やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-02 06:00
投稿日:2021-05-02 06:00
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべますよね。ピュアすぎるがゆえに、騙されやすいなどのデメリットもありますが、多くの人の心を掴んでしまうということには間違いありません。
 そして、ピュアな女性は、男性の心も鷲掴みにしてしまいます。今回は、そんなピュアな女性の特徴をご紹介! あなたのピュア度もチェックしてみてくださいね♡

心が綺麗♡ ピュアな女性の特徴7つ

おいしそうな笑顔っていいよね(写真:iStock)
おいしそうな笑顔っていいよね (写真:iStock)

 ピュアな女性は、とにかく心が綺麗。そのため、男性はもちろん、同性にもモテるのです。まずは、そんなピュアな女性に共通する5つの特徴をチェックしてみましょう。あなたはいくつ当てはまりますか?

1. 思っていることが表情に出てしまう

 ピュアな女性は、裏表がありません。そのため、嫌な時、辛い時、嬉しい時、美味しい時など、心に浮かんだ感情がそのまま表情に現れやすいのです。美味しそうにご飯を食べる姿、人の悩みに一緒に涙する姿、時に腹を立てて怒りを表現する姿に、周囲の人たちはキュンとしてしまいます。

2. 人を選んで態度を変えたりしない

 一般的に、ピュアな女性は計算で人とお付き合いするのが苦手です。相手の身分や環境、学歴や見た目などに関係なく、どんな相手とも“1人の人”として誠実に接するので、多くの人から好かれます。

3. 叱られても素直に聞き入れる

 ピュアな女性は、とても素直な人が多いです。たとえば、職場でミスをして叱られた時などでも、言い訳せずに素直に相手の言葉を聞き入れます。言葉がストレートに響いてしまうため、傷ついてしまうこともしばしば……。ピュアな女性に対しては、嫌味や遠回しな物言いは通用しません。

4. 人を信じて疑わない

 心が純粋であるがゆえのデメリットでもあるのが、人を信じて疑わない部分でしょう。相手が善良な心の人なら良いのですが、利用してやろうという悪い心の持ち主と出会うと、痛い目にあってしまうこともあります。周囲にピュアな女性がいたら、騙されていないかよく見守ってあげてくださいね。

5. 好きな人に一途

 一般的に、心がピュアな女性は恋愛においても1人の相手に一途であることが多いです。そのため、多くの男性は、結婚相手に選ぶなら、遊び慣れた女性よりもピュアで一途な女性を好みます。ほかの男性に脇目も触れずに、一途に思い続けてくれるピュアな部分が、男性にモテる理由のひとつでもありますね。

6. 心に芯を持っている

 ピュアな女性というと「世間のことを何も知らない」という、根なし草のようなイメージを持つ人もいますが、意外に芯を持った女性が多いです。

 ピュアでまっすぐであるからこそ、自分の信念を曲げずに貫き通す人が多く、夢を追い続けたり、人の意見を聞きつつも自分の意思で判断したりなど、しっかりした芯を持っています。そんなギャップも、男性を惹きつける要因のひとつでしょう。

7. 恥ずかしがり屋

 心の純粋な女性は、1人の男性に一途であることから男性経験が少ない傾向にあります。そのため、少し手が触れただけでドキドキしたり、目を合わせただけで顔が真っ赤になってしまったりすることも。そんなピュアな姿は、恋愛経験豊富な男性を悶絶させて虜にしてしまいます。

ピュアな女性を好きになりやすい男性の特徴♡

駆け引きに疲れた男性が心を開くことも(写真:iStock)
駆け引きに疲れた男性が心を開くことも (写真:iStock)

 男性の中には、ピュアな女性を見ると「偽善者ぶっている」「計算高いだけなのでは?」と、警戒する人もいるようです。では、ピュアな女性を素直に好きになってくれる男性にはどんな特徴があるのでしょうか?

相手を守りたいという本能が強い男性

「弱い者を守りたい」という本能が強い男性は、ピュアな女性を見た時に「守ってあげたい」と思いやすいようです。疑うことを知らずに純粋に受け入れ続ける女性を見て、守ってあげたい本能から、庇護欲を掻き立てられるのですね。こういった男性と一緒になれば、ピュアな女性は幸せに過ごすことができるでしょう。

同じくピュアな心の男性

 ピュアな心の女性を「わざとらしい」と感じる男性がいる一方、激しく共感してくれるピュアな男性もいます。そういった男性は、苦しむ人に同苦する女性を見て、「自分と同じ価値観の人!」と運命を感じて、恋に落ちやすいようです。

 ピュアすぎる2人は、騙されやすいなどの困難もあるかもしれませんが、激しい喧嘩などのない穏やかな関係を築いていけそうですね。

汚い世界を見てきた男性

 意外にも、汚い世界を見尽くしてきた男性も、ピュアな女性に惹かれやすいといいます。世間の駆け引きや打算ばかりを見尽くしてきた男性は、ピュアな心に戻ることは難しいかもしれません。そのため、純粋な気持ちを保っている女性を眩しく感じて、恋に落ちるのです。「彼女といれば、純粋な自分に戻れるかも」と、心を開くのかもしれません。

ピュアな女性は性別を問わずモテる♡

みんなを癒す存在に(写真:iStock)
みんなを癒す存在に (写真:iStock)

 時に危なっかしい一面もあるピュアな女性は、基本的に多くの人に愛され、モテるようです。中には、「わざとらしい」と敬遠してしまう人もいますが、それは少数派。もしあなたがピュアな心の持ち主であれば、ぜひそのままでいてくださいね。そして、周りの人の心を癒してあげてください♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ