人見知り必見! 気になる人との距離を最短で縮める方法とは

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-04-23 06:00
投稿日:2021-04-23 06:00
 男女問わず「なんかこの人、誰とでもすぐ親しくなるなー」って人、周りにいませんか? 私はどちらかといえば人見知りなので、昔からそういう人が羨ましくてたまらなかったです。そんな中、スナックで売れっ子のお姉さんを観察していると、見えてきた共通点があります。さて、どろんぱではモジョ子がコミを観察中……。

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

使いやすいテクニックほど習得するのは難しい

 私の体感では、これはホステスさんだけが使うテクニックではありません。学生時代を振り返っても、人と仲良くなるのが得意な子は自然と身に付いていたものなんだと思います。しかしこのタメ口って、誰にでも簡単に使えるテクニックだからこそ要注意。なぜなら、加減がはちゃめちゃに重要だから。

 加減を少しでも間違えると「失礼な人」にしかなりません。また「偉そう」「上から目線」などマイナスの印象を持たれてしまうと、それを払拭するのは至難の業……。だからとにかく、慎重すぎるくらいに小出しにするのが大切です。

 まずは会話の中で使うのではなくて、独り言をつぶやくような時に使ってみるといいかもしれません。「そうなんだ」とか「そううだよね」とか、自分の頭の中で話を整理してる時に出るような言葉。ここに少しタメ口を混ぜていくと相手にも不快感を与えません。

 最初は9.8:0.2、次は9.5:0.5……という感じで、本当に少しずつタメ口の割合を調節するのがポイントです。もし仲良くなりたいと思う人がいるなら、ぜひやってみて下さい。でも加減は間違えないように気をつけて!

登場人物紹介

(漫画:おくげちゃん)
(漫画:おくげちゃん)

コミ
自信がほしい主人公。常連さんには慣れたが、初めてのお客さんはまだ苦手。特にチベットスナギツネタイプと恐竜タイプのお客さんは苦手。

ママ
モジョ子の先輩。人と仲良くなるのが得意。しかし、初対面で「お前」呼ばわりしてくるお客さんには厳しい。ママと同じく怒ると火を吹くようになった。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


ほっこり癒し漫画/第74回「ヘルプみーこ」(中編)
【連載第74回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
今さら聞きにくい? 英語の新敬称「Mx.」や「X」って何
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
夫の胸ポケからキャバ名刺→子の刻に家出!?いいから落ち着けが止まらない
 LINEの文面だけでも、意外と「焦ってる」「取り乱してる」と分かるものですよね。今回は、そんな慌ただしいLINEを3つ...
すげえ!BoA完コピおじいに喝采。スナック常連の濃ゆいエピソード3選
 みなさんの職場には癒しキャラはいますか? スナックで働いているといろんな人を見るのですが、癒しキャラもとっても多いんで...
好きを仕事にしても「しんどい」よ。憧れだけではない現実との向き合い方
 キャリアについてよく聞くフレーズが「好きを仕事に」。確かに、好きなことでお金を稼げたら一挙両得! 幸せな毎日が送れそう...
「マタニティハイ」要注意! おブスな振る舞いが誰かを傷つける可能性も
「妊娠して幸せの絶頂です!」と感じている女性必見! 今回は、マタニティハイでやりがちなNG言動を4つ紹介します。  妊...
クネクネの正体はおとうさん!“たまたま”が真実を知った瞬間
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
【花屋実践】春から秋まで眼福♡ずぼら激推し良コスパの姫リョウブって?
 今年も自らの無計画さを後悔する季節がやってきました。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店横にある屋外LAB(「植物...
「ぼっち・ざ・ろっく!」のぼっちちゃんも仰天!承認欲求モンスター図鑑
 承認欲求は、人間であれば持っている自然な欲求。誰だって「自分の話を聞いて欲しい」「自分を認めて欲しい」と感じることがあ...
気まずい既読スルー後は演技力が命!《文章未完+矢印》で打ち途中を装う
 友達や知り合いからLINEが届いても、LINEの内容や忙しさによってはつい返信を後回しにしてしまいがち。そのまま忘れて...
6月病とは? 実は5月よりもタチ悪い説が…早め対策がマスト
「GWが明けてからも5月病にならず元気だったのに、6月になってからなんだかやる気が出ない…」「6月に入ってから、体も心も...
2024-05-21 06:00 ライフスタイル
【調香師監修】頭のにおいは“武器”!愛され頭皮になるヘアケア&香り術
 男性から女性への愛情行為のひとつに「頭皮のにおいを嗅ぐ」しぐさがあります。カレが貴女の頭のにおいを嗅いできたら、それは...
まさに鈴カステラ! 爪とぎ中に立派な“たまたま”がポロリ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
白州の春
 早朝のピリッとした空気の中で満開の桜を観た。  背後の甲斐駒ヶ岳はいつもより多く雪をかぶる白州の春。  そ...
「秋波を送る」は、もはや美人だけの特権ではない。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
令和なのに「婦人会=奴隷」な件! 田舎あるあるに見る窮屈な人間関係
 田舎は人と人の繋がりが濃く、助け合ったり情報を共有し合ったりできるメリットがあります。しかし、その濃さや交友関係の狭さ...