結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-04-17 08:42
投稿日:2021-03-01 06:00
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、はじめて結婚相談所を利用するとなると、やはり不安もありますし、敷居も高く感じられますよね。
 そこで今回は、結婚相談所にまつわる口コミを徹底リサーチし、実際に利用した方の声から事前に知っておきたい注意点を考察しました。これから利用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚相談所を利用する前に知っておきたい5つの注意点

「◯%がマッチングに成功しました!」という結婚相談所の広告、よく見かけますよね。しかし、このデータからからは見えてこない「注意点」もあるんです。ここから、5つの項目に分けてご紹介します。

注意点1:年齢を実感して辛くなってしまうことがある

 結婚相談所を利用すると、事前の無料相談や具体的なカウンセリングを経て、ある程度条件でデートする相手を絞り込むところからはじまります。この時、男性の多くは「これから結婚や出産の準備ができる、およそ28歳くらいの女性」を望む方が多いのだとか。

 このように男性の需要が偏っている中から自分にマッチする相手を探すので、常にライバルの年齢を気にしなければならないという注意点があります。中には、結婚相談所での婚活が辛い経験になってしまったという方もいるようです。

注意点2:相手が求める条件が高すぎることもある

 男性によっては、希望の女性の条件として「大卒」「正社員」「できれば可愛い女性」「体重が40kg台」「共働きしてくれる」などの条件を挙げることも。多くの男性が思い描いている“普通の女性”の基準は、とても高いことが分かりますね。

 同じ女性から見ると、「え? そんな素敵な女性なら、もう結婚してるんじゃ……?」って思ってしまうこともしばしば。気になる相手が見つかったとしても、なかなかマッチングしづらいことはあるかもしれません。

注意点3:自分に非がある場合に指摘してもらえない

 前述した内容は、男性だけでなく女性にも当てはまるそう。女性利用者の中には、「年収500万円以上」「高学歴」「身長が高い」「清潔感がある」「長男以外」など、平均以上の男性を“普通の男性”だと信じ込んでしまっているケースもあるといいます。

 結婚相談所のスタッフは、基本的に利用者の望む条件をもとに仲介するので、利用者自身の理想が高すぎる場合に指摘してくれるとは限りません。すると、自分の価値観のズレに気づけないまま、婚活を続けてしまうことになってしまいます。

注意点4:お付き合いの段階で体の相性が分からない

 結婚相談所の中には、婚約前のお付き合いの段階で体の関係を持つことをNGにしているところも多くあります。これを「真剣な交際」と捉えるとメリットにも思えるのですが、いざ婚約して関係を持った時に性の不一致に気付かされることもあるそう。

 あまり知られていませんが、実はこの「性の不一致」は離婚の原因としてポピュラーになっている現状もあります。妊娠や出産にも関わることですので、婚活の際にこの点を重視する方は、結婚相談所は向かないかもしれません。

注意点5:恋愛感情をなかなか抱きにくい

 もっとも現実的な注意点は、結婚相談所での出会いではお互いに恋愛感情を抱きにくいというものです。自然発生の恋愛とは違い、条件を先に見て相手と会うので、第一印象で「ときめき」を感じにくいのだそう。

 中には、「恋愛感情はいらないからお見合いしたい」と割り切って登録している人もいるので、必ずしもすべてのケースで恋愛感情を持てるとは限りません。もしも自然恋愛に憧れているのであれば、日常の中で出会いを見つけたり、地域の自治体が主催する婚活パーティーなどに参加してみるのも良いかもしれません。

婚活成功のためには自分に合ったサービスを利用しよう!

 ここまで、結婚相談所の注意点をご紹介してきました。今回挙げた注意点を踏まえて、「全然いいじゃん!」と思える方もいれば、「ちょっと自分には向かないかも……?」と、躊躇した方もいらっしゃるでしょう。婚活は、なにも結婚相談所がすべてではありません。

・結婚相談所……自分で行動するのが苦手で、プロに仲介してもらいたい方向け
・婚活パーティー……自然恋愛に近い、ときめきを大切に婚活したい方向け
・マッチングアプリ……たくさんの条件から主体的に相手を探したい方向け
・親戚経由のお見合い……家族の協力があったほうが前向きになれるという方向け

 このように、自分の結婚観に合った婚活方法をチョイスすることで、より将来が見えやすくなるはずです。

結婚相談所だけじゃない! 自分に合った婚活をして素敵なパートナーを見つけよう♡

 これまで結婚のきっかけが掴めなかった女性にとって、さまざまな婚活支援サービスがあるのは心強いことではないでしょうか。結婚相談所もその1つ。今回は注意点を取り上げましたが、必ずしもデメリットばかりではありません。結婚相談所での出会いをきっかけにして、愛情を育んでいる夫婦もたくさんいますよね! ぜひ、あなたに合った婚活方法で、運命の相手を探し出してくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ