あなたはどう?無駄モテ女子の特徴&本命男性に愛される方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-24 06:00
投稿日:2021-03-24 06:00
 モテないわけではない。でも、本命の人にはまったく見向きもされない……と悩んでいませんか? そんなあなたは、もしかしたら「無駄モテ女子」かもしれません。モテるのは悪い気がしないとしても、どうせなら本命の男性に愛されたいですよね。
 そこで今回は、無駄モテ女子の特徴をご紹介。もしもたくさん当てはまったら、ぜひ最後にご紹介する“本命の男性に愛される方法”を試してみてくださいね♡

なぜか本命男性には好かれない…無駄モテ女子の4つの特徴

モテてる…けど、何か違う(写真:iStock)
モテてる…けど、何か違う (写真:iStock)

 本命以外の男性ばかりからモテてしまう「無駄モテ(雑魚モテ)女子」には、いくつかの特徴があります。半分以上当てはまっていたら要注意! さっそくチェックしてみましょう。

1. 人の誘いを断れない

 無駄モテ女子は、強く押されると人の誘いを断れない傾向があります。好意を持ってくれた男性が本命ではなかったとしても、ついOKしてしまうことが、無駄モテにつながってしまうようです。

 たしかに、男性から誘われて嬉しいのは当たり前の感情。でも、目の前の恋愛に飛びついたがゆえに、本命男性を逃してしまっては悲しいですよね。時には断る勇気、そして、本命ではない相手に無駄に期待させない優しさも大切かもしれません。

2. 体だけの関係が多い

 押しが強くこられると、ついその場の空気に流されてしまっていませんか? 無駄モテ女子は、男性と体だけの関係になってしまうことが多いのも特徴。 でも、体の関係が終わるとすぐに振られてしまったり、相手からの愛情がまったく感じられなくなったりすることも……。

 体の関係を許すのは、あなたが本当に好きで「すべてを捧げても良い!」と思える本命の相手だけにして、自分の「気持ち」を大切にしてみてくださいね。

3. 恋愛関係になった男性の人数を自慢しがち

 恋愛関係になった男性の人数を女友達に自慢しがちというのも、無駄モテ女子の特徴です。たとえ本命ではなくても、多くの男性と恋愛関係になれば、自分が「モテた実績」として自慢したくなるのは自然な感情かもしれません。

 でも、実績としての数を増やしたいがために、タイプではないのにとりあえずOKしてしまうのは、デメリットも大きいといえるでしょう。もしかしたら、周囲から「男だったら誰でもいいの?」「そんなに自慢されても羨ましくない……」なんて、思われているかもしれません。その噂が本命男性の耳に入ってしまうと、“軽い女”だと思われるリスクもあるため、注意しましょう。

4. 誰にでも気のある素振りをする

 多くの男性は、女性から気のある素振りを見せられれば嫌な気はしません。「脈あり!」と確信を持つことができれば、振られる不安が少ないため、アプローチしてくる確率も高くなるでしょう。

 無駄モテ女子は、この“気のある素振り”を、無意識で誰に対してもしている可能性があります。じっと目を見つめる、「すごい!」が口癖、ファッションがゆるふわ系、ボディタッチを頻繁にするなどといった、男性が好きな見た目や言動の条件が揃っている人は、本命だけにそういった一面を見せるようにすると良いでしょう。

無駄モテしないで本命男性に愛される方法

脈あり態度は本命クンにだけ(写真:iStock)
脈あり態度は本命クンにだけ (写真:iStock)

 それでは、無駄モテを卒業して、本命男性に愛されるにはどうしたら良いのでしょうか? チェックしていきましょう!

本命男性の前で自分らしさを出せるように練習する

 本命男性の前では緊張しておかしな言動をしてしまうのに、タイプではない男性の前では自分らしく自然な魅力を出せるということってありますよね。実は、これこそが本命男性には好かれず、タイプではない男性に無駄モテしてしまうポイントでもあるのです。

 ありのままのあなたの魅力を本命男性の前で出すことができれば、愛される確率は高くなるでしょう。緊張してしまう心や好かれようとする心をぐっと押さえて、自然な笑顔でいつも通り会話してみてくださいね。

本命男性だけに脈ありな態度を見せる

 無駄モテ女子は「多くの男性にモテれば、本命男性も振り向いてくれるかも……」と、心のどこかで思っています。でも、実は逆効果。あまり多くの男性と関係を持っていると、「遊んでいる女」というイメージを持たれてしまい、本命になるのは難しいでしょう。

 男性全員に脈ありな素振りを見せるのはやめて、本命男性だけに一途であることを見せることが、本命女性に格上げできる最初のステップかもしれません。

中途半端な恋愛を精算する

「無駄モテ」と言いながらも、タイプではない男性の好意を利用して、都合よく寂しさを紛らわすために付き合ったりしていませんか? そういった態度は、あなたの表情や言動にも自然に出てしまうものです。

「彼のことだけが好き!」とわかってもらえるように、中途半端な恋愛は精算することをおすすめします。

八方美人は卒業! 無駄モテ女子をやめて本命男性に愛されて♡

まっすぐな思いをぶつけてみて(写真:iStock)
まっすぐな思いをぶつけてみて (写真:iStock)

 “二兎を追う者は一兎をも得ず”で、自分に好意のある男性すべてを手に入れても、結局は長続きせず、本命の彼からも引かれてしまうかもしれません。ぜひ、今日から八方美人な態度は卒業して、本命男性だけにあなたの魅力を一直線にぶつけてみてください。

 今よりもずっと、心を満たして幸せにしてくれる本物の愛を手に入れられるかもしれませんよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ