メイクのプロに聞いた!結婚を近づける“婚活メイク”徹底解説

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-03-02 06:26
投稿日:2021-03-02 06:00
 結婚したいと思ったら、まずは出会いの場へ行きますよね。そこで大切なのが、第一印象です。最近はコロナ禍により、婚活アプリや結婚相談所に登録する人も増加傾向にありますが、いずれも最初に写真が目に飛び込んできますから、ますます見た目が重要になってきます。そこで今回は、婚活メイク専門家のおやちあきさんに、結婚に近づける婚活メイクのコツを伺いました。

婚活メイクをするメリット

婚活メイク専門家のおやちあきさん(C)コクハク
婚活メイク専門家のおやちあきさん (C)コクハク

———ズバリ、婚活メイクがオススメの理由を教えてください。

「第一印象が変わります。これは婚活する上でとても重要なこと。男性は女性をパッと見た時に『アリかナシか』を判断しますが、その時にナシと思われたら、もう一生ご縁は巡ってこないと思っていいでしょう。それくらい第一印象が大切なのです。

 そのためには、まずは万人ウケをするメイクであること。自身の個性を出していくのは、選ばれてからです。ピンポイントで個性を出して狙っていっても、出会える確率が下がるだけですからね」

 なるほど! それでは早速、婚活メイクの実践テクニックを具体的に教えていただきましょう!

部位別・婚活メイクの実践テクニック

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 すっぴんの状態から婚活メイクを完成させるまでの手順を、おやちあき先生に解説していただきました。ぜひ、自分でも鏡を見ながら、婚活メイクの実践テクニックを熟読してくださいね!

ベースメイク

 とにかくナチュラルに見えるベースメイクを心がけましょう。メイクには流行がありますが、肌感に関してはいつの時代もキレイ一択です。「肌荒れが流行る」なんてことはありませんから、素肌がキレイそうなナチュラルベースメイクを作っていきましょう。

 リキッドファンデーションを塗り、その上からパウダーでおさえて、ふんわりしたお肌にしましょう。固形ファンデーションにすると強い印象になるので、婚活メイクには不向きです。逆に、営業の仕事などには向いていますね。

アイメイク

 アイメイクはトレンドの移り変わりが早いので、どんどんアップデートしましょう。ひと昔前のアイメイクをしていると、顔も古い印象になってしまいます。

 最近は、全体的に薄いアイメイクが流行っています。

 アイシャドーはー色塗りにし、アイラインは茶色のペンシルで。リキッドアイライナーは濃すぎるのでオススメしません。下のアイラインは引かずに、涙ぶくろの部分に肌なじみの良いゴールドのラメを塗りましょう。涙ぶくろにシルバー系の色を乗せると、昔のギャルっぽくなる可能性もあるので要注意。

 マスカラは1〜2回ささっと塗る程度で、くれぐれもひじきのようにゴテゴテに塗らないこと。まつ毛に関しては、日々のまつ育を頑張って自まつ毛を伸ばすことが大切です。婚活用の写真を撮るときは、付けまつ毛をして目力をUPさせるのも良いですが、実際に会うときは自まつ毛にマスカラを塗って、ナチュラルにするのがオススメです。

(写真:iStock)
(写真:iStock)

眉毛

 眉毛が少ない人は、生やしましょう。ナチュラルな眉にするために“生えてる感”がとても大事です。

 眉毛の色味は、髪の毛と目の色の間がベスト! 一般的には茶色寄りの色味が合いやすいです。逆にグレー系の眉毛の色が合っている人はなかなか見ないので、オススメしません。眉毛が濃いめの人は、眉マスカラで軽さを出しましょう。

チーク

 ピンク色のチークを、頬の上に丸く円を描くように入れましょう。王道ですが、ピンク色のチークは男性ウケがバッチリです。

 たまに目の真下にチークを入れたり、鼻を通過して左右のチークをつなげている人がいますが、婚活メイクとしては少々個性が強すぎます。

 チークを入れたら、ハイライトも入れましょう。額から鼻筋までのTゾーンと、こめかみ部分のC ゾーン、目の下の3箇所にハイライトを入れることで、顔に立体感が出ます。

 自分でメイクをしている時は、正面からしか見ませんが、デートの時は横並びになることもあるでしょう。そんな時に立体感があると、グッと魅力が引き立つのでハイライトは大切な一手間です。

 メイクに熱中していると“濃い薄い”の感覚がわからなくなってくるので、大きなミラーと小さな手鏡を両方見ながらメイクをすると、全体を確認しながらメイクができるのでオススメです。

リップ

 リップもピンク系の色をチョイスして、可愛いらしさを演出しましょう。ちょっとピンク過ぎるのは気恥ずかしいという大人女子は、コーラルピンクがオススメです。

 今はマスク必須なので、リップを塗った後はティッシュで軽く押さえるとマスクにつきにくいです。
 
 真っ赤な赤色のパワーリップなんかをつけると、少々おばけ感が出てしまうので、柔らかい色味で。また最近のトレンドでは、リップグロスはしない傾向にあるので付けなくて良いでしょう。

髪型

 一番のオススメはハーフアップです。髪の毛は長めが万人ウケします。毛先は巻いたほうが華やかになりますが、巻くのが苦手な方は、ストレースアイロンで毛先を内巻きにするだけでも効果的です。

 ワックスは柔らかいものを選びましょう。固まるタイプだと出先で髪型が崩れた時に修正できなくなってしまうので、調整しやすい柔らかいワックスが良いです。

 また、左右に変化がある髪型の方が相手にさまざまな印象を与えられるので、横分けにしたり、前髪を流すなどすると良いでしょう。

 金髪やインナーカラーは、婚活的には不向きです。彼が「自分の親に会わせたい」と思う雰囲気を意識してください。

 また、お泊まりデートをした時などの起きたては髪がボサボサになってしまうので、お団子にしてまとめるのがオススメです。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...
流行りの「キレイ色」多すぎ…大人だから似合うおすすめは?
 暗めの色がしっくりくる秋冬が終わり、いよいよ春に向けてコーディネートも変えていきたい気分♡ でも、大人女子になると、た...