ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには

七色翡翠 占い師
更新日:2021-05-01 06:00
投稿日:2021-05-01 06:00
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起源です。日本では、タロットカードやオラクルカードに比べると知名度が低いものの「ルノルマンのほうが当たる!」と根強いファンも多く、それぞれのカードに数字が割り当てられていることから、日にちを占うカードとしても適しています。複雑な展開法の解釈には高度なテクニックも必要ですが、展開されたカードの「正位置」や「逆位置」は問わないのが特長です。

5月のカード:「鳥」「ハート」「雲」

外野のせいで恋愛が台無しになるかも(写真:iStock)
外野のせいで恋愛が台無しになるかも (写真:iStock)

 周りにいる人の影響が恋愛に出やすい時期です。

 絶好調だった4月の恋愛運の波に乗れた人は、5月の前半も同じようにいい波の影響を受けられそう。ただし残念ながら4月のように無計画でもいい恋愛をつかめた絶頂期は終わり、5月からは、周囲の人による影響が恋愛にも現れやすいタイミングに移行します。

 まわりからのよからぬ噂や推測によって、恋愛を邪魔されてしまう人も増えそうなので、余計なことはしゃべらないのが吉。ラブラブな彼氏とのノロケ話も、嫉妬の対象になりやすく、そのせいで恋愛を邪魔されやすくなります。

 周りからの邪魔や妨害にさえ気をつけることができれば、カップルにとっては情熱的な関係を進めやすい暗示も。5月は特に前半に、ふたりの世界にどっぷりと浸れるカップルほど、勝ち組になりやすい運気です。

後半になるにつれ恋愛運は停滞…不倫にも要注意

不倫の恋にご用心(写真:iStock)
不倫の恋にご用心 (写真:iStock)

 4月からの好調期の波も、5月の後半に向かうにつれて停滞していきます。カップル間では誤解による関係の悪化が生まれやすい時期にも。コミュニケーション不足による行き違いに気をつけて。

 また、不倫や略奪愛などの不誠実な関係にも、足を踏み入れやすくなる流れです。恋愛に対する正常な判断力が鈍る人が増えてきそうなので、個人の意志の強さが問われています。

 不満や孤独感がある人ほど、悪い方向に勢いづいてしまいやすいので、ポリシーをもって進みましょう。

まとめ

関係を進め過ぎないように!(写真:iStock)
関係を進め過ぎないように! (写真:iStock)

 5月の恋愛運は、後半にいくにつれて不安要素が強まっていく暗示です。付き合っている恋人との関係をしっかりとしたものにしておくためには、前半の行動が問われるでしょう。

 前半期のうちに信頼関係を強固にしておけたら、後半の波乱期も比較的楽に乗り切れるはずです。

 シングルの人や恋人や配偶者に不満を抱いている人は、不倫や略奪などの不誠実な関係に引き込まれやすいので、新たな出会いだけでなく、既存の人間関係からも安易な恋愛は慎むのが幸運への鍵に。“隠れ既婚者”との不倫にもハマりやすい時期なので、相手の素性を知らないうちに関係を進めすぎるのも危険です。

 5月の後半には多くの人の恋愛判断力が鈍ってくるので「運命の人かも!」「運命の出会いかも?」と感じても、その結論を出すのはもう少し先延ばしにして。

恋愛運上昇ラッキーカラー:黄緑
恋愛運上昇へと導くキー行動:無用なことは話さない

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ