思わず失笑…顔から火が出る“恥ずかしい打ち間違いLINE”5選

コクハク編集部
更新日:2021-04-17 05:50
投稿日:2021-04-04 06:00
 手書きではなくデジタルのコミュニケーションツールが主流となり、文章やメッセージが手軽に書けるようになりました。その一方、増えているのが、恥ずかしい文章の打ち間違い。自分が送ってしまった時には顔から火が出るほど恥ずかしいけれど、相手から送られてきた時には思わず笑ってしまうんですよね。そこで今回は、そんな思わず笑ってしまったLINEの打ち間違いをご紹介します。

思わず笑ってしまったLINEの打ち間違い5選

1.「ミニ着てくれてありがとう!」

 こちらの男性は、舞台に女性を招待したようです。舞台の感想を送ってきた女性に対して、「見に来てくれてありがとう」と入れるところが、「ミニ着てくれてありがとう」になってしまいました。

 あぁ、千秋楽じゃなければ「興奮した」なんて言葉入れなかったのに……。本当にミニスカートで来ていなければ、まだ弁解の余地はあるはず!?

2.「5年ほど遅れます」

 こちらのLINEは、彼女がデートの待ち合わせに遅れている際のやりとり。なんと「5年ほど遅れる」との回答に、優しそうな彼氏もさすがに待てないかもと不安げ。(笑)

 おそらく「5分」と入力したかったのに、「5年」に予測変換されてしまったものと思われます。でも、ここで彼氏が5年待てたら、本物の愛と言えますね♡

【あわせて読みたい】思わず赤面! うっかりやらかしたLINEのエッチな誤変換10選

3.「大蛇です」

 こちらは、いい感じの2人。初めて彼が家に来るというその日、気を遣って「夕飯を買って行こうか?」と提案してくれたことに対する返信です。

「大丈夫ですよ!」と入れたかったのが、「大蛇ですよ!」になってしまい、大蛇を煮込んでいる途中ということになってしまいました。

 文章として成り立ちすぎていて、彼が本気で引いているのがわかりますね……。

4.「不要家族?」

 こちらは、見事に最後まで会話が噛み合わなかった親子のLINEです。

 女性は、「扶養家族」かを知りたかったのに、そもそも漢字を「不要家族」と間違えて覚えているようで、お父さんからのLINEを読んでも、打ち間違いに気づかなかったそう。

 それにしても、何気ない打ち間違いがきっかけで、家族の絆を再確認できることもあるのですね。

5.「馬汁のパスタ」

 こちらのカップル、彼氏がお料理を振る舞ってくれるはずだったのですが、バジルではなく、まさかの馬汁のパスタ! なかなかの難易度……!(笑)

 とりあえず、生姜、にんにく、ネギなどで、しっかりと臭みを取ることが重要そうですね。そして、打ち間違いに気づいていない彼女の「1周回っておしゃれかも」の一言に、愛情を感じるLINEでした。

LINEの打ち間違いで愛を確かめて♡

 LINEの打ち間違いは、いつ届くかわからないものです。中には、打ち間違いとも気づかないような絶妙な内容で、突拍子もない文章が届くことも。

 その時、相手のことをフォローできるか、怒ってしまうのかなど、もしかしたらあなたの愛が確かめられているのかもしれません。

 ぜひ、他人の失敗には寛容に、優しい愛しい気持ちで見守ってあげてくださいね♡

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。
幸せホルモン放出!猫と一緒にいるだけで多幸感に包まれる♡
 樹木希林さんの遺作映画「日日是好日」の原作者として知られる森下典子さんのエッセイに「猫といっしょにいるだけで」という作...
思わず吹き出しちゃう♡ センスに溢れるLINE返信5選
 文章でやりとりするLINEは、声も聞こえず、表情も見えないけれど、相手の性格が出るもの。特に、頭の回転が早い人は、「お...
何も続かない…熱しやすく冷めやすい女性の特徴6つ&対処法
「恋愛が長く続かない……」「これ!という趣味が見つからない」と感じている女性には、熱しやすく冷めやすい性格の人が多いです...
お母さんが帰ってくる!早く甘えたくて駆け寄る“にゃんたま”
 夕刻の船着き場で出会ったにゃんたま君。  汽笛が聞こえ、もうすぐみんなの大好きなお母さんが帰ってくる!  ...