戦略的に動く!婚活にこそマーケティングの感覚が必要な理由

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-11-26 06:00
投稿日:2019-11-26 06:00
 あなたは今どのような形で婚活をしていますか? 私は「婚活はマーケティングとブランディングが特に重要だ」とお伝えしています。今回はそのマーケティングについてお話させていただきます。

婚活にも必要なマーケティングの感覚

あなたの価値を最大限引き出せる場所とは?(写真:iStock)
あなたの価値を最大限引き出せる場所とは? (写真:iStock)

 女性にとって「年齢」は、婚活をマーケティングする上で大きく関わってくる条件です。

 今あなたは何歳でしょうか? 少し厳しい話をさせていただきますが、男性が結婚をしたいと思うきっかけの上位には「子供」が入っています。子供が欲しいと感じる男性にとって、年齢は切っても切れない条件になるわけです。

 大手企業にはマーケティング部が存在しており、ものを売ったり、発信する上でマーケティングをせずに出すというのは考えにくい時代となりました。

 例えば、コップをあなたが売るとしましょう。そのコップはデザイン性も優れ、使い勝手も良い! コップの価値を最大限引き出せる場所で、価値を一番感じてくれる人に、高値で売りたいのが売り手の考えですよね。

 あなたは3万円で売りたいと考えたとしましょう。単純に人の出入りが多い場所で認知を高めようと思い、100円ショップに置いたらどうなるでしょう。100円均一にくるお客様が求めているものは値段の安さ。おそらく、誰1人として手に取る人はいないでしょう。

自分をどこに「置く」べきか?

どんな人に手に取ってもらいたいのか(写真:iStock)
どんな人に手に取ってもらいたいのか (写真:iStock)

 しかし、デパートの高級食器が置いてある棚にポツンと置いたとしましょう。そのデザイン性の高さから、3万円という値段を安いと思ってくれる、コップの価値を最大限に感じ取って大切にしてくれる人が現れるかもしれません。さらに、一点物となったら、どうでしょう。

 マーケティングとはその商品を世の中に売る上で、どのように魅力を認知してもらい、手にとってもらうのか? 戦略を立てる重要な方法です。

 では、自分自身を1つの商品として考えたとき、あなたはどのマーケットに行き、どのように自分の魅力を伝えれば、よりあなた自身を高く評価してくれ、愛してくれる男性と結婚できるでしょうか。これこそ、どのマーケットで活動しているのか? が重要になってきます。

 あなたという一点物の女性を100円均一に置き、そこにいる男性に手に取ってもらうことを望んでいるのか? それともデパートに置き、そこで手に取ってもらえる価値をあなた自身が持っているのか? 考えたことがあるでしょうか。

 好きな人からは好かれないのに、好きだと思えない人からは言い寄られるという悩みを持つ女性は、100円均一に置かれて手に取ってくれた顧客に納得していないが、デパートに置けるほどの魅力を出せていないということになります。

婚活において自己分析をする効果

自分自身が求めるものを明確にする(写真:iStock)
自分自身が求めるものを明確にする (写真:iStock)

 私の結婚相談所では必ず入会後の2ヶ月はマーケティング期間とし、会員さんの活動を元にマーケティングをします。その後、現在の状況を一緒に把握する作業をするのです。

 現状の自分自身ならどんな男性とならご縁があり、自分自身はどんな理想を持っているのか。現実と理想のギャップからしか課題は見えてきませんし、現実を知るにはマーケティングが必要なのです。

 業界全体での市場価値というのは、恋愛市場では27歳、28歳が一番高く、婚活市場では、32歳、33歳がピークだと言われています。しかし、その年齢じゃないからダメだということではありません。結婚したいと思った時こそ適齢期。せっかく今婚活をしているのだとしたら、自分自身が出会えている人、求めてくれている人を分析し、自己分析することをお勧めします。

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ