あなたはどう?無駄モテ女子の特徴&本命男性に愛される方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-24 06:00
投稿日:2021-03-24 06:00
 モテないわけではない。でも、本命の人にはまったく見向きもされない……と悩んでいませんか? そんなあなたは、もしかしたら「無駄モテ女子」かもしれません。モテるのは悪い気がしないとしても、どうせなら本命の男性に愛されたいですよね。
 そこで今回は、無駄モテ女子の特徴をご紹介。もしもたくさん当てはまったら、ぜひ最後にご紹介する“本命の男性に愛される方法”を試してみてくださいね♡

なぜか本命男性には好かれない…無駄モテ女子の4つの特徴

モテてる…けど、何か違う(写真:iStock)
モテてる…けど、何か違う (写真:iStock)

 本命以外の男性ばかりからモテてしまう「無駄モテ(雑魚モテ)女子」には、いくつかの特徴があります。半分以上当てはまっていたら要注意! さっそくチェックしてみましょう。

1. 人の誘いを断れない

 無駄モテ女子は、強く押されると人の誘いを断れない傾向があります。好意を持ってくれた男性が本命ではなかったとしても、ついOKしてしまうことが、無駄モテにつながってしまうようです。

 たしかに、男性から誘われて嬉しいのは当たり前の感情。でも、目の前の恋愛に飛びついたがゆえに、本命男性を逃してしまっては悲しいですよね。時には断る勇気、そして、本命ではない相手に無駄に期待させない優しさも大切かもしれません。

2. 体だけの関係が多い

 押しが強くこられると、ついその場の空気に流されてしまっていませんか? 無駄モテ女子は、男性と体だけの関係になってしまうことが多いのも特徴。 でも、体の関係が終わるとすぐに振られてしまったり、相手からの愛情がまったく感じられなくなったりすることも……。

 体の関係を許すのは、あなたが本当に好きで「すべてを捧げても良い!」と思える本命の相手だけにして、自分の「気持ち」を大切にしてみてくださいね。

3. 恋愛関係になった男性の人数を自慢しがち

 恋愛関係になった男性の人数を女友達に自慢しがちというのも、無駄モテ女子の特徴です。たとえ本命ではなくても、多くの男性と恋愛関係になれば、自分が「モテた実績」として自慢したくなるのは自然な感情かもしれません。

 でも、実績としての数を増やしたいがために、タイプではないのにとりあえずOKしてしまうのは、デメリットも大きいといえるでしょう。もしかしたら、周囲から「男だったら誰でもいいの?」「そんなに自慢されても羨ましくない……」なんて、思われているかもしれません。その噂が本命男性の耳に入ってしまうと、“軽い女”だと思われるリスクもあるため、注意しましょう。

4. 誰にでも気のある素振りをする

 多くの男性は、女性から気のある素振りを見せられれば嫌な気はしません。「脈あり!」と確信を持つことができれば、振られる不安が少ないため、アプローチしてくる確率も高くなるでしょう。

 無駄モテ女子は、この“気のある素振り”を、無意識で誰に対してもしている可能性があります。じっと目を見つめる、「すごい!」が口癖、ファッションがゆるふわ系、ボディタッチを頻繁にするなどといった、男性が好きな見た目や言動の条件が揃っている人は、本命だけにそういった一面を見せるようにすると良いでしょう。

無駄モテしないで本命男性に愛される方法

脈あり態度は本命クンにだけ(写真:iStock)
脈あり態度は本命クンにだけ (写真:iStock)

 それでは、無駄モテを卒業して、本命男性に愛されるにはどうしたら良いのでしょうか? チェックしていきましょう!

本命男性の前で自分らしさを出せるように練習する

 本命男性の前では緊張しておかしな言動をしてしまうのに、タイプではない男性の前では自分らしく自然な魅力を出せるということってありますよね。実は、これこそが本命男性には好かれず、タイプではない男性に無駄モテしてしまうポイントでもあるのです。

 ありのままのあなたの魅力を本命男性の前で出すことができれば、愛される確率は高くなるでしょう。緊張してしまう心や好かれようとする心をぐっと押さえて、自然な笑顔でいつも通り会話してみてくださいね。

本命男性だけに脈ありな態度を見せる

 無駄モテ女子は「多くの男性にモテれば、本命男性も振り向いてくれるかも……」と、心のどこかで思っています。でも、実は逆効果。あまり多くの男性と関係を持っていると、「遊んでいる女」というイメージを持たれてしまい、本命になるのは難しいでしょう。

 男性全員に脈ありな素振りを見せるのはやめて、本命男性だけに一途であることを見せることが、本命女性に格上げできる最初のステップかもしれません。

中途半端な恋愛を精算する

「無駄モテ」と言いながらも、タイプではない男性の好意を利用して、都合よく寂しさを紛らわすために付き合ったりしていませんか? そういった態度は、あなたの表情や言動にも自然に出てしまうものです。

「彼のことだけが好き!」とわかってもらえるように、中途半端な恋愛は精算することをおすすめします。

八方美人は卒業! 無駄モテ女子をやめて本命男性に愛されて♡

まっすぐな思いをぶつけてみて(写真:iStock)
まっすぐな思いをぶつけてみて (写真:iStock)

 “二兎を追う者は一兎をも得ず”で、自分に好意のある男性すべてを手に入れても、結局は長続きせず、本命の彼からも引かれてしまうかもしれません。ぜひ、今日から八方美人な態度は卒業して、本命男性だけにあなたの魅力を一直線にぶつけてみてください。

 今よりもずっと、心を満たして幸せにしてくれる本物の愛を手に入れられるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ