コロナ疲れ吹き飛ぶ! 秋田・尾道・沖縄のご当地スイーツ3選

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-05-15 16:11
投稿日:2020-05-10 06:00

コロナ疲れを癒してくれるスイーツたち♡

イラスト:たかはしみき(「おうちでしあわせ 日本全国まるごとおとりよせ便」より=以下同)
イラスト:たかはしみき(「おうちでしあわせ 日本全国まるごとおとりよせ便」より=以下同)

 目に見えないウイルスとの闘いで“コロナ疲れ”を引き起こす人が増えているといいます。なかには外食ができないためストレスがマックスに達している、あるいは「毎食、料理をするのは疲れた」と感じている人もいるのでは。そんなときは、お取り寄せグルメの出番です!

 前回に続いて、食レポート関連のご著作を多数上梓されているたかはしみきさんにおすすめを紹介いただく第2回目は「舌がとろける! 極上のスイーツ編」。今年4月24日に発売された新刊『おうちでしあわせ 日本全国まるごとおとりよせ便』(集英社)の中から、3品をご紹介いたします。

1. もちもち食感&雪見だいふく好きにはたまらない?

イラスト:たかはしみき
イラスト:たかはしみき

みうら庵(秋田内陸線オンラインショップ)(青森県)…「もちもち三角バター餅」(6個入り/税込・送料別)

たかはしさん:もちもち食感好きの私が、イチオシする北秋田の郷土菓子。地元民からも人気が高いスイーツです。個人的な感想ですが、雪見だいふくの皮部分のみをぶ厚くしたような感じ。バターが入っているので噛めば噛むほどふわふわトローンととろけて、いつのまにか消えてしまいます。ほんのり甘くてまろやかですが、少し塩味もきいていて、こわいくらい食べ続けてしまいました。

 ただし、1つだけネック!? が。

たかはしさん:マタギ(山岳地帯で狩猟を専業とする集団)のエネルギー携帯保存食として伝わったため、素朴な姿に反してかなり高カロリーです(笑)。

 漫画界の大家・くらもちふさこ先生がたかはしさんのご著書を読んで興味をもち、実際にお取り寄せをして「おいしい」とコメントされたそう。たしかに、たかはしさんのイラストを眺めているだけで生唾が出てしまいそうなほどおいしそうです。もちもち好きな方は、ハイカロリー摂取覚悟でお取り寄せしてみては?

フード 新着一覧


「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「エビとトウモロコシの春巻き」旬の素材の味を引き出して
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「京漬物のカプレーゼ風」かぶ&モッツァレラの絶妙コラボ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・門前仲町の居酒屋「酒亭 二ぶん半」の武井...