ダメ……』と囁きながらも、あまりの心地よさに抵抗の力が緩んでいくのがわかりました。

 乳首を上下にはじかれたり、乳輪をチロチロ舐められる快楽は久しぶりでしたから。しかも、相手はTV出演もするイケメン俳優。もう、すっかり舞い上がって。ただただ彼の愛撫に身を任せていました」

――続けてください

「やがて、彼は私の手を取ると、自身の股間に導いてきたんです。

 デニムごしでも十分わかる勃起に『ああ、私に興奮してくれている』と悦びを覚えました。カラオケボックスという公共の場所にもかかわらず……。そして、あまりにもお手軽な扱いをされているのに、私自身も欲情してしまって……やだ、こんな尻軽な女、軽蔑しますよね?」

――大丈夫ですよ。軽蔑などしません。続けてください。

「はい……私は、彼の期待に応じようと、デニムの上からペニスをまさぐりました。勃起に沿って手を上下させたり、円を描くように圧し揉んだり……ますます硬さを増していくペニスが愛おしかった。そのうち、彼は私の耳元に唇を寄せ『しゃぶって』と言ってきたんです」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク
カップルでのお出かけ羞恥プレーにも! 一石三鳥の活躍ぶり
 膣トレが盛んな昨今、グッズも多様化しています。骨盤の内側に張り巡らされた骨盤底筋群を刺激し、鍛えるためのグッズのことで...
桃子 2021-10-03 06:00 エロコク
同性とはいえ不倫…つらいのに彼女のキスは甘美で優しくて
 結婚10年目にして女性と恋に落ちてしまったW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。お相手の女性は、新宿二丁目のレズビ...
蒼井凜花 2021-10-01 06:00 エロコク
ローターでありバイブでもあり!女性の体に寄り添ってくれる
「完全防水 静音設計 ナカイキボールバイブ9」を輩出しているのは、人気ブランド「P×P×P」。防水仕様であること、作動音...
桃子 2021-09-26 19:12 エロコク
一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク