コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる日は、残念ながらもう少し先になりそうですね。
 そんな中、婚活中の独身者たちも悩ましい日々を送っています。人との接触がはばかられるこのコロナ禍で、一体どうやって婚活を進めていけば良いのでしょうか? 今回は、この1年間の婚活業界の情勢とともに、コロナ禍のリアルな婚活方法について深掘りしていきます。

コロナ禍をきっかけに結婚願望が高まっている!

コロナ禍で結婚願望が高まっています(写真:iStock)
コロナ禍で結婚願望が高まっています (写真:iStock)

 結婚相談所の「IBJメンバーズ」のデータによると、コロナ前の2020年1月と比較して、1回目の緊急事態宣言明けの2020年6月は、20代の入会割合が2倍に増加。以降、成婚カップルが過去最高となる9,732組が誕生したとの結果が出ています。

 また2020年4月のデータとして、結婚相談所の「サンマリエ」では婚活や入会に関する相談が前年比で約20%増、︎結婚相談所の「NOZZE.」でも婚活や入会に関する相談が前年比で10%以上増だったということです。

 恋活系・婚活系のマッチングアプリに新規登録する人も、コロナ禍によって急増したと聞きます。筆者の周りでも、今までリアルな場で出会いを掴んできた層の人たちまで「初めて登録した」という報告を複数受けました。

 コロナ禍による自粛生活により「人恋しい」と思ったり、将来の不安を感じる人が増え、「一緒に生きていくパートナーが欲しい」との思いから結婚願望が強くなる人が増えたと考えられます。

 婚活人口が増えることは、潜在的なターゲット層も広がるので婚活者にとっては嬉しい傾向ですね。

ある婚活女性の苦悩

どうせ誰にも会わないし(写真:iStock)
どうせ誰にも会わないし (写真:iStock)

 そろそろ婚活に本腰を入れはじめた、A子さん(東京在住/31歳)のケース。

 まだ結婚相談所に入るほどではありませんでしたが、友人の紹介や合コン、婚活パーティーなど積極的に出会いの場へ参加してきました。ところがコロナ禍により、このようなリアルな出会いの場は激減。彼氏もできないまま、一人暮らしの自宅でリモートワークをする生活が始まったのです。

 寂しさを紛らわせようと、オンライン飲み会への参加やマッチングアプリも始めたA子さん。しかしこのコロナ禍で、ネットで知り合った男性とリアルに対面するまでのハードルは高く、コロナ以前のように気軽に男性とデートをすることはなかなかないのが現状でした。

 基本的には、家に一人でいる生活です。

「誰にも会わないから、いいや!」

 そうなってくると、美容院に行く頻度が減り、マツエクやネイルサロンへ行くことも徐々に減っていったのです。そして、夜は晩酌しながらスマホ片手にSNSをダラダラと見ては夜ふかし。お肌も荒れていき、ボディラインもゆるんできました。

「外出するときも、どうせマスクをするので顔の半分は隠れてるし……」

 そんな気持ちが根付いてきて、気づけばA子さんは自分磨きを怠るようになっていたのです。このままいくと、女を捨てかねない!

 しかし幸いなことに、マッチングアプリで意気投合した男性と会うことになったそうです。そこで、「このままの自分じゃマズい!」と気づき、急ピッチで自分磨きを再開して、かつての自分を取り戻し始めたそうです。

「あのままダラけた一人の生活を続けていたら、女としての意識が無くなっていったと思います。やっぱり緊張感って大事ですね」と、A子さんは再び婚活モードに入ってキラキラ輝いていました。

 自粛生活をしていると、どうしても美容関係のことは後回しにしてしまいがち。“いつ出会っても大丈夫!”という万全の体制でいないと、せっかくの出会いがあっても逃してしまいます。常にベストな自分でいるために磨き続けていることが、婚活するにあたってとても大事なことだと、今回改めて感じました。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ