コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-04-30 06:00
投稿日:2021-04-30 06:00
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる日は、残念ながらもう少し先になりそうですね。
 そんな中、婚活中の独身者たちも悩ましい日々を送っています。人との接触がはばかられるこのコロナ禍で、一体どうやって婚活を進めていけば良いのでしょうか? 今回は、この1年間の婚活業界の情勢とともに、コロナ禍のリアルな婚活方法について深掘りしていきます。

コロナ禍をきっかけに結婚願望が高まっている!

コロナ禍で結婚願望が高まっています(写真:iStock)
コロナ禍で結婚願望が高まっています (写真:iStock)

 結婚相談所の「IBJメンバーズ」のデータによると、コロナ前の2020年1月と比較して、1回目の緊急事態宣言明けの2020年6月は、20代の入会割合が2倍に増加。以降、成婚カップルが過去最高となる9,732組が誕生したとの結果が出ています。

 また2020年4月のデータとして、結婚相談所の「サンマリエ」では婚活や入会に関する相談が前年比で約20%増、︎結婚相談所の「NOZZE.」でも婚活や入会に関する相談が前年比で10%以上増だったということです。

 恋活系・婚活系のマッチングアプリに新規登録する人も、コロナ禍によって急増したと聞きます。筆者の周りでも、今までリアルな場で出会いを掴んできた層の人たちまで「初めて登録した」という報告を複数受けました。

 コロナ禍による自粛生活により「人恋しい」と思ったり、将来の不安を感じる人が増え、「一緒に生きていくパートナーが欲しい」との思いから結婚願望が強くなる人が増えたと考えられます。

 婚活人口が増えることは、潜在的なターゲット層も広がるので婚活者にとっては嬉しい傾向ですね。

ある婚活女性の苦悩

どうせ誰にも会わないし(写真:iStock)
どうせ誰にも会わないし (写真:iStock)

 そろそろ婚活に本腰を入れはじめた、A子さん(東京在住/31歳)のケース。

 まだ結婚相談所に入るほどではありませんでしたが、友人の紹介や合コン、婚活パーティーなど積極的に出会いの場へ参加してきました。ところがコロナ禍により、このようなリアルな出会いの場は激減。彼氏もできないまま、一人暮らしの自宅でリモートワークをする生活が始まったのです。

 寂しさを紛らわせようと、オンライン飲み会への参加やマッチングアプリも始めたA子さん。しかしこのコロナ禍で、ネットで知り合った男性とリアルに対面するまでのハードルは高く、コロナ以前のように気軽に男性とデートをすることはなかなかないのが現状でした。

 基本的には、家に一人でいる生活です。

「誰にも会わないから、いいや!」

 そうなってくると、美容院に行く頻度が減り、マツエクやネイルサロンへ行くことも徐々に減っていったのです。そして、夜は晩酌しながらスマホ片手にSNSをダラダラと見ては夜ふかし。お肌も荒れていき、ボディラインもゆるんできました。

「外出するときも、どうせマスクをするので顔の半分は隠れてるし……」

 そんな気持ちが根付いてきて、気づけばA子さんは自分磨きを怠るようになっていたのです。このままいくと、女を捨てかねない!

 しかし幸いなことに、マッチングアプリで意気投合した男性と会うことになったそうです。そこで、「このままの自分じゃマズい!」と気づき、急ピッチで自分磨きを再開して、かつての自分を取り戻し始めたそうです。

「あのままダラけた一人の生活を続けていたら、女としての意識が無くなっていったと思います。やっぱり緊張感って大事ですね」と、A子さんは再び婚活モードに入ってキラキラ輝いていました。

 自粛生活をしていると、どうしても美容関係のことは後回しにしてしまいがち。“いつ出会っても大丈夫!”という万全の体制でいないと、せっかくの出会いがあっても逃してしまいます。常にベストな自分でいるために磨き続けていることが、婚活するにあたってとても大事なことだと、今回改めて感じました。

ラブ 新着一覧


会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ