どハマり要注意!? 在宅ごはんでリピートしたくなる逸品3選

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-05-17 06:00
投稿日:2020-05-17 06:00
 目に見えないウイルスとの闘いで“コロナ疲れ”を引き起こす人が増えているといいます。なかには外食ができないためストレスがマックスに達している、あるいは「毎食、料理をするのは疲れた」と感じている人もいるのでは。そんなときは、お取り寄せグルメの出番です!

 第1回目第2回目に続き、食レポート関連のご著作を多数上梓されているたかはしみきさんにおすすめを教えていただきます。たかはしさんは巷でお取り寄せグルメがブームになっている時期に、月刊誌『コーラス』(現『ココハナ』、集英社)でイラスト連載のお話をいただいてハマッたそうです。当時から今も定期的にお取り寄せをしているグルメ3種類というのが――。

1. カットして驚き!3層の贅沢レアチーズケーキ

イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)
イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)

まるたや洋菓子店(静岡県)…「チーズボックス」(重量約450グラム※手作りのためサイズ及び重量には前後あり2,970円/税込・送料別)と「あげ潮」(50グラム1袋270円/税込・送料別)~『はらぺこ おとりよせ便』(2010年6月25日発売・集英社)より

「チーズボックス」
たかはしさん:ベイクドチーズケーキ派だった私の意識が変わったほど、おいしいレアチーズケーキ! 一見よくあるレアチーズケーキと思いきや、切ってみると中身は3層で、上面は国産のサワークリーム、下にはデンマーク産のクリームチーズが。ぶ厚めの土台にはコーンフレークが練り込まれていて、サクサクッとした食感です。解凍後、時間が経つとクリームチーズの甘みが増して、チーズのコクにバニラアイスのような風味がプラスされます。

※ひとつずつ手作りされたチーズケーキは、できたてを瞬間冷凍して届けてくれるため、冷蔵庫で6~7時間、解凍を。

2. オレンジピールも練り込まれた軽い口当たりのクッキー

イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)
イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)

「あげ潮」
たかはしさん:バターを使わずに仕上げた生地の中に、コーンフレークやオレンジピールなどのドライフルーツやナッツが練り込まれた、おかきのような食感のクッキーです。ありそうでない味と軽い口当たりで、たまにふと食べたくなるというか。帰省の際に寄った静岡サービスエリアで買うこともありますが、アンテナショップにも置いてありました。

 ご著書でたかはしさんは紹介されていませんでしたが、チーズが大・大・大好きな筆者は同店の「チーズフォンデュケーキ」(重量約200グラム※手作りのためサイズ及び重量には前後あり1,620円/税込・送料別)に目が釘づけに。「チーズボックス」も食べてみたいし、「あげ潮」はご年配の方にも喜んでいただけそうだし、悩ましい……。HPを見たらみなさんもおそらく、迷ってしまうはずです。

フード 新着一覧


「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っていま...
「つぶ貝 酒盗和え」スーパーのつぶ貝にひと手間加えるだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...
目玉焼きが簡単に驚くほどおいしくなる魔法!2021.7.8(木)
 目玉焼き。それは卵を割って焼くだけという実にシンプルなお料理ですが、何個、何十個、何百個、何万個(!)と焼いても「これ...