キレイなネイルを長持ちさせる方法&おすすめデザイン4選♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-04-11 06:00
投稿日:2021-04-11 06:00
 女性にとって、ファッションに欠かせないアイテムの「ネイル」。サロンに通うとお金もかかりますし、セルフネイルでも塗り直すのは面倒なので、できるだけ綺麗なままでネイルを維持したいと思う人も多いでしょう。そこで今回は、ネイルを長持ちさせる5つのコツとおすすめのデザインをご紹介します。

ネイルを長持ちさせるには? 5つの方法

どのネイルがお好み?(写真:iStock)
どのネイルがお好み? (写真:iStock)

 それではさっそく、ネイルを長持ちさせる5つのコツを見ていきましょう。普段の生活での意識を少し変えるだけで、お気に入りのネイルを長持ちさせることができますので、ぜひ今日から実践してみてみましょう。

手袋はマスト!(写真:iStock)
手袋はマスト! (写真:iStock)

1. 水仕事の時はゴム手袋を使う

 洗濯や皿洗いなど、女性にとって避けては通れない水仕事は、実はネイルの大敵。手が濡れるとジェルやマニキュアが剥がれやすくなったり、洗剤やお湯で爪が乾燥しやすくなってしまいます。

 水仕事をする際には、ゴム手袋を使用するようにしましょう。手やネイルへの負担を軽減することができますよ。慣れるまでは少し面倒に感じるかもしれませんが、ネイルの持ちが変わるので、ぜひ心がけてみてくださいね。

2. 保湿ケアをしっかりする

 ネイルを長持ちさせるためには、ハンドクリームやキューティクルオイルで保湿ケアを行うことも大事なポイントになります。指先が乾燥しているとネイルが剥がれやすくなってしまうだけでなく、ささくれの原因になって見た目が半減してしまうことも。

 爪と甘皮の隙間にキューティクルオイルを塗ってから、手全体にハンドクリームを馴染ませるようにしましょう。1日3〜4回が理想だと言われていますが、忙しい人は寝る前に念入りにケアするだけでも有効ですよ。

3. 爪で段ボールなどを開けない

「ちょっとくらいなら大丈夫……」と、つい段ボールを爪で開けたり、爪でシールをカリカリ剥がしたりしていませんか? ほんの一瞬だとしても、これらの行為は爪に大きな負担になります。

 さらに何度も繰り返してしまうと、爪の先からネイルが剥がれたり、最悪の場合は爪が割れてしまうことも。段ボールはハサミを使う、シールを剥がす時は爪ではなく指で外すなど、少し意識をかえるだけでネイルの持ちが変わりますよ。

4. 爪を切る時はヤスリを使う

 爪を切る際には、爪切りではなくできればヤスリを使うようにしましょう。意外と知らない人も多いようですが、爪切りは思っている以上に爪に大きな負担がかかるので、割れやすくなったり二枚爪の原因になってしまうことも。

 爪が伸びきってからヤスリで削るのは大変なので、「少し伸びたかな?」と感じたら定期的にヤスリで削って、爪への負担を最小限に抑えましょう。

5. 手をふやかさないように注意する

 ネイルは基本的に水分に弱いので、手をふやかさないように注意することも大切です。手がふやけている状態は、皮膚も爪も柔らかくなっていてとてもデリケートになっている時。ネイルが剥がれやすくなったり、爪が割れやすくなってしまうため、温泉やプール、岩盤浴など、手がふやけやすい場所では、こまめに手の水分を拭き取ってあげましょう。また、しっかり乾くまではぶつけたりしないように、いつも以上に注意してくださいね。

ネイルを長持ちさせるおすすめの4つのデザイン

根元をクリアにすれば伸びても目立たない(写真:iStock)
根元をクリアにすれば伸びても目立たない (写真:iStock)

 ネイルを長持ちさせるためには、持ちが良いデザインを選ぶことも大事です。続いては、ネイルを長持ちさせるおすすめのデザインを見ていきましょう。

1. 指先にラメやホログラムをつける

 ネイルは、どうしても先端部分が割れてしまうことが多いです。そのため、先端部分を強化するデザインを選ぶことで、ネイルの持ちを長くすることが可能になりますよ。

 おすすめは、ラメやホログラム! 通常のカラーよりも厚みが出るので、ネイルの先端部分を強化するのに役立ちます。爪が割れやすい人は、ぜひ試してみてくださいね。

2. 根元の色がクリアなネイル

 爪が伸びてくると、どうしても根元の色が気になってしまいますよね。根元がクリアなフレンチネイルやグラデーションネイルにすれば、伸びても根元が目立ちにくいので長持ちネイルに。

 ただし、根元が目立たないからといって長期間放置してしまうと、根元から剥がれてしまうこともあるため、根元がパカパカしてきたらネイルを付け替えましょう。

3. 指先は丸みのあるデザインに

 冒頭で説明した通り、ネイルは端部分に衝撃を受けると割れたり剥がれたりしやすくなり、持ちが悪くなってしまいます。角があるデザインや先の尖ったデザインは衝撃に弱いため、指先は丸みのあるデザインにするのがおすすめ。ネイルの持ちを重視するなら、丸みのあるラウンド型が安全ですね。

4. 爪の長さは使いやすさ重視

 長いネイルのデザインは、指を長く見せる効果もあるので多くの女性の憧れでしょう。しかし、爪は長さがあるほど衝撃に弱くなってしまうので、トラブルが多くなってしまうのは当たり前のこと。

 ネイルを長持ちさせるためには、日常生活に支障がない短めのデザインを選ぶようにしましょう。どうしても長いネイルにしたい場合は、長持ちしないと割り切ってしまうことも必要かもしれません。

ネイルを長持ちさせていつも綺麗な指先に♡

ネイルを思いきり楽しもう!(写真:iStock)
ネイルを思いきり楽しもう! (写真:iStock)

 せっかくのお気に入りネイルを、できるだけ長持ちさせたいと思うのは当然のこと。しかし、爪先はとてもデリケートな部分なので、丁寧に扱わないとすぐに壊れてしまいます。

 デザインの選び方や普段の生活の意識を変えるだけでネイルを長持ちさせることができるので、ぜひ実践してみてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


信頼できる定番アイテムが正解!毛穴がスッキリするアイテム3選
 最近、使ってよかった毛穴ケアアイテムを3つご紹介します。もうすっかり「定番アイテム」として定着している商品は、リピート...
アイシャドウが二重の溝に溜まるのが嫌!原因&5つの対処法
 アイメイクをした時、二重の溝にアイシャドウが溜まってしまう……と、悩んでいませんか? 実は、この悩みは、メイクのテクニ...
“エモ顔メイク”で魅力的な女性に♡ 6つの特徴&メイクのコツ
 最近、女性が一番なりたい顔だと言われている「エモ顔」。トレンド感満載のワードですが、中には「“エモ顔”ってどんな顔?」...
ツヤ肌は誰でも作れる♡ メイク&スキンケアの6つの秘訣
 赤ちゃんのようにみずみずしいツヤ肌は、女性なら誰もが憧れるものでしょう♡ でも現実には、加齢や乾燥など、さまざまな原因...
外出時にファンデが乾燥したときの応急処置方法&カサつく原因
 朝、完璧にメイクをしたはずなのに、時間が経つにつれて乾燥し、ファンデが粉吹いてしまう……と悩んでいる女性も多いのではな...
寒い季節の静電気対策!服がまとわりつく原因&防ぐコツ6つ
 寒い季節になると、私たちを困らせる「静電気」。服が体にまとわりついたり、パチっと痛い思いをしたり……と、なにかとストレ...
前髪にワックスをつける時の3つのポイント&上手な使い方♪
 髪型の中でも「前髪」って、目に入ってくる場所ですよね。どうせなら、おしゃれに決めた前髪をキープしたい!と、ワックスを使...
令和の最新オルチャンメイク大公開♡ やり方&5つのポイント
 少し前に大流行した韓国の「オルチャンメイク」。真っ赤なリップに太めの平行眉で美少女を演出したのは昔の話……と思いきや、...
クラシカルもカジュアルもOK♡万能サイドゴアブーツコーデ
 肌寒い季節になってきましたね! 春夏に重宝したスニーカーやパンプスよりも、もう少し足元を暖かくおしゃれしたい気分♡とい...
一年中しっとりボディ♡ 美肌の作り方&心がけるべき生活習慣
 しっとりしていてツヤのある乾燥知らずのボディを手に入れるためには、日々のケアや生活習慣が重要なポイントになります。そこ...
ネイルあるある8選!笑いも失敗も全部“おしゃれ”に変えて♡
 多くの女性がハマっているネイル♡ そんなおしゃれの影には、誰もが体験しているあるあるネタがいっぱい! そこで今回は、ネ...
計るだけダイエットのやり方5STEP!成功させるポイント
 ダイエットにはさまざまな方法がありますが、「どんなに効果がある」と言われる方法でも辛ければ続きません。無理のないダイエ...
新垣結衣が羨ましい…短いバスタイムで美肌ボディを保つコツ
 雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違っ...
くせ毛を活かすアレンジ方法4選!やっかいな髪質を味方に♡
 やっかいなくせ毛。広がってしまったり、いつも同じ方向に流れてしまったりと、悩みは尽きませんよね……。でも、そんなくせ毛...
体重が増えた…太った体をすぐに戻す方法&成功させるコツ♪
「何だか体が重い……」と、久しぶりに体重計に乗ってみると、思ったよりも太っていてビックリ!なんて経験がある人もいるでしょ...
似合う髪型がわからない人必見! オーダーのポイント&注意点
 何年も同じ髪型をしていると、「そろそろ飽きてきたな」と思いながらも自分に似合う髪型が分からず、結局、同じスタイルになっ...