どハマり要注意!? 在宅ごはんでリピートしたくなる逸品3選

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-05-17 06:00
投稿日:2020-05-17 06:00
 目に見えないウイルスとの闘いで“コロナ疲れ”を引き起こす人が増えているといいます。なかには外食ができないためストレスがマックスに達している、あるいは「毎食、料理をするのは疲れた」と感じている人もいるのでは。そんなときは、お取り寄せグルメの出番です!

 第1回目第2回目に続き、食レポート関連のご著作を多数上梓されているたかはしみきさんにおすすめを教えていただきます。たかはしさんは巷でお取り寄せグルメがブームになっている時期に、月刊誌『コーラス』(現『ココハナ』、集英社)でイラスト連載のお話をいただいてハマッたそうです。当時から今も定期的にお取り寄せをしているグルメ3種類というのが――。

1. カットして驚き!3層の贅沢レアチーズケーキ

イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)
イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)

まるたや洋菓子店(静岡県)…「チーズボックス」(重量約450グラム※手作りのためサイズ及び重量には前後あり2,970円/税込・送料別)と「あげ潮」(50グラム1袋270円/税込・送料別)~『はらぺこ おとりよせ便』(2010年6月25日発売・集英社)より

「チーズボックス」
たかはしさん:ベイクドチーズケーキ派だった私の意識が変わったほど、おいしいレアチーズケーキ! 一見よくあるレアチーズケーキと思いきや、切ってみると中身は3層で、上面は国産のサワークリーム、下にはデンマーク産のクリームチーズが。ぶ厚めの土台にはコーンフレークが練り込まれていて、サクサクッとした食感です。解凍後、時間が経つとクリームチーズの甘みが増して、チーズのコクにバニラアイスのような風味がプラスされます。

※ひとつずつ手作りされたチーズケーキは、できたてを瞬間冷凍して届けてくれるため、冷蔵庫で6~7時間、解凍を。

2. オレンジピールも練り込まれた軽い口当たりのクッキー

イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)
イラスト:たかはしみき(「はらぺこ おとりよせ便」より)

「あげ潮」
たかはしさん:バターを使わずに仕上げた生地の中に、コーンフレークやオレンジピールなどのドライフルーツやナッツが練り込まれた、おかきのような食感のクッキーです。ありそうでない味と軽い口当たりで、たまにふと食べたくなるというか。帰省の際に寄った静岡サービスエリアで買うこともありますが、アンテナショップにも置いてありました。

 ご著書でたかはしさんは紹介されていませんでしたが、チーズが大・大・大好きな筆者は同店の「チーズフォンデュケーキ」(重量約200グラム※手作りのためサイズ及び重量には前後あり1,620円/税込・送料別)に目が釘づけに。「チーズボックス」も食べてみたいし、「あげ潮」はご年配の方にも喜んでいただけそうだし、悩ましい……。HPを見たらみなさんもおそらく、迷ってしまうはずです。

フード 新着一覧


隠し味はマヨ!「ミンチ入り蓮根饅頭」驚きのふわふわ食感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
「和牛西京漬け」同行カメラマンの口から思わず漏れたひと言
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
リピート率No.1「ミノ唐揚げ」 サクッと食感と独特の風味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに...
食べるスープ!「豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
レンジで簡単に作れる「木綿豆腐の干しエビ刻み高菜和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
「海鮮ゴマダレ醤油漬けユッケ風刺し身」ひと手間で別次元!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・葛西の「大衆割烹 大菊」の大羽昌美さんに...
「しらすラーパーツァイ」煙が出るくらいグラグラのごま油を
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木のしらす料理専門店「土佐しらす食堂...
「しらすとたらこのアヒージョ」締めにオイルをご飯にかけて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・六本木のしらす料理専門店「土佐しらす食堂...
「ナポリそば」麺は茹でずにレンジでチン!パスタよりも簡単
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
「フーチャンプルー」隠し味はお酒!麩がつるっとふわふわに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
「モズクの天ぷら」ふわっとした衣に感動!独特の食感のワケ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・上野の沖縄そば店「みやら製麺」の宮良隆生...
冬の鶏料理!フライパンで簡単煮込むだけで頬っぺた落ちる!?
 フライパン1つでおいしく仕上がる料理! 忙しい日はそんな料理があったら嬉しいですよね。今回はおなじみの鶏もも肉をおいし...
ぐっち夫婦 2021-01-31 06:00 フード
「砂肝とセロリの麻辣和え」食感がこれまでの砂肝とは別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「カレー風味酢豚」カレー粉とお酢のコラボで絶妙な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「枝豆の中国風おつまみ」口に入れた瞬間スープがジュワッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、2年連続でミシュランのビブグルマンに輝いた大阪...
「しいたけと食べるラー油のオーブン焼き」食感に秘密あり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・六本木のイタリアンレストラン「ラ・ブリアン...