ママ友LINEで唖然!トラブルにお節介…ドン引きした内容

コクハク編集部
更新日:2021-05-04 06:00
投稿日:2021-05-04 06:00
 子どもが保育園や幼稚園に入園すると、避けられないのがママ友とのお付き合い。気の合うママだけと付き合えれば良いのですが、世の中にはいろいろなタイプのママがいるものです。今回は、そんなママ友とのLINEで思わず唖然としてしまったドン引き内容をご紹介します。

唖然としてしまったママ友LINE…ドン引きした内容とは?

1. ドン引き…無神経すぎるママ友のLINE

 家庭の事情などは、軽い付き合いのママ友には話さない人が多いのではないでしょうか? しかし、こちらのママは保育園で仲良くなったママ友に、「◯◯ちゃん家って、なんでいつもパパが送り迎えなの?」と聞かれ、現在、パパが職探し中であることを教えてしまったそう。

 そんな隠しておきたい家庭の事情を、クラス全員が参加するママ友LINEで、あっさりと暴露されてしまいました。これはさすがに、無神経すぎてドン引きしてしまいますよね……。ほかのママたちも、なんと返信したらいいかわからないはず。どこの世界にも、空気が読めない人はいるんです。

2. 正直うざい! ラン活でマウンティングしてくるママ友

 子供が年長さんになると、ランドセルを何にしようかとママたちが必死になる「ラン活」が始まります。こちらのLINEでは、普段から何かとマウンティングをしてくるママ友から、ラン活でも自慢話を聞かされることになってしまいました。

 進級したばかりなのにブランド品の22万円のランドセルに決めているという自慢話に、ドン引き。「ほかにもあるか聞きたくて」とありますが、ランドセルの相場である5万円前後のランドセルをおすすめしたらどう返信がくるのか、試してみたくなったそうです。(笑)

3. 断ってるのに…ありがた迷惑なお節介ママ友

 LINEをもらったママは、第二子となる男の子の出産を控えています。「手伝ってあげる!」と声をかけてきてくれたママ友に、最初はありがたいなと思ったそうですが、やはり気を遣うし、実の母親に見てもらうことになっていたので断ったそう。

 それでも、しつこく粘ってくるお節介なママ友。さらに、グループLINEでほかの人にも声をかけていると知って唖然! 声をかけられたママ友たちも、どう返信していいかわからなかったでしょう……。親切心も行き過ぎてしまうと、迷惑行為になってしまうんですね。

4. 疲れる…ほかのママ友とのトラブルに巻き込もうとしてくる

 ママ友って、子ども同士が仲良くなったことがきっかけで知り合いになる場合が多いので、当然、気が合わないこともありますよね。こちらのママは、極力ママ同士の距離感を保ってトラブルに巻き込まれないように過ごしていたそうですが、あるママ友からこんなLINEが届いたそうです。

「気が合わないと辛いよね」という共感の言葉を、勝手に「同じことを考えていた」と解釈され、さらには一緒にそのママ友に嘘をついて、仲間はずれにしようと誘ってきています。こういったLINEには、神経をすり減らして返信をしなければならないので、正直疲れてしまいますね。

5. 情報収集しようとするお喋りなママ友

 どの保育園や幼稚園にも、情報通のママっているものですよね。そして、そういうママに限ってお喋りなんです。こちらのママは離婚することになり、引っ越すという話を先生に話している時に、お喋りなママに聞かれてしまったよう。

 とにかく最短で必要な情報を手に入れるべく、ストレートな質問ばかりぶつけていますね。まったく空気を察することもなく、「原因は浮気?」とまで……。本当にドン引きしてしまうLINEでした。

ママ友LINEは距離感に気をつけよう!

 ママカーストをテーマにしたドラマが取り沙汰されたりもする昨今。「ママ友LINE」に警戒感を抱きながらも、程よい距離感で上手にやり過ごしている人が多いようです。でも、中には、気にし過ぎてしまったり、ストレスになる人だっているでしょう。

 悩んでしまった時には、「これは人生のほんの一部」「子どもが巣立てば終わる」と、気軽な気持ちで受け流すようにしましょう。あまり自分のことを明かさずに、近づき過ぎないことで、平穏な毎日を手に入れられるかもしれませんよ。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...