結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-18 06:00
投稿日:2021-04-18 06:00
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めてお金まで払ったのに、「時間を返して!」と叫ぶ自分の姿、想像したくないですよね……。そこで今回は、結婚相談所の実態や、失敗しない結婚相談所の選び方をご紹介します。

知ってた? 結婚相談所のトラブルを招く3つの実態

結婚したいのに…(写真:iStock)
結婚したいのに… (写真:iStock)

 まずは事前に知っておくべき結婚相談所の実態からチェックしてみましょう。

1.「高い成婚率」にはカラクリがある

「成婚率No1!」と謳っている結婚相談所、よく見かけますよね。しかし実は、この成婚率の算定方法は、業界内では定義されていないのが現実。たとえば……

・結婚相談所A:成婚退会者数30名÷全会員数100名×100=成婚率30%
・結婚相談所B:成婚退会者数30名÷1年間の退会者数50名×100=成婚率60%

 上記のように、成婚して退会した人数は同じでも、成婚率はどのような算定方法にしているかで大きく変わります。そのため、成婚率だけで結婚相談所を選ぶのは危険だといえるでしょう。

2.「女性」に不利な結婚相談所も多い

 結婚相談所の多くは、男性会員のほうが少ないところが多いです。差が激しい場合、男性2割に対して女性が8割というところも。これは、「男性のほうが女性よりも結婚願望が低い」「男性が金銭的に支える場合が多く、なかなか婚活に踏み切れない」「男性のほうが審査基準が厳しい」ことが要因のようです。

 つまりは、会員の男女の比率を事前に確認しておかないと非常に高い競争率になってしまい、いつまで経っても結婚できないという事態になってしまうので、注意しましょう。

3. 大手でもサポート形態に注意が必要

 結婚相談所は、「大手のほうが会員もスタッフも多くて安心!」と思っている人も多いはず。ただ、大手でも入会時の営業担当と会員サポートの担当がすべて同じで、一人が数百人の会員を担当するケースもあります。

 そういった場合、会員同士のマッチングやサポートまで手が回らないということも……。大手かどうかだけで決めずに、どのようなサポートが受けられるのかを確認してから結婚相談所を選ぶことが重要です。

悪質でひどい…結婚相談所によくある危険なトラブル

 実は、国民生活センターには毎年1000件を超える結婚相談所に関するトラブルの相談があるそうです。中でも、特に多いトラブルをチェックしてみましょう。

お金に関するトラブル

こんなに請求されるの!?(写真:iStock)
こんなに請求されるの!? (写真:iStock)

 もっとも多いのが、お金に関するトラブルです。特に、トラブルの原因となるのが、以下の費用についてです。

■解約金についての認識の相違

 結婚相談所を途中で解約する際には、違約金が発生します。9割の金額は返金されますが、すでに受けているサービスの内容やキャンペーンなどでお得に入会していた場合などは、思ってもいない金額を請求されることもあります。

■成婚料についての認識の相違

 結婚相談所では、成婚になると「成婚料」という報酬を支払う必要があります。ただ、成婚のタイミングは、プロポーズを了承した日、交際が始まった日など、さまざま。金額相場も5〜30万円と安くはないので、どんな条件が揃った時、いつ請求されるのかを確認しておきましょう。

紹介相手に関するトラブル

全然希望と違う相手ばかりなんですけど(写真:iStock)
全然希望と違う相手ばかりなんですけど (写真:iStock)

 結婚相談所では、本来の目的である紹介相手に関するトラブルも多いようです。

■希望と違う人ばかり紹介される

 希望とは違う条件の人ばかり紹介されるというトラブルも多いです。女性不足や会員不足から数カ月間お見合いが決まらず、お金だけ払っているような状態になると、ただ不安と焦りだけが募っていってしまいますよね。

■プロフィールと本物が違いすぎる

 結婚相談所のプロフィール写真は、プロのヘアメイク&カメラマンに撮影してもらうことが多いです。そのため、実際に会った時に、写真とはまったく別人と思ってしまうほどの差があることも……。あまりに印象が違いすぎる人が続く場合には、担当者に相談してみても良いかもしれません。

サポートに関するトラブル

ダメ出しばっかりで心が折れそう(写真:iStock)
ダメ出しばっかりで心が折れそう (写真:iStock)

 結婚相談所の大きさに関わらず、サポートに関するトラブルも増えています。

■まったくサポートされずに放置されている

 せっかく入会したのに、ほとんど相手を紹介されずに放置されてしまう人も、中にはいるようです。一人のスタッフが大人数の会員を抱えすぎているパターンや、会員数が少ないことで紹介できないといった事情があるようです。

■価値観を押し付けられる

「それだから結婚できないのよ」「そんな条件をつけていたらダメ」と、担当スタッフが価値観を押し付けてくる結婚相談所もあります。強く言われたとしても流されずに、自分の意思をしっかりと伝えていくことが大切です。

話が違う!と思ったら…? 悪質でひどいトラブルへの対処法

ひどいトラブルには弁護士を(写真:iStock)
ひどいトラブルには弁護士を (写真:iStock)

 では、結婚相談所を利用して、実際にトラブルにあってしまったらどうすればいいのでしょうか? 万が一の時のために、知っておきましょう。

最寄りの消費者センターに相談する

 契約時と話が違っていたり、ひどいサービスに困ったりしたら、まずは、最寄りの消費者センターに相談しましょう。基本的には電話相談ですが、窓口を希望すれば直接担当者が相談に応じてくれます。休日に相談したいなら、国民生活センターホットライン(188)に連絡してみましょう。

弁護士に頼む

 ひどいトラブルの場合は、弁護士に依頼するのも一つの方法です。費用はかかりますが、その分、プロの目線でサポートしてもらうことができます。また、消費者生活センターでも弁護士を紹介してくれる場合があるので、まずは気軽に相談してみましょう。

結婚相談所トラブルで後悔しないために

素敵な結婚相手に出会えますように(写真:iStock)
素敵な結婚相手に出会えますように (写真:iStock)

「早く結婚したい」「子供が産みたい」と、焦って結婚相談所を選んでしまうと、思わぬトラブルに遭遇するリスクは高くなります。そうなれば、お金と時間ばかりがなくなってしまうため、事前にどんなトラブルがあるのか、その実態を知っておくことは必ず役に立つはず。ぜひ、賢く判断して、素敵な出会いを叶えてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ