男性と目が合うのは脈ありサイン? 5つの特徴を見極めて♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-21 06:00
投稿日:2021-05-21 06:00
 好きな男性と目が合うと、誰だって嬉しいもの。「これって脈ありサインなの?」とドキドキする人も多いでしょう。でも、万が一勘違いだった時のことを考えると、なかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、脈ありサインとなる目が合う時の特徴や、チャンスを掴む方法をご紹介します。

男性と目が合うのは脈ありサインかも? 5つの特徴

目が合う彼の本音は?(写真:iStock)
目が合う彼の本音は? (写真:iStock)

 脈ありサインかどうかは、目が合った時の男性の反応で確認することができます。勘違いする前に、まずは彼の対応や反応をチェックしてみましょう!

1. 一日に何度も目が合う

 ふと顔を上げた時、どこかを見ていた時、人と目が合うことがありますよね。これは単に、見ている場所が同じだったなど、誰とでも起こり得ることです。

 でも、一日に何度も目が合う場合は、彼があなたを意識して見ている証拠!あなたのことが気になって目で追っているからこそ、自然と目が合う回数が増えることになります。

2. 目が合うと焦ったように目をそらす

 好意を抱く女性ができたとしても、すべての男性が気軽にアプローチできるわけではありません。自分に自信がなくアプローチできない人もいれば、自分の気持ちにまだ気づいていない人もいるでしょう。

 そんな男性は、「気持ちに気づかれたくない」「嫌われたらどうしよう」という思いから、いざ目が合うと焦って目をそらす傾向にあります。中には、目をそらして好き避け行動をすることで、自分の気持ちを伝えようとする男性もいます。

3. あなたを目で追っている

 男性と目が合う回数が多いと感じている人の中には、「常に、視線を感じる」という人もいるのではないでしょうか。

 それもそのはず! 誰だって、好きな人の行動というのは気になるもの。あなたに好意を抱いていれば、「どこに行くんだろう?」「誰と話をしているのだろう?」と気になってしまうため、ついつい目で追ってしまうのです。

4. 数人で話している時にも目が合う

 仲の良い友達、職場の仲間で集まっている時など、複数で会話する機会がありますよね。そんな時にも、彼と目が合う回数が多い場合は、脈ありサインの可能性が高いです。

 本来であれば、数人で会話をしていればそれぞれの顔を見るものです。それにも関わらず、あなたと目が合う回数が多いということは、ほかの人の顔を見ずにあなたを見ているということでしょう。 

5. 目がキラキラしている

 実は、人間は興奮をしている時に瞳孔が開くという特性を持っています。あなたを見ている彼の目がキラキラしていると感じるのであれば、脈ありサインの可能性が高いでしょう。

 目は口程に物を言うと言いますが、気持ちは知らず知らずのうちに目にも表れてしまいます。ぜひ、彼がほかの人を見る時の目と、自分を見つめる時の目を比べてみましょう。

好意ある男性と目が合ったら? チャンスを掴む3つの方法

「最近よく目が合うね♡」(写真:iStock)
「最近よく目が合うね♡」 (写真:iStock)

 好意を抱いている男性と目が合うことが多く、脈ありサインだと判断できたら、チャンスを逃さずにあなたから行動を起こしましょう!

1. じっと見つめる

 人と目が合うと「気まずい」と思い、そらしてしまう人が多いでしょう。特に、好意を抱いている相手だと、ドキドキ感からそらしてしまうものです。

 でも、目が合うだけの関係から卒業するためには、あなたも勇気をもって彼にOKサインを送ることが必要。おすすめは、目をそらさずにじっと見つめ返すこと! あなたが見つめ返すことで彼も脈ありと感じ、アプローチしてくれるかもしれません。

2. 微笑み返す

 好きな彼と目が合うと、「どうしたら良いのか分からない」と思うのは、男性だって同じ。

 その気まずさをなくし、あなたも好意を抱いていることを伝えるためには、微笑み返すのも有効です。とびきりの笑顔を向けることで印象を上げるのはもちろん、ドキッとさせて彼の心を掴むこともできるでしょう。

3. 歩み寄って話をする

 好意を抱いている彼と目が合うと嬉しいものですが、「それだけの関係ではなく、もっと近づきたい!」と思っている人も多いはず。

 そんな人は、目が合ったら彼に歩み寄り、話しかけてみましょう。「最近、よく目が合うね」と、勇気を出して話しかけることで、「私も見ているよ」という意思表示ができるはずです。

男性と目が合ったら、まずは脈ありか判断してみよう!

もしかしたら恋に発展するかも(写真:iStock)
もしかしたら恋に発展するかも (写真:iStock)

 男性と目が合うとドキドキして、「私に気があるの?」と感じる人が多いでしょう。でも、必ずしも相手が自分に好意を抱いているとは限りません。勘違いをしないためには、まずは脈ありサインかどうかをしっかりと確認することが必要。そして、脈ありサインと判断できたら勇気を出して、あなたから行動を起こしてみるのも良いのではないでしょうか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ