爪の“ネイルベッド”を伸ばすには? 美爪を目指す4つの方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-14 06:00
投稿日:2020-12-14 06:00
 爪のピンクの部分がもう少し長かったなら、爪の形が綺麗に見えるのに…と、悩んでしまうことってありますよね。このピンクの部分は「ネイルベッド」と呼ばれていますが、今回はこのネイルベッドが短くなってしまう原因と、改善する方法を解説したいと思います。

ネイルベッドが短いのはなぜなの? 生まれつき?

ネイルファイルがおすすめ(写真:iStock)
ネイルファイルがおすすめ (写真:iStock)

 爪のピンク色の部分のことを、ネイル業界では「ネイルベッド」と呼びます。あまり一般的ではありませんが、日本語で“爪床(そうしょう)”と呼ぶこともあります。

 子供の頃からこの部分が短いと、「生まれつきなのかなぁ……」と思って諦めてしまう方もいますが、しかし、ネイルベッドが短いのは、後天的な要因である可能性もあるんです。

爪の先端部分への衝撃や深爪癖が原因

 爪の先端部分へ衝撃を与える習慣があると、爪が指から離れやすくなり、結果的にフリーエッジと呼ばれる白い部分が長くなってしまうそうです。日常的な例を挙げると、ピアノやギターなど指先を使いがちな楽器の演奏、パソコンのキーボードを打つ時の衝撃など。缶ジュースのプルタブを爪にひっかけて開けるのも、爪に負担をかける行動ですね。

 また、日頃から深爪の癖がある場合も、どんどん爪が短くさせる原因。白い部分を短くしようとして、毎回どんどん切ってしまうのは逆効果。ネイルベッドの上にある白色のフリーエッジが、最短でも1〜2mmは残るようにしておくのが理想的です。

爪切りよりもネイルファイル(爪やすり)がおすすめ

 爪切りを使ったお手入れは簡単で良いのですが、誤った使い方をすると爪に負担をかけてしまうことがあります。特に、乾燥して爪が硬い状態で切ってしまうと、爪切りの圧力で負担がかかりやすいため、お風呂上がりなど爪が柔らかい状態で行いましょう。

 また、爪切りよりもネイルファイル(爪やすり)のほうが、負担が少ないと考えられています。さまざまな種類がありますが、爪の長さを調整するには「エメリーボード」と呼ばれるファイルがおすすめ。自爪に使う場合、目の荒さは180〜280くらいを目安にして選ぶと良いでしょう。

ネイルベッドを伸ばすための4つの方法

ネイルオイルでしっかり保湿(写真:iStock)
ネイルオイルでしっかり保湿 (写真:iStock)

 もしも、ネイルベッドの長さを少しでも伸ばしたいと思うのであれば、前述したように爪の切り方に気をつけるのが一番です。その上で、次のような習慣を身に付けると、爪の美しさが保たれるでしょう。

1. ハイポキニウムを育成する

 ネイルベッドを伸ばしたい時には、フリーエッジの裏側にある「ハイポキニウム」という薄い皮膚を大事に育てるように意識すると良いとされています。深爪が恒常化していたり、爪の間に挟まったゴミを楊枝でとったりしてしまうと、ハイポキニウムがうまく定着しないので、注意が必要です。もしも指先で作業する場合は、指の腹を使うようにすると良いでしょう。

 また、ネイルオイルを塗る時は、フリーエッジの裏側にもつけてハイポキニウムを大事にすることを意識してみましょう。

2. ジェルを使って爪を補強する

 爪を衝撃から保護するために、補強するのもおすすめです。ジェルで表面をコーティングすることで、爪内部の水分の蒸発を防げますよ。さらに外側からの衝撃から守れるので、爪の健康を保つことができます。

 しかし、あまりにジェルをオン・オフする機会が多いと、爪表面を削りすぎてしまうリスクがあります。1週間のうちに何度も繰り返すのは避けて、1カ月に1度程度を目安にすると良いようです。

 ジェルが苦手な方や爪が弱い方は、爪を補強するための、通称「自爪強化剤」を使うことで爪の強度を増すことができます。自分に合うアイテムを探してみましょう。

3. オイルを使って爪の周りを保湿する

 爪の周りの皮膚は、顔の皮膚と同じようにしっかり保湿することが大切です。栄養のバランスの整った食事を心がけるなどのインナーケアを行うのはもちろん、並行して外側からオイルやクリームを用いて、内側の水分を包み込むようなイメージで保湿ケアを行うと良いですね。

4. 爪周りを優しくマッサージする

 マッサージをする場合は、爪と皮膚の境目をクルクルと優しく撫でるようにしてみましょう。時間に余裕があれば、指全体をマッサージするとさらに効果が高まります。

 強さの目安は、ひよこの頭を撫でても大丈夫なくらいが良いと言われます。指先がポカポカと温まるくらいの程度で行いましょう。ちなみに、指圧のように強い圧をかけるのはNG。爪に凹凸が生まれる可能性があります。

なかなか伸びないのはなぜ? どのくらいの期間で伸びる?

プロに相談してみるのも◎(写真:iStock)
プロに相談してみるのも◎ (写真:iStock)

 仕事でタイピングをする機会が多いと、爪の先が邪魔になってフリーエッジ部分をすべて切ってしまうことってありますよね。しかし、これを繰り返すと、ネイルベッドは短いままになってしまいます。筆者も日常的に仕事でタイピングを行いますが、フリーエッジ部分をすべて切ってしまうのでネイルベッドが短くなってしまいました。

 PCのように指先を使う機会の多い方は、自己流のケアでは追いつかないかもしれません。爪は1カ月に数ミリしか伸びないと言われているので、どのくらいの期間がかかるのかも含めてプロのネイリストさんに相談してみると、良いアドバイスをもらえるでしょう。

適切なケアでネイルベッドが伸びる可能性はある♪

爪先まで美しく(写真:iStock)
爪先まで美しく (写真:iStock)

 爪のピンク色の部分、ネイルベッド。もしかしたら、普段何気なく行っている生活習慣が、あなたの爪に良くない影響を与えているかもしれません。この記事で心あたりのある方は、ぜひ生活習慣を見直しつつ、爪をケアしてみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


お泊まりでも可愛い“すっぴん風メイク”のやり方&カバーテク
  彼の家にお泊まりをする日、「どうしてもすっぴんを見られたくない!」と思う人は多いはず。そんな時は、バレずに可愛く見え...
キュートな魅力♡ “フレッシュタイプ”の顔の特徴&メイク方法
 クール系やエレガント系、フェミニン系など、顔型診断では女性の顔を8タイプに分類します。その中でも、顔立ちは幼い顔立ちで...
親近感&血色感がポイント♪ アラフォー世代の可愛げメイク術
 アラフォーになっても20代のメイクのままの人、シミやシワを隠しすぎて濃いメイクになっている人は、意外と多いのではないで...
大人可愛い“くびれヘア”♡ 長さ別巻き方&おすすめスタイル
 今、人気急上昇の大人可愛いヘアスタイルといえば「くびれヘア」ですよね♡ 首回りがすっきりと見えて小顔効果もあるので、顔...
マグネットつけまつ毛でぱっちり目に♡ 選び方&使い方のコツ
「マグネットつけまつ毛」って、ご存知ですか? その名の通り、つけまつ毛に磁石がついていて、自分のまつ毛を上下から挟んだり...
旬のシャーベットカラーが可愛い♡ 色別おすすめメイク方法
 毎日のメイクは、使う色で顔の印象が大きく変わりますよね。そこで、これからの季節に取り入れたい色合いが、「シャーベットカ...
ベリーショートが似合うか診断♡メリット&男性からの印象も
 女性から見るとベリーショートが似合う女性って、スタイリッシュでおしゃれに見えて本当に憧れてしまいますよね。でも、「男性...
猫っ毛の悩みを解消♡ 似合う髪型・アレンジ&ヘアケア方法
 髪質は人によってさまざま。直毛や剛毛、くせ毛など、それぞれに悩みを抱えていると思いますが、その中でも「ボリュームが出な...
マスクでもファンデがヨレない! 試したい裏技&神アイテム
 コロナで長引くマスク生活。女性たちのメイクの悩みは、尽きませんよね。特に多い悩みが、マスクによるファンデのヨレ。湿気や...
ニュアンスカラー服で大人シックに♪上手に着こなすポイント
 ファッションは、時代とともに変化しています。どんなに流行りのデザインでも、色使いやコーディネート次第で、時代遅れの印象...
“こなれ感”をプラスしてファッション上級者♡コーデのコツ8つ
 ファッション誌をチェックしていると、よく目にする「こなれ感」という用語。なんとなく聞いたことがあるけど、よく意味がわか...
“ピンクメイク”で大人可愛く♡ 色選びのコツ&メイクのやり方
 ふんわり可愛いピンクメイクに挑戦したい気持ちはあっても、可愛くなりすぎてしまわないかが心配で、チャレンジできずにいる人...
正しい方法で”脱ヒゲ女”♡ ケアするメリット&3つの注意点
 実は、女性でも鼻の下やあごにヒゲが生えてしまうことがあります。“ヒゲ女”なんて言われるこの現象ですが、こっそり定期的に...
二の腕が太くなる4つの原因&自宅でできる簡単エクササイズ♪
 薄着の季節になると気になり始めてしまうのが、二の腕のプルプル。「ふり袖状態を何とかしたい」「ノースリーブを格好良く着こ...
プチプラ化粧水にプラスして♡ 満足度をUPさせるデパコス3選
 最近では「プチプラスキンケアコスメも名品揃い」ではあるものの、プチプラだけじゃなく、デパコスや高級コスメを上手に組み合...
甘くなりすぎない大人フェミニンコーデ&メイクの8つのコツ♪
 ファッションコーデやメイクでよく耳にする、「フェミニン系」。フェミニン系とは、“女性らしく柔らかい印象に仕上げること”...