会えない時間がほころびに…? 寂しがり屋な恋人に注意して!

七味さや 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-06-07 14:11
投稿日:2021-06-07 06:00
 仕事に家事に友人関係に、現代の女性は大忙し! 気がついたら、「彼としばらく連絡を取ってない」「近ごろ夫と会話してない」、そんなコミュニケーション不足に心当たりがある方もいらっしゃるかもしれません。このまま放置して大丈夫かな?
 このマンガの主人公・リコちゃんも、恋愛ライターの副業を任されたのが楽しくて、夢中なご様子。ずっと考えていた彼氏のことはどこ吹く風……!?

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

忙しいときほど意識してコミュニケーションを大切に

 私の経験上の話で恐縮ですが、コミュニケーションが減ることが別れにつながってきたように思います。

 お互いに忙しくて会えずにいたら、好きな子ができたと言われた。仕事が忙しくなって休日返上で働いていたら、ほかの女性と親しくなっていた……などなど。

 別れた原因はそれだけではないにしても、いずれもコミュニケーションやスキンシップが減ったことをきっかけに、別れに向かっていったと思います。

 寂しがり屋な人って多いんですよね。男女問わず、ひとりの時間が苦手で耐えきれない場合に、パートナー以外に精神的なつながりを求めてしまう人は結構見かけます。

 個人的には、いい大人なんだから寂しさを他の恋愛対象で埋めるなよ!とツッコミたくもなってしまうのですが……そういう人をパートナーに選んでいたのも自分なんですよね。寂しがり屋のパートナーを選んだら、ずっと気をつけないといけない問題なのかもしれません。

 寂しがり屋でなくとも、コミュニケーションが減るときは悪い妄想が広がったりしてしまうもの。忙しくて会えなかったり会話が減るときほど、相手のことを思いやる姿勢は忘れないようにしたいですね。

登場人物紹介

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

リコ
幸せの絶頂から一転、離婚から立ち直りたいアラサー。恋愛以外に夢中になれることがなかったけど、風太くんにダメ恋エピソードの執筆を任され、その才能(ダメ恋経験)を見いだされる。なにより必要とされるのがこんなにうれしいだなんて……。

柏原さん
リコの会社の同僚。重度のアイドルオタク、アニメオタク。まっすぐにリコを想う気持ちが彼女の心を動かし、念願の彼氏に昇格! 前は即レスだったのに、最近返信が遅いんだよな……僕のこと飽きちゃったのかな……。

風太
友人シンちゃんのフリーランス仲間で、グラフィックデザイナー。リコのことは「恋愛脳女」と呼んでいる。ダメ恋エピソードを集めたwebメディア制作に携わる中で、リコの才能を発掘。まさか恋愛脳がビジネスに役立つなんて!

ライフスタイル 新着一覧


えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...