任侠映画「木屋町DARUMA」はレンタル視聴で見る価値大アリ!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-04-27 06:18
投稿日:2021-04-27 06:00
 近年のコンプライアンスの厳しさにより、映画館で上映はされてもテレビではほぼ再放送されない作品があることをご存知でしょうか。そのうちの1つのジャンルが、任侠映画です。子どもを持つF2層(35~49歳の女性)からの反発が強く、スポンサーがつきづらいのが理由とのこと。ですが今回は鑑賞して改めて「おもしろい!」と感じた任侠映画、「木屋町DARUMA」を紹介します。

四肢を切断された“取り立て屋”

映画「木屋町DARUMA」初日舞台挨拶(2015年撮影)写真左から木下ほうか、武田梨奈、遠藤憲一、三浦誠己、榊英雄監督(C)日刊ゲンダイ
映画「木屋町DARUMA」初日舞台挨拶(2015年撮影)写真左から木下ほうか、武田梨奈、遠藤憲一、三浦誠己、榊英雄監督 (C)日刊ゲンダイ

 タイトルの“DARUMA”は、四肢がない人という意味。5年前に子分が起こしたトラブルのケジメをつけるために、両肘と両膝を切断された元ヤクザの勝浦を、遠藤憲一さんが見事に演じきっています。勝浦はハンデのあるカラダで債務者の家に乗り込み、嫌がらせをして回収する捨て身の取り立て稼業で、生計を立てています。

衝撃シーンの連続

鬼気迫る演技を見せた遠藤憲一(C)日刊ゲンダイ
鬼気迫る演技を見せた遠藤憲一 (C)日刊ゲンダイ

 最初に向かったのは、武田梨奈さんが演じる高校生が住む自宅。両親が抱えた借金返済のため勝浦は訪問しますが、ターゲットは武田さん演じる高校生に。勝浦はまだウブな高校生の股ぐらに、「この子、ちょうだいよ」と、匍匐(ほふく)前進で近寄ります。

 この衝撃的な映像が話題になった本作ですが、その後もエグい……! 四肢のない男が借金の取り立てをするという設定で覚悟はしていましたが、個人的には全シーン、「お食事中の鑑賞はお控えください」と呼びかけたいほどです。

 遠藤さんの演技力がこの作品を輝かせるか否かが決定打ですが、武田さんと勝浦のシモの世話までする坂本を演じた三浦誠己さんのお芝居もピカイチ。

汚れ役に徹した武田梨奈

風俗嬢を演じきった武田梨奈(C)日刊ゲンダイ
風俗嬢を演じきった武田梨奈 (C)日刊ゲンダイ

 武田さんは琉球少林流空手道月心会に所属する、黒帯二段の持ち主で運動神経抜群ですが、本作ではアクションを封印。親の借金返済のため、卑猥な言葉を吐く風俗嬢になる“汚れ役”に徹しています。しかも勤務するのは、変態的な性癖を満たす風俗店。

 つい何日か前まで普通の生活を送っていた女性が飛び込み、狂っていくさまを観ていると切なくなります。ちなみに、ラストシーンでは重要なカギを握る人物なので、詳しくは本作のご鑑賞を。

考えさせられる三浦誠己の介護シーン

 三浦さんが演じる坂本が、木村祐一さん演じる古澤の命令とはいえ勝浦の介護を担う姿も見どころの1つ。筆者は深く考えさせられて自身に問いました。「パートナーや親が要介護状態になったら、ここまで丁寧に面倒を見きれるのか」と。ボーッと流し見するのではなく、坂本の抱える哀愁をご自身の状況と照らし合わせて観ると、別の角度から感慨深い作品になるかもしれません。

 ほかにも、お金のためなら手段を選ばない闇金業者を木下ほうかさん、取り立てに追いつめられる債務者に寺島進さんが演じるなど、実力派俳優ぞろいの本作。作中では債務者への取り立て方法があまりにも恐ろしく、目を覆いたくなるシーンがいくつもあります。

借金、ダメ。ゼッタイ。

 筆者は借金事情に明るくないため、「これほど非道な取り立てが実在するのか!?」と疑問を持ち調べてみたところ。現在でも返済を滞ると、債務者の子どもが通う幼稚園や学校に何度も電話をかける、職場や実家へ押しかける、恋人の実家へ行くなどの闇金業者も珍しくないそうです。借金によって人生が崩壊したケースも散見されました。SNSを使うことでクリーンなイメージを装い、「貸しますよ」と近づいてくる業者もいるのだとか。借金、怖い……。「借金をしてはいけない、絶対に保証人にもなってはダメ」と教育してくれた、両親に感謝しつつ本作を観終えました。

DVD発売中 税込5,170円 販売:東映 発売:東映ビデオ
DVD発売中 税込5,170円 販売:東映 発売:東映ビデオ

 人間関係やお金、介護への価値観まで問われ、心をえぐられる作品です。昨年に続き、今年も長くなりそうなGWのおうち時間のお供にいかがでしょうか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


紗栄子が未成年アーティストと“禁断の恋”…道義的責任は?
 タレント・女優で実業家の紗栄子(34)が、当時17歳のアーティスト、YOSHI(18)と半年ほど極秘交際していたことが...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜2」ヤンキー“西西コンビ”が東大専科より人気
 ドラマや映画では、時にメインキャスト以外から、視聴者に熱い支持を受ける“愛されキャラ”が現れることがある。どうやら現在...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元関ジャニ∞渋谷すばるの「39歳結婚発表」は理想的だった
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  人気アイドルグループの関ジャニ∞の元メンバー、渋谷すばる(39)が先週末に結婚を...
2021-05-15 17:03 エンタメ
EXIT兼近もハマる「ウマ娘」擬人化コンテンツはなぜ人気?
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)がハマっていることでも知られるスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。約...
2021-05-15 17:03 エンタメ
横山めぐみはオスカー退社も…ベテラン女優は受難の時代に
「女優として、もうひと花咲かせたい」――。  長らく所属していたオスカープロモーションから4月末での退社が明らかになっ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元おニャン子新田恵利 実母の「介護とみとり」胸中を語る
 仕事と介護の両立に励んで6年半、タレント新田恵利(53)が最愛の母ひで子さんをこの春、自宅でみとっていた。享年92。こ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖
 2021年前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が来週17日(月)からスタートする。ヒロインの「モネ」を演じるのは...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「里帰り不倫」福原愛 格差婚には“離婚できない”リスクも
【芸能界「男と女のラブゲーム」の末路】#5 福原愛  芸能界の不倫・熱愛報道を家族問題評論家の池内ひろ美が分析する。 ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
韓国ドラマに完敗…日本通でも「倍返しだ!」を知らない
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#30  韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」が日本を席巻してから1年以上が過ぎた。...
2021-05-15 17:03 エンタメ
セクゾ菊池10周年"男泣き"!ニノ荒イジリ 松潤&櫻井は愛ムチ
 嵐の二宮和也(37)が中心となって開設し、登録者数230万人を突破するなど勢いに乗るYouTube「ジャにのちゃんねる...
こじらぶ 2021-05-15 10:14 エンタメ
「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」の見どころを解説
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  ジャン=ポール・ベルモンドの作品(計5本)が見られる。5月12日からの新宿武蔵...
2021-05-14 17:03 エンタメ
スライム乳の小向美奈子はストリッパー歴12年 逮捕3回経て
 元グラビアアイドルで、現在、ストリッパーとして活動する小向美奈子(35)の近況を「NEWSポストセブン」が伝えている。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性
 今、“ポンコツ”を演じさせたら、松坂桃李(32)の右に出る役者はいないだろう。4月24日から始まったNHK土曜ドラマ「...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂慶子“30年の親子断絶”支えた 夫・高内春彦氏の献身愛
 GW前に古株の芸能関係者で話題になったのが、松坂慶子(68)のプライべートだった。女性誌に久しぶりに夫のジャズギタリス...
2021-05-14 17:03 エンタメ
虹コン・清水理子が初ソロCD発売「残るものは格別の喜び」
 虹のコンキスタドールの清水理子(24)が12日、初のソロデビューシングル「あなたへ」(キングレコード)をリリースした。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
カウンターの健サンが何と「サブちゃん、こっちこないか」
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#6 (前回から続く)  役者に成る! なんてユメは雲散霧消だなへへへのへだ、なんて自...
2021-05-14 17:03 エンタメ