女性のネイルアートを褒める男性に要注意! そのワケとは?

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-04-30 06:05
投稿日:2019-04-30 06:05
 女性からネイルを褒められることはあっても、男性から褒められた経験がある方は少ないのではないでしょうか。でも、もしも、「素敵なネイルだね」なんて、ネイルを褒める男性が周りにいたら要注意!そのワケをご紹介します。

「ネイルアート」に対する男女の考え方

ネイルはお金も時間もかかるんです!(写真:iStock)
ネイルはお金も時間もかかるんです! (写真:iStock)

 女性同士が会うたびにネイルアートを褒め合うのは、指先にまで時間とお金をかけて、おしゃれを保つことの大変さを知っているからでしょう。季節や服装に合わせてネイルを施すステキ女性を見ると、尊敬と好感を覚えますよね。

 しかし、とあるデータによると、実は7割ほどの男性が女性のネイルアートをよく思っていないのだとか。「ゴテゴテしていて苦手・爪が長いと不衛生・お金をかける意味が分からない」など厳しい声も多くありますが、中には「短いなら良い・淡い色なら好感アップ」など、「控えめであればOK」という声もあるようです。

ネイルアートを褒める男性には要注意!そのワケ

「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」(写真:iStock)
「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」 (写真:iStock)

 過半数以上の男性がネイルアートを好まない中、逆にネイルアートをこぞって褒める男性もいます。実はこんな男性は要注意!その理由を見ていきましょう。

女性が喜ぶツボを心得ている

 ネイルに限ったことではないですが、髪型やメイクなどの変化にいち早く気づいて褒めてくれる男性がいます。良くも悪くも女性が喜ぶツボを心得ている、こなれた男性ですね。女性側も時間とお金をかけた努力を認めてもらえたようで、つい嬉しくなってしまいます。

 このタイプの男性は女性に対して下心を持っている場合もありますが、特に好意がなくてもサラリと褒めることが多々あります。どちらにせよ安易に好意を抱かず、注意深く観察することが大切でしょう。

基本的に外見重視

「女性は、爪と髪を磨いてさえいれば良い」という男友達。今や2児の父ですが、若い女性と数々のランデブー中。彼の奥さんはとても美しい方ですが、それでも「今や女性として見れない」のだとか。(若い子が見向きもしないオジさんにさっさとなってくれ!と思う今日この頃。)

 と、話は飛びましたが、「ネイルアートを綺麗にしていてほしい」と思う男性は、基本的に外見重視な方が多い気がします。「外見より中身」を見る概念がないため、「彼氏」や「遊び相手」にするならまだしも、「夫」にすると苦労する可能性大!

おしゃれ男アピールのナルシスト男性

 おしゃれ男アピールのナルシスト男性は、他の男性が滅多に褒めない「ネイル」を褒める「自分」に酔います。

「薬指だけ違う柄なんだ、素敵だね」など、ネイルアートを細部にわたって褒める、または、「そのフレンチネイル、可愛いね」なんて、ネイルの種類を知っていることをアピールしてくるのが特徴。

 こんな男性は女性に対しての理想が高く、服装や髪型などにいちいちうるさい場合が多いです。付き合うと疲れてしまうかも?見極めが肝心です。

例外もある?好きすぎるパターン

 例外もあります。あなたに対して好意を持っているパターンですね。好きすぎて観察するからこそ「ネイルアート」にまで目が行き届くのです。

 あなたが好意を寄せている男性であれば万事OKなのですが、逆に好意がない男性に対して下手に嬉しがると調子に乗り、しつこくなるケースもあるので注意が必要ですよ。

ネイルアートは男性のためではなく自分のために!

ネイルは「モテ重視」より「自分重視」(写真:iStock)
ネイルは「モテ重視」より「自分重視」 (写真:iStock)

「モテるネイル」がよく紹介されていますが、基本的に男性は派手な爪を嫌います。男性ウケを狙うなら、いっそネイルをしないほうがマシでしょう。

 でも、「それだとつまらない!」と思いませんか?そう、ネイルアートはたとえ自己満足と言われようと、自分のために行うべきだと思うのです。

 そんな筆者は職業柄鍵盤を弾くため、爪を伸ばしたことがありません。そして、セルフネイルは30分も弾けば大抵剥げます。だからこそ、素敵女性のネイルアートに憧れますね。いつかやろうと思うまま人生終わりそうですが、これもこれである種の自己満足なのかな、と思ったり。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ