よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること

内藤みか 作家
更新日:2021-03-04 06:00
投稿日:2021-03-04 06:00
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスローペース化が起きています。このような時期によりよい出会いを得るためには、相手のどんなところをチェックすればいいのでしょうか。

2度目の中断に心が折れて

コロナ禍で出会いの機会は激減(写真:iStock)
コロナ禍で出会いの機会は激減 (写真:iStock)

 毎週のように婚活パーティーに出かけていた女性たちのうち、緊急事態宣言が発令されている時期は参加を見送るという人も少なくありません。婚活パーティー業者のなかには、このような時期に出席した女性参加者たちを無料で他のパーティーに招待するところもあり、男女比合わせに懸命です。

 そして緊急事態宣言が繰り返されることに疲れ、恋活や婚活を諦めかける人も出てきました。「いつになったら運命の相手が現れるの?」という焦りに加え「いつになったらコロナが収まるの?」という不安も重なり、弱気になってしまったのでしょう。

会う前にゆっくりメール交換

メッセージの交換から(写真:iStock)
メッセージの交換から (写真:iStock)

 2021年になり、恋活アプリなどで目立つようになったのは「まずはメッセージでやりとりしましょう」と呼びかける男性たちの姿です。今までは「ちょっとくらいいいじゃん」と女性たちを誘い出そうとしていた彼らが「すぐには会わず、まずはメッセージのやりとりからお願いします」とプロフィールページに書くようになったのです。

 知らない女性といきなり会うことへのリスクを回避するという気持ちもあるとは思いますが、大きな理由は「いきなり誘っても応じてくれる女性が激減した」からなのだとか。身構える女性の気持ちを汲んで、まずはメッセージの交換から、とうたっているのでしょう。

初アポもマスクで

マスクをするから会って(写真:iStock)
マスクをするから会って (写真:iStock)

 そして「マスクは付けて会います」「会っている時、マスクは外しません」などとアピールする男性が増えました。昨年の秋くらいまでは「マスクしてたら顔が見えないじゃん」ということで、デートの時は付けないという男性がほとんどだったので、これも大きな変化です。

 こちらも、会ってくれる女性がかなり減り、その理由がコロナにあると男性が考えているからでしょう。マスクをするから会ってちょ〜だい!という悲痛な叫びがそこにあるのです。また、知らない女性と会うのは怖いから、マスクすることで感染を回避したいという考えの男性もいます。

短時間しか会わない

2時間デートはお互いのため(写真:iStock)
2時間デートはお互いのため (写真:iStock)

 また、アプリや婚活パーティーで知り合った男性とデートしても、2時間以内で切り上げられてしまう、ということを気にする女性もいます。これについても、時間を短くすることで感染リスクを下げたいという男性側の思いがあるのでしょう。

 けれど逆に女性のほうは「すぐに帰っちゃうけど、私のことが好きじゃないの?」と心配になってしまうようです。「私のことが好きなら、もっと一緒にいたいと思うものなんじゃないの?」と不満げな人もいます。でもお互いの関係を大切に思うからこそ、短時間のデートを何度も続けているのでしょう。

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ