ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容

コクハク編集部
更新日:2021-05-04 06:00
投稿日:2021-05-04 06:00
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、世の中にはいろいろなタイプのママがいるものです。今回は、そんなママ友とのLINEで思わず唖然としてしまったドン引き内容をご紹介します。

唖然としてしまったママ友LINE…ドン引きした内容とは?

1. ドン引き…無神経すぎるママ友のLINE

 家庭の事情などは、軽い付き合いのママ友には話さない人が多いのではないでしょうか? しかし、こちらのママは保育園で仲良くなったママ友に、「◯◯ちゃん家って、なんでいつもパパが送り迎えなの?」と聞かれ、現在、パパが職探し中であることを教えてしまったそう。

 そんな隠しておきたい家庭の事情を、クラス全員が参加するママ友LINEで、あっさりと暴露されてしまいました。これはさすがに、無神経すぎてドン引きしてしまいますよね……。ほかのママたちも、なんと返信したらいいかわからないはず。どこの世界にも、空気が読めない人はいるんです。

2. 正直うざい! ラン活でマウンティングしてくるママ友

 子供が年長さんになると、ランドセルを何にしようかとママたちが必死になる「ラン活」が始まります。こちらのLINEでは、普段から何かとマウンティングをしてくるママ友から、ラン活でも自慢話を聞かされることになってしまいました。

 進級したばかりなのにブランド品の22万円のランドセルに決めているという自慢話に、ドン引き。「ほかにもあるか聞きたくて」とありますが、ランドセルの相場である5万円前後のランドセルをおすすめしたらどう返信がくるのか、試してみたくなったそうです。(笑)

3. 断ってるのに…ありがた迷惑なお節介ママ友

 LINEをもらったママは、第二子となる男の子の出産を控えています。「手伝ってあげる!」と声をかけてきてくれたママ友に、最初はありがたいなと思ったそうですが、やはり気を遣うし、実の母親に見てもらうことになっていたので断ったそう。

 それでも、しつこく粘ってくるお節介なママ友。さらに、グループLINEでほかの人にも声をかけていると知って唖然! 声をかけられたママ友たちも、どう返信していいかわからなかったでしょう……。親切心も行き過ぎてしまうと、迷惑行為になってしまうんですね。

4. 疲れる…ほかのママ友とのトラブルに巻き込もうとしてくる

 ママ友って、子ども同士が仲良くなったことがきっかけで知り合いになる場合が多いので、当然、気が合わないこともありますよね。こちらのママは、極力ママ同士の距離感を保ってトラブルに巻き込まれないように過ごしていたそうですが、あるママ友からこんなLINEが届いたそうです。

「気が合わないと辛いよね」という共感の言葉を、勝手に「同じことを考えていた」と解釈され、さらには一緒にそのママ友に嘘をついて、仲間はずれにしようと誘ってきています。こういったLINEには、神経をすり減らして返信をしなければならないので、正直疲れてしまいますね。

5. 情報収集しようとするお喋りなママ友

 どの保育園や幼稚園にも、情報通のママっているものですよね。そして、そういうママに限ってお喋りなんです。こちらのママは離婚することになり、引っ越すという話を先生に話している時に、お喋りなママに聞かれてしまったよう。

 とにかく最短で必要な情報を手に入れるべく、ストレートな質問ばかりぶつけていますね。まったく空気を察することもなく、「原因は浮気?」とまで……。本当にドン引きしてしまうLINEでした。

ママ友LINEは距離感に気をつけよう!

 ママカーストをテーマにしたドラマが取り沙汰されたりもする昨今。「ママ友LINE」に警戒感を抱きながらも、程よい距離感で上手にやり過ごしている人が多いようです。でも、中には、気にし過ぎてしまったり、ストレスになる人だっているでしょう。

 悩んでしまった時には、「これは人生のほんの一部」「子どもが巣立てば終わる」と、気軽な気持ちで受け流すようにしましょう。あまり自分のことを明かさずに、近づき過ぎないことで、平穏な毎日を手に入れられるかもしれませんよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
猫がとろける季節になりました 2021.7.19(月)
 7月も半ばを過ぎ、暑い日も増えてきました。気温の上昇とともに、だらしなくなっていく我が家の猫たちをご紹介します。