結婚相談所の知っておくべき3つの実態&よくあるトラブル

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-18 06:00
投稿日:2021-04-18 06:00
 近年の婚活ブームで結婚相談所を利用する人が増加する中、それに伴ってトラブルも増えているようです。せっかく出会いを求めてお金まで払ったのに、「時間を返して!」と叫ぶ自分の姿、想像したくないですよね……。そこで今回は、結婚相談所の実態や、失敗しない結婚相談所の選び方をご紹介します。

知ってた? 結婚相談所のトラブルを招く3つの実態

結婚したいのに…(写真:iStock)
結婚したいのに… (写真:iStock)

 まずは事前に知っておくべき結婚相談所の実態からチェックしてみましょう。

1.「高い成婚率」にはカラクリがある

「成婚率No1!」と謳っている結婚相談所、よく見かけますよね。しかし実は、この成婚率の算定方法は、業界内では定義されていないのが現実。たとえば……

・結婚相談所A:成婚退会者数30名÷全会員数100名×100=成婚率30%
・結婚相談所B:成婚退会者数30名÷1年間の退会者数50名×100=成婚率60%

 上記のように、成婚して退会した人数は同じでも、成婚率はどのような算定方法にしているかで大きく変わります。そのため、成婚率だけで結婚相談所を選ぶのは危険だといえるでしょう。

2.「女性」に不利な結婚相談所も多い

 結婚相談所の多くは、男性会員のほうが少ないところが多いです。差が激しい場合、男性2割に対して女性が8割というところも。これは、「男性のほうが女性よりも結婚願望が低い」「男性が金銭的に支える場合が多く、なかなか婚活に踏み切れない」「男性のほうが審査基準が厳しい」ことが要因のようです。

 つまりは、会員の男女の比率を事前に確認しておかないと非常に高い競争率になってしまい、いつまで経っても結婚できないという事態になってしまうので、注意しましょう。

3. 大手でもサポート形態に注意が必要

 結婚相談所は、「大手のほうが会員もスタッフも多くて安心!」と思っている人も多いはず。ただ、大手でも入会時の営業担当と会員サポートの担当がすべて同じで、一人が数百人の会員を担当するケースもあります。

 そういった場合、会員同士のマッチングやサポートまで手が回らないということも……。大手かどうかだけで決めずに、どのようなサポートが受けられるのかを確認してから結婚相談所を選ぶことが重要です。

悪質でひどい…結婚相談所によくある危険なトラブル

 実は、国民生活センターには毎年1000件を超える結婚相談所に関するトラブルの相談があるそうです。中でも、特に多いトラブルをチェックしてみましょう。

お金に関するトラブル

こんなに請求されるの!?(写真:iStock)
こんなに請求されるの!? (写真:iStock)

 もっとも多いのが、お金に関するトラブルです。特に、トラブルの原因となるのが、以下の費用についてです。

■解約金についての認識の相違

 結婚相談所を途中で解約する際には、違約金が発生します。9割の金額は返金されますが、すでに受けているサービスの内容やキャンペーンなどでお得に入会していた場合などは、思ってもいない金額を請求されることもあります。

■成婚料についての認識の相違

 結婚相談所では、成婚になると「成婚料」という報酬を支払う必要があります。ただ、成婚のタイミングは、プロポーズを了承した日、交際が始まった日など、さまざま。金額相場も5〜30万円と安くはないので、どんな条件が揃った時、いつ請求されるのかを確認しておきましょう。

紹介相手に関するトラブル

全然希望と違う相手ばかりなんですけど(写真:iStock)
全然希望と違う相手ばかりなんですけど (写真:iStock)

 結婚相談所では、本来の目的である紹介相手に関するトラブルも多いようです。

■希望と違う人ばかり紹介される

 希望とは違う条件の人ばかり紹介されるというトラブルも多いです。女性不足や会員不足から数カ月間お見合いが決まらず、お金だけ払っているような状態になると、ただ不安と焦りだけが募っていってしまいますよね。

■プロフィールと本物が違いすぎる

 結婚相談所のプロフィール写真は、プロのヘアメイク&カメラマンに撮影してもらうことが多いです。そのため、実際に会った時に、写真とはまったく別人と思ってしまうほどの差があることも……。あまりに印象が違いすぎる人が続く場合には、担当者に相談してみても良いかもしれません。

サポートに関するトラブル

ダメ出しばっかりで心が折れそう(写真:iStock)
ダメ出しばっかりで心が折れそう (写真:iStock)

 結婚相談所の大きさに関わらず、サポートに関するトラブルも増えています。

■まったくサポートされずに放置されている

 せっかく入会したのに、ほとんど相手を紹介されずに放置されてしまう人も、中にはいるようです。一人のスタッフが大人数の会員を抱えすぎているパターンや、会員数が少ないことで紹介できないといった事情があるようです。

■価値観を押し付けられる

「それだから結婚できないのよ」「そんな条件をつけていたらダメ」と、担当スタッフが価値観を押し付けてくる結婚相談所もあります。強く言われたとしても流されずに、自分の意思をしっかりと伝えていくことが大切です。

話が違う!と思ったら…? 悪質でひどいトラブルへの対処法

ひどいトラブルには弁護士を(写真:iStock)
ひどいトラブルには弁護士を (写真:iStock)

 では、結婚相談所を利用して、実際にトラブルにあってしまったらどうすればいいのでしょうか? 万が一の時のために、知っておきましょう。

最寄りの消費者センターに相談する

 契約時と話が違っていたり、ひどいサービスに困ったりしたら、まずは、最寄りの消費者センターに相談しましょう。基本的には電話相談ですが、窓口を希望すれば直接担当者が相談に応じてくれます。休日に相談したいなら、国民生活センターホットライン(188)に連絡してみましょう。

弁護士に頼む

 ひどいトラブルの場合は、弁護士に依頼するのも一つの方法です。費用はかかりますが、その分、プロの目線でサポートしてもらうことができます。また、消費者生活センターでも弁護士を紹介してくれる場合があるので、まずは気軽に相談してみましょう。

結婚相談所トラブルで後悔しないために

素敵な結婚相手に出会えますように(写真:iStock)
素敵な結婚相手に出会えますように (写真:iStock)

「早く結婚したい」「子供が産みたい」と、焦って結婚相談所を選んでしまうと、思わぬトラブルに遭遇するリスクは高くなります。そうなれば、お金と時間ばかりがなくなってしまうため、事前にどんなトラブルがあるのか、その実態を知っておくことは必ず役に立つはず。ぜひ、賢く判断して、素敵な出会いを叶えてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ