ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには

七色翡翠 占い師
更新日:2021-05-01 06:00
投稿日:2021-05-01 06:00
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。日本では、タロットカードやオラクルカードに比べると知名度が低いものの「ルノルマンのほうが当たる!」と根強いファンも多く、それぞれのカードに数字が割り当てられていることから、日にちを占うカードとしても適しています。複雑な展開法の解釈には高度なテクニックも必要ですが、展開されたカードの「正位置」や「逆位置」は問わないのが特長です。

5月のカード:「鳥」「ハート」「雲」

外野のせいで恋愛が台無しになるかも(写真:iStock)
外野のせいで恋愛が台無しになるかも (写真:iStock)

 周りにいる人の影響が恋愛に出やすい時期です。

 絶好調だった4月の恋愛運の波に乗れた人は、5月の前半も同じようにいい波の影響を受けられそう。ただし残念ながら4月のように無計画でもいい恋愛をつかめた絶頂期は終わり、5月からは、周囲の人による影響が恋愛にも現れやすいタイミングに移行します。

 まわりからのよからぬ噂や推測によって、恋愛を邪魔されてしまう人も増えそうなので、余計なことはしゃべらないのが吉。ラブラブな彼氏とのノロケ話も、嫉妬の対象になりやすく、そのせいで恋愛を邪魔されやすくなります。

 周りからの邪魔や妨害にさえ気をつけることができれば、カップルにとっては情熱的な関係を進めやすい暗示も。5月は特に前半に、ふたりの世界にどっぷりと浸れるカップルほど、勝ち組になりやすい運気です。

後半になるにつれ恋愛運は停滞…不倫にも要注意

不倫の恋にご用心(写真:iStock)
不倫の恋にご用心 (写真:iStock)

 4月からの好調期の波も、5月の後半に向かうにつれて停滞していきます。カップル間では誤解による関係の悪化が生まれやすい時期にも。コミュニケーション不足による行き違いに気をつけて。

 また、不倫や略奪愛などの不誠実な関係にも、足を踏み入れやすくなる流れです。恋愛に対する正常な判断力が鈍る人が増えてきそうなので、個人の意志の強さが問われています。

 不満や孤独感がある人ほど、悪い方向に勢いづいてしまいやすいので、ポリシーをもって進みましょう。

まとめ

関係を進め過ぎないように!(写真:iStock)
関係を進め過ぎないように! (写真:iStock)

 5月の恋愛運は、後半にいくにつれて不安要素が強まっていく暗示です。付き合っている恋人との関係をしっかりとしたものにしておくためには、前半の行動が問われるでしょう。

 前半期のうちに信頼関係を強固にしておけたら、後半の波乱期も比較的楽に乗り切れるはずです。

 シングルの人や恋人や配偶者に不満を抱いている人は、不倫や略奪などの不誠実な関係に引き込まれやすいので、新たな出会いだけでなく、既存の人間関係からも安易な恋愛は慎むのが幸運への鍵に。“隠れ既婚者”との不倫にもハマりやすい時期なので、相手の素性を知らないうちに関係を進めすぎるのも危険です。

 5月の後半には多くの人の恋愛判断力が鈍ってくるので「運命の人かも!」「運命の出会いかも?」と感じても、その結論を出すのはもう少し先延ばしにして。

恋愛運上昇ラッキーカラー:黄緑
恋愛運上昇へと導くキー行動:無用なことは話さない

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ