ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには

七色翡翠 占い師
更新日:2021-05-01 06:00
投稿日:2021-05-01 06:00
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。日本では、タロットカードやオラクルカードに比べると知名度が低いものの「ルノルマンのほうが当たる!」と根強いファンも多く、それぞれのカードに数字が割り当てられていることから、日にちを占うカードとしても適しています。複雑な展開法の解釈には高度なテクニックも必要ですが、展開されたカードの「正位置」や「逆位置」は問わないのが特長です。

5月のカード:「鳥」「ハート」「雲」

外野のせいで恋愛が台無しになるかも(写真:iStock)
外野のせいで恋愛が台無しになるかも (写真:iStock)

 周りにいる人の影響が恋愛に出やすい時期です。

 絶好調だった4月の恋愛運の波に乗れた人は、5月の前半も同じようにいい波の影響を受けられそう。ただし残念ながら4月のように無計画でもいい恋愛をつかめた絶頂期は終わり、5月からは、周囲の人による影響が恋愛にも現れやすいタイミングに移行します。

 まわりからのよからぬ噂や推測によって、恋愛を邪魔されてしまう人も増えそうなので、余計なことはしゃべらないのが吉。ラブラブな彼氏とのノロケ話も、嫉妬の対象になりやすく、そのせいで恋愛を邪魔されやすくなります。

 周りからの邪魔や妨害にさえ気をつけることができれば、カップルにとっては情熱的な関係を進めやすい暗示も。5月は特に前半に、ふたりの世界にどっぷりと浸れるカップルほど、勝ち組になりやすい運気です。

後半になるにつれ恋愛運は停滞…不倫にも要注意

不倫の恋にご用心(写真:iStock)
不倫の恋にご用心 (写真:iStock)

 4月からの好調期の波も、5月の後半に向かうにつれて停滞していきます。カップル間では誤解による関係の悪化が生まれやすい時期にも。コミュニケーション不足による行き違いに気をつけて。

 また、不倫や略奪愛などの不誠実な関係にも、足を踏み入れやすくなる流れです。恋愛に対する正常な判断力が鈍る人が増えてきそうなので、個人の意志の強さが問われています。

 不満や孤独感がある人ほど、悪い方向に勢いづいてしまいやすいので、ポリシーをもって進みましょう。

まとめ

関係を進め過ぎないように!(写真:iStock)
関係を進め過ぎないように! (写真:iStock)

 5月の恋愛運は、後半にいくにつれて不安要素が強まっていく暗示です。付き合っている恋人との関係をしっかりとしたものにしておくためには、前半の行動が問われるでしょう。

 前半期のうちに信頼関係を強固にしておけたら、後半の波乱期も比較的楽に乗り切れるはずです。

 シングルの人や恋人や配偶者に不満を抱いている人は、不倫や略奪などの不誠実な関係に引き込まれやすいので、新たな出会いだけでなく、既存の人間関係からも安易な恋愛は慎むのが幸運への鍵に。“隠れ既婚者”との不倫にもハマりやすい時期なので、相手の素性を知らないうちに関係を進めすぎるのも危険です。

 5月の後半には多くの人の恋愛判断力が鈍ってくるので「運命の人かも!」「運命の出会いかも?」と感じても、その結論を出すのはもう少し先延ばしにして。

恋愛運上昇ラッキーカラー:黄緑
恋愛運上昇へと導くキー行動:無用なことは話さない

七色翡翠
記事一覧
占い師
鑑定歴14年。ルノルマン、オラクル、タロットなどカード占いを得意とし、独自の視点で紐解く独特の鑑定には老若男女のファンが多い。対面鑑定のほか、メール鑑定、チャット鑑定も人気。

ラブ 新着一覧


“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
“半径3m”に合コンの指示書…芸人だけにあらず! 必死感ダダもれLINE
 芸能界でも話題となっている“合コン指示書”ですが、一般社会でも出回っているようです。合コンに向けて送られてくる命令や要...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
「40代の婚約者が別居婚を望むのは年齢的な問題?」とブルーな43歳男
「冷酷と激情のあいだvol.182〜女性編〜」では、婚約したヨシテルさん(43歳・仮名)のニオイを生理的に受け付けなくな...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
そうだ、別居婚だ!婚約者のツンとしたニオイに倒れそうな43歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-17 06:00 ラブ
女性への理想はエベレスト級? 陰キャ男性のこじらせ恋愛あるある5選
 今回は、陰キャ男性の恋愛あるあるを紹介します。陽キャ男性は男性・女性関係なくフレンドリーにコミュニケーションを取ろうと...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
幸せにはなれないかも…体だけの「割り切った関係」を望む男たちの事情
「セックスする仲でも付き合うのは無理」と、割り切った関係を望む男性は一定数いるもの。そんな彼に悩んでいる女性もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
コスパもタイパもいいかも♡奢られ上手の女性がデートで実践するテク3選
 奢られ上手な女性は、本当に嫌味なく気持ちよく奢られていますよね。反対に奢られるのが苦手な人は、オドオドしたり、レジ前で...
恋バナ調査隊 2024-02-17 06:00 ラブ
隙あらば会話泥棒! すぐ「俺も」としゃしゃり出る“自分語り”男の心理
 会話中、すぐに「俺もさ〜」と自分語りに話を持っていく男性ってかなり多いですよね。  女性からすると「いや、聞いてない...
恋バナ調査隊 2024-02-16 06:00 ラブ
恋愛するとなぜかメンヘラ化…“病まない方法”を学んで幸せになりたいな
「恋愛になるとメンヘラになる」と自覚している女性もいるのではないでしょうか? 普段サッパリした性格であっても、好きな人が...
恋バナ調査隊 2024-02-16 06:00 ラブ