主夫とは名ばかり…ヒモ夫に嫌悪感を抱いた30代女性のケース

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-05-28 06:00
投稿日:2021-05-28 06:00
 長引くコロナ禍では、「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えていた男女ほど、コロナ禍によって問題があぶり出され、その結果として別々の道を歩む選択を迎えているのも現実です。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、コロナ離婚を経験した人たちにその実態を聞くこの連載。今回は、結婚からわずか2年で終止符を打った30代女性のコロナ離婚に迫ります。

コロナ禍で見えた夫の本性

こんなはずじゃなかった(写真:iStock)
こんなはずじゃなかった (写真:iStock)

 Uさんは、30代後半のバリキャリ女性。コロナ禍でテレワークになり、基本的には出社不要な毎日が続いています。離婚した夫は5歳年下で、コロナ禍に入ってしばらくして仕事を失い「主夫」になりました。

「今思えば、もともとそんなに好きでもなかった男と結婚した自分がいけなかったと思います。

 だけど私は当時30代後半になったばかりで、そろそろ結婚しないとヤバイ!って本気で思っていました。

 だから、飲み会で知り合った元夫のEと結婚前提で交際をスタートさせ、いわゆるスピード婚とも言える展開で、交際半年を迎えたときに入籍したんです」

 身内だけの結婚式を海外リゾートで挙げ、コロナ禍に入るまでは「そこそこ順調」な結婚生活を送っていたと言うUさん。

 しかしコロナ禍になり、夫の本当の姿を知るにつれて嫌悪感しか生まれなかったと、ため息まじりに語ります。

家事もせず、ゲーム三昧のヒモ状態に

ヒモはヒモでも三流のヒモ(写真:iStock)
ヒモはヒモでも三流のヒモ (写真:iStock)

「ひとことで言うと、ヒモ体質!? それも三流のヒモですね。私はバリキャリだっていう自負もあるから、夫が主夫をやりたいなら、それはそれでオッケーなタイプなんですけど、元夫の場合は、単なるヒモ。

 コロナが拡大してきたとき、『怖いから、満員電車で通勤したくない』って理由だけで会社に行かなくなって事実上のクビになり、それからずっと家にいる生活でした。

 主夫なら家のことをしてくれたらいいものの、ただただゲームをして昼寝をしているだけ。料理や掃除も、口では『練習する』って言いながら、家庭に協力する雰囲気もゼロ。

 そんな夫を見ているうちに、だんだんと自分が情けなくなりましたし、夫に対して嫌悪感を覚えるようになりました」

「感染症が怖いから、家にいたい」という夫の気持ちを尊重したのに、それを踏みにじられた気になったと怒りを抱いているUさん。せめて家事を覚えようとする態度だけでも示してくれれば、結婚生活は壊れなかったんじゃないかと感じています。

「性格ですかね……。何度も話し合ったんですけど、改善はされませんでした。それどころか、私のテレワークのお給料で生活していることに『お前はいいよな。家で稼げるし』とかって言い出して、感謝の気持ちも感じられなかったです。

 パソコンがあれば家でできる求人とかも増えているし、そういうのをやれば?って勧めたんですけど、『俺にはスキルがない』って言って、やる気すら見せてもらえませんでした」

コロナがなければ離婚はしていなかったかも

多めの「新生活支度金」でスムーズに離婚(写真:iStock)
多めの「新生活支度金」でスムーズに離婚 (写真:iStock)

 そうこうしているうちに限界を迎え、Uさんから離婚を切り出し、協議離婚が成立。離婚時には、少々多めの「新生活支度金」をUさんから元夫に渡す条件を出したので、話し合いはスムーズだったそうです。

「コロナがなかったら、どうなっていたのかって? うーん。多分、離婚していなかったとは思いますね。コロナ禍になって元夫と過ごす時間が増えたことで、相手の本性を知って『あ、違う』って思っちゃったから。

 離れている時間が多かった従来の生活なら、嫌悪感を抱くまで元夫をイヤになることはなかったかもです。

 一緒に過ごす時間が増えたぶん、愛を深められたらよかったんですけど、焦りで結婚したような関係だったから、乗り越えられなかったですね」

  ◇  ◇  ◇

 コロナ禍は、潜在的に存在していた男女の問題を、残酷とも言えるまでにあぶり出しています。異常事態でありながらも、ニューノーマルでもある今のご時世には、これまでとはまったく異なる男女模様も散見されます。コロナ禍によって、男女の恋愛観や結婚観も大きく揺らいでいるのが現実なのではないでしょうか。

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ