爪の“ネイルベッド”を伸ばすには? 美爪を目指す4つの方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-14 06:00
投稿日:2020-12-14 06:00
 爪のピンクの部分がもう少し長かったなら、爪の形が綺麗に見えるのに…と、悩んでしまうことってありますよね。このピンクの部分は「ネイルベッド」と呼ばれていますが、今回はこのネイルベッドが短くなってしまう原因と、改善する方法を解説したいと思います。

ネイルベッドが短いのはなぜなの? 生まれつき?

ネイルファイルがおすすめ(写真:iStock)
ネイルファイルがおすすめ (写真:iStock)

 爪のピンク色の部分のことを、ネイル業界では「ネイルベッド」と呼びます。あまり一般的ではありませんが、日本語で“爪床(そうしょう)”と呼ぶこともあります。

 子供の頃からこの部分が短いと、「生まれつきなのかなぁ……」と思って諦めてしまう方もいますが、しかし、ネイルベッドが短いのは、後天的な要因である可能性もあるんです。

爪の先端部分への衝撃や深爪癖が原因

 爪の先端部分へ衝撃を与える習慣があると、爪が指から離れやすくなり、結果的にフリーエッジと呼ばれる白い部分が長くなってしまうそうです。日常的な例を挙げると、ピアノやギターなど指先を使いがちな楽器の演奏、パソコンのキーボードを打つ時の衝撃など。缶ジュースのプルタブを爪にひっかけて開けるのも、爪に負担をかける行動ですね。

 また、日頃から深爪の癖がある場合も、どんどん爪が短くさせる原因。白い部分を短くしようとして、毎回どんどん切ってしまうのは逆効果。ネイルベッドの上にある白色のフリーエッジが、最短でも1〜2mmは残るようにしておくのが理想的です。

爪切りよりもネイルファイル(爪やすり)がおすすめ

 爪切りを使ったお手入れは簡単で良いのですが、誤った使い方をすると爪に負担をかけてしまうことがあります。特に、乾燥して爪が硬い状態で切ってしまうと、爪切りの圧力で負担がかかりやすいため、お風呂上がりなど爪が柔らかい状態で行いましょう。

 また、爪切りよりもネイルファイル(爪やすり)のほうが、負担が少ないと考えられています。さまざまな種類がありますが、爪の長さを調整するには「エメリーボード」と呼ばれるファイルがおすすめ。自爪に使う場合、目の荒さは180〜280くらいを目安にして選ぶと良いでしょう。

ネイルベッドを伸ばすための4つの方法

ネイルオイルでしっかり保湿(写真:iStock)
ネイルオイルでしっかり保湿 (写真:iStock)

 もしも、ネイルベッドの長さを少しでも伸ばしたいと思うのであれば、前述したように爪の切り方に気をつけるのが一番です。その上で、次のような習慣を身に付けると、爪の美しさが保たれるでしょう。

1. ハイポキニウムを育成する

 ネイルベッドを伸ばしたい時には、フリーエッジの裏側にある「ハイポキニウム」という薄い皮膚を大事に育てるように意識すると良いとされています。深爪が恒常化していたり、爪の間に挟まったゴミを楊枝でとったりしてしまうと、ハイポキニウムがうまく定着しないので、注意が必要です。もしも指先で作業する場合は、指の腹を使うようにすると良いでしょう。

 また、ネイルオイルを塗る時は、フリーエッジの裏側にもつけてハイポキニウムを大事にすることを意識してみましょう。

2. ジェルを使って爪を補強する

 爪を衝撃から保護するために、補強するのもおすすめです。ジェルで表面をコーティングすることで、爪内部の水分の蒸発を防げますよ。さらに外側からの衝撃から守れるので、爪の健康を保つことができます。

 しかし、あまりにジェルをオン・オフする機会が多いと、爪表面を削りすぎてしまうリスクがあります。1週間のうちに何度も繰り返すのは避けて、1カ月に1度程度を目安にすると良いようです。

 ジェルが苦手な方や爪が弱い方は、爪を補強するための、通称「自爪強化剤」を使うことで爪の強度を増すことができます。自分に合うアイテムを探してみましょう。

3. オイルを使って爪の周りを保湿する

 爪の周りの皮膚は、顔の皮膚と同じようにしっかり保湿することが大切です。栄養のバランスの整った食事を心がけるなどのインナーケアを行うのはもちろん、並行して外側からオイルやクリームを用いて、内側の水分を包み込むようなイメージで保湿ケアを行うと良いですね。

4. 爪周りを優しくマッサージする

 マッサージをする場合は、爪と皮膚の境目をクルクルと優しく撫でるようにしてみましょう。時間に余裕があれば、指全体をマッサージするとさらに効果が高まります。

 強さの目安は、ひよこの頭を撫でても大丈夫なくらいが良いと言われます。指先がポカポカと温まるくらいの程度で行いましょう。ちなみに、指圧のように強い圧をかけるのはNG。爪に凹凸が生まれる可能性があります。

なかなか伸びないのはなぜ? どのくらいの期間で伸びる?

プロに相談してみるのも◎(写真:iStock)
プロに相談してみるのも◎ (写真:iStock)

 仕事でタイピングをする機会が多いと、爪の先が邪魔になってフリーエッジ部分をすべて切ってしまうことってありますよね。しかし、これを繰り返すと、ネイルベッドは短いままになってしまいます。筆者も日常的に仕事でタイピングを行いますが、フリーエッジ部分をすべて切ってしまうのでネイルベッドが短くなってしまいました。

 PCのように指先を使う機会の多い方は、自己流のケアでは追いつかないかもしれません。爪は1カ月に数ミリしか伸びないと言われているので、どのくらいの期間がかかるのかも含めてプロのネイリストさんに相談してみると、良いアドバイスをもらえるでしょう。

適切なケアでネイルベッドが伸びる可能性はある♪

爪先まで美しく(写真:iStock)
爪先まで美しく (写真:iStock)

 爪のピンク色の部分、ネイルベッド。もしかしたら、普段何気なく行っている生活習慣が、あなたの爪に良くない影響を与えているかもしれません。この記事で心あたりのある方は、ぜひ生活習慣を見直しつつ、爪をケアしてみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...